競輪グレードレース予想特設サイト

  1. 競輪TOP
  2. 競輪グレードレース予想特設サイト
  3. 著名人予想
  4. 朝日新聞社杯競輪祭 2019 橋本悠督予想

朝日新聞社杯競輪祭 2019 橋本悠督予想

【プロフィール】橋本悠督(はしもとゆうすけ)1972年5月17日生。関西・名古屋などでFMのDJを経て、競輪の実況アナウンサーへ。実況歴は18年。最近はミッドナイト競輪in小倉を中心に活動中。番組内では「芸術的なデス目予想」といういいのか悪いのかよく分からない評価を視聴者の方から頂いている。
ミッドナイト競輪は活況ですがグレードレースになると…そんな寂しい状況になって久しい昨今。この流れを劇的に変える事などできないかも知れませんが、元々は「ミッドナイトで競輪に興味を持つ→グレードレースも見てみようかなぁ」という業界全体の思いがあるはず!!あるはずなんです。お世辞にもそれがうまくいっているとは思えない中で、もし!少しでも、そういった流れの礎を作ることが出来るとしたら…競輪発祥の地、そして、ミッドナイトのパイオニア、小倉しかないんじゃないかなぁ、と思っています。
ナイター開催のGIになって今回が2年目、前半3日間は後半の4個レースにガールズグランプリトライアルという。この試みが本当に成功と言えるのかどうか?そういった意味では勝負の2年目と言っていいでしょう。今まで長い間競輪を楽しんできたお客さん、そして!新しくガールズケイリンから入ってきたお客さん。ここはなかなか交わりにくいところです。
「競輪はやっぱりラインでしょ!だからガールズケイリンって苦手なんだよね」というお客さんも「男の競輪ってラインがややこしいからよく分かんないし、胡散臭いから苦手なんですよね」というお客さんも、みんな一緒になって同じ居酒屋でテーブルを囲みレースの話で盛り上がれますように。そんな願いを込めながら、一本一本しっかりと実況していきたいと思っています。去年還暦を迎えて、今年が61回目の競輪祭!!小倉から全力で思いを届けます!!
第9R L級ガ予1

佐藤水菜が混戦を断つ!

全ての選手が動ける9R!!壮絶な力勝負になりそうだが、そんな中で魅力を感じるのは7佐藤。車番の悪さが気になるところだが、もし仮に初手が後ろになって、一度斬りに行く展開になったとしても、3奥井や6中嶋がいる中で、逃がされる展開にはならないだろう。動いて後位に入り、そこから一気に前を捲り切るところから考えたい。その時に7佐藤の後ろに誰が入っているのか?そこがポイント。どちらかというと脚を温存して勝負!という4林や5荒牧、2中川あたりへ流していくところと、一発勝負に強い1梅川あたりを絡めつつ考えていきたい

発走時間 19:08 締切予定 19:03
車番 選手名 期別 府県
1 1 梅川 風子 112 東京
2 2 中川 諒子 102 熊本
3 3 奥井  迪 106 東京
4 4 林 真奈美 110 福岡
5 5 荒牧 聖未 102 栃木
6 6 中嶋 里美 110 愛知
7 佐藤 水菜 114 神奈
誘導 南  和夫
第10R L級ガ予1

児玉の仕上がりは抜群!!連覇に向けて好発進!

今回、年末の大一番に向けてきっちり仕上げてきた7児玉。とにかく得意のカマシから他を圧倒するレースを見せてくれることに期待したい。相手は、切れ味鋭い4尾崎を大本線に!!新鋭1吉岡の立ち回りも気になるところだが、7児玉アタマで勝負する以上は、狙い目は絞れるだけ絞っていきたいところ。

発走時間 19:34 締切予定 19:29
車番 選手名 期別 府県
1 1 吉岡 詩織 116 広島
2 2 高橋 梨香 106 埼玉
3 3 細田 愛未 108 埼玉
4 4 尾崎  睦 108 神奈
5 5 中村由香里 102 東京
6 6 加藤  恵 112 青森
7 児玉 碧衣 108 福岡
誘導 城戸崎隆史
第11R L級ガ予1

勝負強さと立ち回りの巧さで、石井貴を抜擢

そんなに早めに動くことがなさそうな11R。誰が思い切って仕掛けるのか読みにくいところだが、みんなが見合うような展開になったとしても、強気に攻めることができる思い切りの良さと、流れに対応できる柔軟性で本命は2石井貴に。後方から飛んでくる6石井寛への車券が勝負目になってくるが、一発ある4大久保や、7鈴木の気配も非常に気になるところ。

発走時間 20:02 締切予定 19:57
車番 選手名 期別 府県
1 1 高木 真備 106 東京
2 2 石井 貴子 106 千葉
3 3 小坂 知子 104 岐阜
4 4 大久保花梨 112 福岡
5 5 土屋 珠里 110 栃木
6 6 石井 寛子 104 東京
7 鈴木 美教 112 静岡
誘導 南  和夫
第12R L級ガ予1

大注目!小林がどこで動くのか??

8月の名古屋以来という6小林。ナショナルチームで鍛え上げた成果を国内のファンにアピールする絶好の機会がやってきた。どちらかというと勝ちにこだわって仕掛けが遅めになることも多いイメージは否めないが、ここなら早めに勝負して押し切るくらいのレースになるのでは。ただ、早めにいくと他の選手に交わされる可能性も。6小林を逆転できるとすれば、タテ切れる1内村、2小林、7坂口あたりか。

発走時間 20:30 締切予定 20:25
車番 選手名 期別 府県
1 1 内村 舞織 112 福岡
2 2 小林 莉子 102 東京
3 3 柳原 真緒 114 福井
4 4 長澤  彩 106 愛知
5 5 田中 まい 104 千葉
6 6 小林 優香 106 福岡
7 坂口 楓華 112 京都
誘導 城戸崎隆史

4年前、小林優香選手がガールズGPを制した時「優勝した自分へのご褒美に、ずーっと我慢していた大好きなアイスクリームを一つ食べたいと思います」と満面の笑顔で語ったのを聞いて「この人は普段どれだけストイックに練習に打ち込んでいるんだろう」と陰の努力を想像し衝撃を受けました。

対して「私は基本練習はほとんどしません。家でゲームにハマってます。あと、オリンピックは賞金も出ないんで興味ありません」なんてあっけらかんと言い放ってしまう児玉碧衣選手。それなのに、何故あんなに強いのか?やっぱり世の中には真の天才っていうのはいるんだなぁ、と小林選手とは全く逆の意味で衝撃を受けました。

コツコツ努力を積み重ね、ストイックにアイスクリーム一つすら我慢しながら勝利を追求する小林選手と、練習に費やす時間は必要最小限に留め、後は余暇を満喫し、欲しいものは我慢せずにどんどん購入してしまう児玉選手。どちらがいいとか悪いとかそんな話ではなく、もうここまでくるとまさにアニメの世界ですね。対照的な性格の主人公2人が勝負の世界でどんなドラマをこれから演じていくのか?楽しみで仕方ありません。

昨日から始まったガールズグランプリトライアル2019、小林選手、児玉選手共に初日好発進となりました。そして、何という偶然か!面白いことに初日の上がりタイムは全く同じの11.9という。競輪の神様は面白い演出をしてくれますね~。

今回、2人が対決するシチュエーションが訪れる事はありませんが、その楽しみは年末の立川で!!期待したいですね~。努力の人か!!真の天才か!!今日もこの2人の走りから目が離せませんね。競輪祭、そしてガールズグランプリトライアル2019!開催は2日目に入ります。

第9R L級ガ予2

梅川の力がやや抜けているか??

初日、思い切った仕掛けが功を奏した5梅川。小倉も、そしてこの大会も相性抜群なのは間違いない。油断なく早めに仕掛けていけば、ここも十分粘りこめるとみて。

一方の1佐藤。初日は大事に行き過ぎた感もあっていいところがなかったが、逆にそれが開き直って戦える材料になるならおのずと結果に繋がっていくだろう。

あと、6尾崎も引き続き状態は良さそうで、この3人が完全に力では抜けている印象。もう3人ボックスで!といきたいところもあるが、5梅川のデキの良さを信頼して、軸を決めて3着のヒモ穴を考える。この3人以外で絡んでくるとしたら、直線伸びてきそうな4荒牧か。

発走時間 19:08 締切予定 19:03
車番 選手名 期別 府県
1 1 佐藤 水菜 114 神奈
2 2 林 真奈美 110 福岡
3 3 中村由香里 102 東京
4 4 荒牧 聖未 102 栃木
5 5 梅川 風子 112 東京
6 6 尾崎  睦 108 神奈
7 吉岡 詩織 116 広島
誘導 南  和夫
第10R L級ガ予2

児玉が万全!!ここも他を圧倒する。

初日、2番手から捲った尾崎の上を軽々と捉えていった4児玉。やはり力的にかなり抜けていると言わざるを得ない。初日の反省を生かして、というようなコメントも出ていることを考えれば、もう少し2走目は早めに仕掛けるのでは?2奥井が一度叩いて出たところを一気にカマシていく展開を第一に考えていく。ただ、その2奥井のデキが少し不安。3加藤や1中嶋という積極タイプが他にもいるだけに、簡単に先手を取るのも難しい。ならば4児玉の相手は5細田や6中川あたりになってくるのか。4児玉軸で後は追い込み主体の選手を2着に据えて勝負する。

発走時間 19:34 締切予定 19:29
車番 選手名 期別 府県
1 1 中嶋 里美 110 愛知
2 2 奥井  迪 106 東京
3 3 加藤  恵 112 青森
4 4 児玉 碧衣 108 福岡
5 5 細田 愛未 108 埼玉
6 6 中川 諒子 102 熊本
7 高橋 梨香 106 埼玉
誘導 城戸崎隆史
第11R L級ガ予2

初日の反省を修正して、石井寛から勝負!

初日は道中内で被ってしまい、見せ場なく終わってしまった1石井寛。大事に行き過ぎたのが裏目に出た格好だが、脚で負けた訳ではないので、ここはしっかり修正してくるとみて。勿論、5分の評価で相手は7石井貴。道中の判断も冴えているし、仕上がりも問題なさそうなので、ここは折り返し軸で3着を絞っていく。3着候補を決めるのは何とも難しいが、位置取り重視で6小林と力の5長澤へ。オッズを想定すると、多分4点勝負が限界だと思われる(笑)

発走時間 20:02 締切予定 19:57
車番 選手名 期別 府県
1 1 石井 寛子 104 東京
2 2 大久保花梨 112 福岡
3 3 田中 まい 104 千葉
4 4 小坂 知子 104 岐阜
5 5 長澤  彩 106 愛知
6 6 小林 莉子 102 東京
7 石井 貴子 106 千葉
誘導 南  和夫
第12R L級ガ予2

やはり小林が断然!!一気に前団を呑み込む!!

注目された3か月ぶりの国内でのレースでしっかり結果を出した5小林。上がりは児玉と同タイムの11.9。ここなら少々後ろに置かれても捲り切ってしまうとみて。対抗が非常に難しいところだが、力的に5小林に迫れるとしたら7高木あたりになってくるのか。後は、地元で存在感を示したい6内村。2着はこの2人に絞って、後、粘りが気になる1鈴木を3着に絡めてここも4点勝負に。出来るだけ絞って勝負したい。

発走時間 20:30 締切予定 20:25
車番 選手名 期別 府県
1 1 鈴木 美教 112 静岡
2 2 坂口 楓華 112 京都
3 3 土屋 珠里 110 栃木
4 4 柳原 真緒 114 福井
5 5 小林 優香 106 福岡
6 6 内村 舞織 112 福岡
7 高木 真備 106 東京
誘導 城戸崎隆史
「清水の舞台から飛び降りるつもりで」勇気を振り絞って何かを行う時に用いる比喩表現ですが、年齢を重ねてくるとそんな清水の舞台から飛び降りよう!という気持ちになることがほとんどなくなってきます。過去の経験でだいたい「こうすれば、こうなる」という事が何となく分かってくるというのもありますが、やはり年齢と共に「よーし、やってやろう!」という気力も衰えていくのかもしれません。

かつて京都の稲垣選手は私に「2人のラインで先行するって、仕掛ける時にめっちゃ勇気がいるんですよね~」と語ってくれました。前にいる選手に踏まれて併されてしまうかもしれない。もし、叩けたとしても最後まで粘れれるかどうかわからない。それなら大事にいこうかなぁ...そんな誘惑も頭をよぎる中で、まさに清水の舞台から飛び降りるつもりで「ドーン」と選手は仕掛けていくんでしょうね。特にガールズケイリンの選手は後ろで援護してくれる仲間がいる訳ではないので、主導権を奪いに行くというレースはより攻める勇気が必要になってくるような気がします。

ガールズグランプリトライアル2019の2日目。初戦で大敗を喫し後がなくなった奥井選手。普通だったら勝ちにこだわって組み立ててもおかしくなかったはずなのに、加藤選手を相手に諦めることなく内から主導権を奪い返し、粘りこんでの2着。崖っぷちの状況で、いや崖っぷちの状況だから開き直れたところもあるのかもしれませんが、奥井選手の勇気が決勝への道に繋がった事は間違いないでしょう。

そして、その一つ前のレースで大金星を挙げた116期の吉岡選手。とにかくいけるところまでいってやろう!ダメだったらしょうがないじゃないか!レースからそんな思いが強く伝わってくる素晴らしい先行逃げ切りでした。もう、清水の舞台からの景色がどんな感じだったか?記憶の底に沈んでしまった私にとって、彼女たちのレースが教えてくれたもの....勇気百倍!!今日はアンパンマンになったつもりで一日、頑張っていこうと思います。車券が外れて「バイバイキーン」とだけはなりませんように。
第9R L級ガ選抜

開き直ったら強いはず!!佐藤水菜に期待!

奥井や吉岡と対照的に、今節大事に大事に行き過ぎて失敗レースが続いてしまった3佐藤。ただ、もう勝ち上がりは逃してしまったので、もう思い切っていくしかない!と考えているのでは?グランプリへの事も考えて、強気に前へ前へ踏み込んでいけばおのずとチャンスの展開になってくるし、主導権を握っても押し切れるだけの脚力があるのは、今年一年の戦いを見ても明白。3佐藤を軸に、今節元気な7中嶋、溜めて飛んでくる6林、1荒牧あたりを絡めながら勝負したい。

発走時間 19:08 締切予定 19:03
車番 選手名 期別 府県
1 1 荒牧 聖未 102 栃木
2 2 加藤  恵 112 青森
3 3 佐藤 水菜 114 神奈
4 4 中村由香里 102 東京
5 5 中川 諒子 102 熊本
6 6 林 真奈美 110 福岡
7 中嶋 里美 110 愛知
誘導 南  和夫
第10R L級ガ選抜

ここも石井で文句なし、今日こそきっちり決める!

打倒、小林優香を胸に小倉に乗り込んだ5石井だったが、こちらも連日慎重に組み立てたのが裏目に出てしまった印象。ただ、2日目に捲り追い込んできたスピードに片鱗は感じたし、脚色的には問題ないとみて。相手は前々攻める1坂口に2土屋、3内村まで。ここも頭は固そうなレース。

発走時間 19:34 締切予定 19:29
車番 選手名 期別 府県
1 1 坂口 楓華 112 京都
2 2 土屋 珠里 110 栃木
3 3 内村 舞織 112 福岡
4 4 田中 まい 104 千葉
5 5 石井 寛子 104 東京
6 6 小坂 知子 104 岐阜
7 柳原 真緒 114 福井
誘導 城戸崎隆史
第11R L級ガ決勝

女王児玉が他を圧倒!

この2日間、圧倒的な強さで人気に応えている1児玉。初日に2尾崎の番手捲りを一気にのみこんだ勢いを考えると、ここも軽くヒトヒネリ!というレースになるのでは?もうここも頭は鉄板で!配当安いが相手も2尾崎か6梅川で。ここも穴要素がほとんど考えられない。

発走時間 20:02 締切予定 19:57
車番 選手名 期別 府県
1 1 児玉 碧衣 108 福岡
2 2 尾崎  睦 108 神奈
3 3 高橋 梨香 106 埼玉
4 4 細田 愛未 108 埼玉
5 5 吉岡 詩織 116 広島
6 6 梅川 風子 112 東京
7 奥井  迪 106 東京
誘導 南  和夫
第12R L級ガ決勝

小林のスピードが違い過ぎる。石井との本命勝負で仕方なし!

1小林の強さが目を引くが、3石井の勝負強さもさすがの一言。この2人の存在が完全に抜きんでているのは間違いない。1小林が後ろに置かれて、位置取り巧い3石井が先に捲った時に、1小林があと一歩届かない、というケースは想定しておきたいが、2人が連を外す、という事はまず考えられないような気がする。ここも配当には魅力がないが、折り返し勝負で。そうなると3着は絞るしかない。迷いに迷ったが、位置取りとタテ脚のバランスで5高木に!!

発走時間 20:30 締切予定 20:25
車番 選手名 期別 府県
1 1 小林 優香 106 福岡
2 2 長澤  彩 106 愛知
3 3 石井 貴子 106 千葉
4 4 小林 莉子 102 東京
5 5 高木 真備 106 東京
6 6 鈴木 美教 112 静岡
7 大久保花梨 112 福岡
誘導 城戸崎隆史
去年から新設されたガールズグランプリトライアルの優勝は梅川風子選手と小林優香選手。どちらもゴール前の攻防が熱かったですね~。粘る児玉選手を懸命に差しにいった梅川選手。高木選手を力でねじ伏せた小林選手に必死で迫っていく石井選手。ほんとにガールズケイリンの選手たちのレベルが年々上がっているよなぁ、という事を改めて肌で感じました。だからこそ車券はどんどん難しくなってくる訳で・・・3日間の予想に関しては反省しかありません。トホホ。

さぁ、競輪祭も折り返しで、勝負は二次予選に入っていきます。賞金争いも熾烈を極めてきました!6位の郡司選手が二次予選Bへ。7位の平原選手が二次予選A、そして最も劣勢だった9位の松浦選手は準決勝の権利を手にした中でのダイヤモンドレースに、という。3人とも勝ち上がりはしましたが、3人の中で一番上にいた選手が最も厳しい勝ち上がり条件になり、最もしんどいところにいた選手がダイヤモンドレースですからね~。面白くなってまいりました。

まず5Rで郡司選手が連に絡んで準決勝の切符を手に入れることが出来るのかどうか??もう、ここから目が離せません。さぁ、競輪祭!開催は4日目に入っていきます。あ!!あと、大事なことを忘れていました!!今日メインのダイヤモンドレースは11Rですからね!メインレースが最終ではなく、その後に一つ敗者戦が控えています。競馬などの世界ではこういったプログラムは当たり前ですが・・・競輪でこの形ってのは僕の記憶の中では今まで一度もありません。こういった小さな変化がどんな影響をもたらすのか?ここにも注目していきましょう。
第9R S級二予A

清水の後ろ、もしかすると園田は・・・

一次予選では二走共に差されはしたが、1清水がさすがのレース。何より2日間早めに動いているのが状態の良さを物語っている。ここは車番的にも有利に運べそうだし、勝ち上がりの権利は4着まで。ならばもう一回バックを取り行くくらいの仕掛けでも大丈夫だし、そうして前々へ攻めていけば自ずと好位に入る展開になるのでは?だた、後ろの9園田がその1清水につけきれるかどうか、の不安はある。昨日、柴崎についてはいったものの、最後ちょっと厳しそうだった。もしついていったとしても、タテ脚では現状その後ろの6坂本の方が上。直線で9園田が6坂本に抜かれてしまう可能性の方が高いような気がするので、1-9だけは敢えて見送る。穴は、2岩本がドカンとカマした時に流れ向きそうな7田中。

発走時間 18:56 締切予定 18:51
車番 選手名 期別 府県
1 1 清水 裕友 105 山口
2 2 岩本 俊介 94 千葉
3 3 吉澤 純平 101 茨城
4 4 稲川  翔 90 大阪
5 木暮 安由 92 群馬
5 6 坂本健太郎 86 福岡
7 田中 晴基 90 千葉
6 8 東口 善朋 85 和歌
9 園田  匠 87 福岡
誘導 原田  礼
第10R S級二予A

平原の末に??デキは太田の方がややリードか。

勝負所での仕掛けはさすがの一言に尽きる9平原だが、どうも末脚の甘さが気になる。調子自体はそれほど良くないのでは?逆に、初戦カカりが良くなかった7太田が2走目できっちり修正し、しっかり粘り込んだ。後ろの2桑原も昨日は自力と言っても差し支えない捲り追い込みで外のコースを伸びてきた。ここも7太田が一気に主導権を握っていきそうで、その展開ならば、2桑原が差す可能性の方が高いのでは?という感じもするし、ここも3番手の4松岡の切れ味が何とも怖い。4松岡のアタマまで考えて、穴車券を狙いに行く。単騎の8三谷も気配はかなり良さそうで、ヒモ穴候補。更に直線突っ込んできそうな1諸橋の存在も外せない。ここは追い込み陣中心の車券で。

発走時間 19:27 締切予定 19:22
車番 選手名 期別 府県
1 1 諸橋  愛 79 新潟
2 2 桑原 大志 80 山口
3 3 渡邉 雄太 105 静岡
4 4 松岡 貴久 90 熊本
5 山崎 芳仁 88 福島
5 6 山中 秀将 95 千葉
7 太田 竜馬 109 徳島
6 8 三谷 将太 92 奈良
9 平原 康多 87 埼玉
誘導 小川 勇介
第11R S級DMD

松浦、柴崎の気配より展開の関東勢で勝負!

5松浦以外は全てGPへ獲るしかない、という選手が揃ったダイヤモンドレース。ただ、ここは関東勢がなんとも強力。小倉は相性抜群の7吉田がとにかく強気に攻めていけば今節落ち着いて運べている8鈴木に流れが向いてくるし、もし仮に近況長い距離で勝負する5松浦が早めに仕掛けても、仕掛け方いかんでは9渡部の追走は危ない。そうなると関東勢が番手以降にハマってしまう可能性も十分あり得る。いずれにしても軸は関東勢の番手8鈴木に決めて、一発怖い3柴崎や1井上あたりも絡めつつ、高配当を狙いに行きたい。

発走時間 20:02 締切予定 19:57
車番 選手名 期別 府県
1 1 井上 昌己 86 長崎
2 2 松谷 秀幸 96 神奈
3 3 柴崎  淳 91 三重
4 4 成田 和也 88 福島
5 松浦 悠士 98 広島
5 6 桐山敬太郎 88 神奈
7 吉田 拓矢 107 茨城
6 8 鈴木 竜士 107 茨城
9 渡部 哲男 84 愛媛
誘導 北津留 翼
第12R S級選抜

スンナリ賭けた時の竹内は滅法強い!!松井がどこで勝負にいくか??

最終レースが敗者戦にという今までにない試みが注目の12R。最初に動いてくるのはまず2竹内と見て間違いなさそうだが、後ろの5山口はかなりの確率でツキばてしそう。援護も難しい。そこに、早い段階で襲い掛かっていきそうな1松井。トップスピードは1松井の方が上というのは間違いないが、仕掛けのタイミングを1松井がミスってしまえば、叩けないということも十分考えられる。1松井が早い段階で2竹内を叩いても、2竹内の先行に手こずったとしても、脚力があって展開が向きそうなのは7大槻。この7大槻が直線伸びてくるところを中心に、2竹内の粘り込みと3阿竹、8野田の一発まで考えて、ここも穴車券を狙いに行く。

発走時間 20:30 締切予定 20:25
車番 選手名 期別 府県
1 1 松井 宏佑 113 神奈
2 2 竹内 雄作 99 岐阜
3 3 阿竹 智史 90 徳島
4 4 齋藤登志信 80 宮城
5 山口 富生 68 岐阜
5 6 國村  洋 80 山口
7 大槻 寛徳 85 宮城
6 8 野田 源一 81 福岡
9 香川 雄介 76 香川
誘導 松尾  透
競輪祭直前に新橋のSL広場でPRイベントを行うのは毎年恒例になっています。クリスマスも近づいてくるそんな季節ですからSLにイルミネーションが点灯して、非常に華やいだ雰囲気の中で例年賑やかに催されるのですが、去年、そのイベントの選手ゲストが柴崎淳選手でした。

確か僕の記憶ではこのイベント、元々は浅井康太選手が出るはずだったんですが、当日、浅井選手の都合が悪くなったとかなんとかで…急遽、ピンチヒッターで登場という、そんな感じだったと思います。その時に「いやぁ、僕なんかがゲストでいいんですかね~。かなり場違いな感じしかないと思うんですけど」なんてことをしきりに口にしながら恐縮しっぱなしだったのをよく覚えています。

確かに、あの1年前の開催直前の段階では、競輪祭注目の目玉選手!という訳では正直ありませんでした。それが、いざ開催が始まると、あれよあれよの勢いでGI初の決勝進出!そして決勝では脇本選手の番手という千載一遇の大チャンスがやってくるという驚きの快進撃でした。

しかし、そのチャンスを最後の最後、レースの土壇場でモノにすることが出来ずに終わってしまい、頂点に立ったのは浅井選手。「あんな悔しい気持ちになったことはなかった」柴崎選手は今回の競輪祭で何度も何度も強調します。使い古された言葉ですが「小倉に忘れ物を取りに来た」今回はきっとそんな思いなんでしょうね。

1年先にデビューした浅井選手と柴崎選手は当初から何かと比較されることも多く、10年くらい前に僕も2人並んでインタビューをさせてもらったこともありました。その当時、2人の力にはほとんど差がなかったんですが、その後、浅井選手はもの凄いスピードでどんどんスターへの階段を駆け上がっていき、方や柴崎選手は…気付くと完全に2人の間にはどうしようもない差がついてしまっていました。

しかし2019年、奇しくも浅井選手が9年連続のグランプリを逃すのが決まった状況で、柴崎選手は破竹の3連勝。これまで、ずっとずっと浅井選手の後塵を拝してきた男が、強烈な光の当たる表彰台の頂点に立つことになるんでしょうか。それは遠い遠い夢物語なんかではなく、今、獲れるだけの力があるのは間違いないでしょう。かわいい顔をした苦労人が挑むここからの2日間、まず、準決勝をクリアできるかどうか大いに注目していきたいと思います。

さぁ、競輪祭は大詰め間近の開催5日目です!!
第9R S級準決勝

大混戦の準決勝1本目。単騎、和田健太郎の切れ味に期待!

展開推理も難しい9R。勝負のかかった準決勝で、誰が腹を括って先手を取りに行くのか?がまず焦点になりそうだが、今節の動きを見る限り7小松崎がこの中で最も強気に攻めるのでは、と見ている。ただ、後ろが8成田と車番が悪いので、後ろから最初に動くのが7小松崎になってしまうことも十分にあり得る。赤板ホームで7小松崎が斬りに行く展開になるならば、その上をもう一回誰かが叩いてくるだろう。それが誰なのか?正直、全く読めない(笑)多分、いくとしたら5吉田じゃないか、と思うのだが、もし5吉田ならここでグーンと踏むのではなく、ちょっと流すシーンがあるだろう。しかし、そこを4原田がカマシにいくとはちょっと思えない。1三谷は???ならば、とにかく先手ラインに乗りながら、今突っ込める脚が魅力の9和田の2、3着車券で勝負したい。

発走時間 18:56 締切予定 18:51
車番 選手名 期別 府県
1 1 三谷 竜生 101 奈良
2 2 井上 昌己 86 長崎
3 3 諸橋  愛 79 新潟
4 4 原田研太朗 98 徳島
5 吉田 拓矢 107 茨城
5 6 南  修二 88 大阪
7 小松崎大地 99 福島
6 8 成田 和也 88 福島
9 和田健太郎 87 千葉
誘導 原田  礼
第10R S級準決勝

鉄壁の中四国勢、怖いのは鈴木に乗る木暮の強襲。

今節、未勝利ながら連日強さを印象付けるレースを見せる2清水。特に昨日岩本を力でねじ伏せていったのはさすがの一言。近況、8堀内が比較的早めに動いているとはいえ、さすがに力が違うのでは。一気のカマシで西日本ラインが主導権を握り、後ろの7松浦が大きく車間を斬りながら援護、最後はきっちり差し切るところが大本線になってくる。5園田も今節に賭ける思いは相当強そうだし、何より状態も仕上がっている。点数は絞れるだけ絞って本命勝負で仕方ないのでは。

発走時間 19:29 締切予定 19:24
車番 選手名 期別 府県
1 1 木暮 安由 92 群馬
2 2 清水 裕友 105 山口
3 3 松谷 秀幸 96 神奈
4 4 鈴木 竜士 107 茨城
5 園田  匠 87 福岡
5 6 佐々木雄一 83 福島
7 松浦 悠士 98 広島
6 8 堀内 俊介 107 神奈
9 山崎 芳仁 88 福島
誘導 北津留 翼
第11R S級準決勝

平原が絶好の番手戦。柴崎がどこまで迫れるか?

3走目にしてようやく会心の1着がでた2平原。まだ、完璧というには早いかもしれないが、何よりここは7吉澤という目標があるのが大きい。先行はまず関東勢になりそうで、4桐山や8三谷はここに照準を絞ってくるだろう。そこを1柴崎が捲れるかどうか??ただ、今のデキならたとえ8番手になったとしてもかなりのところまでは迫れるとみて勝負したい。

発走時間 20:02 締切予定 19:57
車番 選手名 期別 府県
1 1 柴崎  淳 91 三重
2 2 平原 康多 87 埼玉
3 3 渡部 哲男 84 愛媛
4 4 桐山敬太郎 88 神奈
5 小川真太郎 107 徳島
5 6 柏野 智典 88 岡山
7 吉澤 純平 101 茨城
6 8 三谷 将太 92 奈良
9 坂口 晃輔 95 三重
誘導 小川 勇介
第12R S級一般

宮本が開き直って攻めれば三宅だが…ここなら不破軸の筋違いか?

今節、全くいいところがない5宮本。もう、こうなると見せ場だけでも、という感じだが、逃げてもどこまでかかるのか??現状で大きな信頼を寄せるのは難しい。とはいえ7山賀も夏場の勢いを全く感じないし、単騎の4藤根はまだまだ力不足。ならば、ここは1不破の一発に期待する。車番も悪くないし、例え後ろになってもしっかり決めてくれるのでは。ただ、6永井の状態が果たしてどうか、というのと、あまり人の後ろにつく選手ではないので反応が遅れてしまう恐れがどうしてもついてくる。1不破軸の狙いは筋違いで。ここは頭固定で勝負する。

発走時間 20:30 締切予定 20:25
車番 選手名 期別 府県
1 1 不破 将登 94 岐阜
2 2 中村 浩士 79 千葉
3 3 三宅 達也 79 岡山
4 4 藤根 俊貴 113 岩手
5 宮本 隼輔 113 山口
5 6 永井 清史 88 岐阜
7 山賀 雅仁 87 千葉
6 8 西岡 拓朗 97 広島
9 藤木  裕 89 京都
誘導 樫山 恭柄
人間、歳を重ねてくると「この人は果たして本音を言っているのかどうか」非常に疑り深くなってきます。子供の頃は「ゆうすけくんはいつもかわいいね~。頭もいいし、字もきれいし、性格も優しいし」などと周囲の大人に褒めてもらううと、アホみたいにすぐ喜んでいましたが、大きくなっていく段階で、この世界には「リップサービス」なるものがあるんだ、という事に気付きます。もしかすると、その瞬間が大人への第一歩だったのかもしれません。競輪の魅力の一つに「コメントを真に受けても果たしていいのかどうか」というのがあります。「前が頑張ってくれたお陰です」「後ろの先輩の為に今日は頑張りました」「ラインでとにかく決まるように頑張ります」などなど選手の皆さんはインタビューで語りますが、これが「リップサービス」なのか、というのをしっかり見極めないと、競輪の展開を完全に読み違えてしまう、そんな恐れがあるんです。

競輪祭5日目の清水裕友選手と松浦悠士選手。清水選手は「松浦選手と決めたい」とレース前に語り、松浦選手も「清水選手と一緒に勝ち上がらなければ自分だけが決勝進出を決めたとしても意味がない」そんな主旨の話をしていました。その言葉からは人生苦い経験を数多く重ね、疑り深くなっている47歳のオッサンの心にも「確かなもの」として伝わりました。そう、この2人はお互いをリスペクトしつつ、本当に心から言葉を発しているんだ。という事を強く感じ、しっかり車券勝負をさせてもらいました。点数絞って、強気に。そして、その狙いは珍しく的中!!清水選手は堂々たる仕掛けでレースの主導権を握り、それに応えるように寸前できっちり捉えた松浦選手。そしてゴール後には「やったぜ俺たち」と言わんばかりに松浦選手が清水選手の肩をポンと叩く姿が印象的でした。

これこれこれ!!これなんですよ競輪の面白いのは!人と人の繋がりには強弱があって、その繋がりの強弱はレースから、そしてコメントから垣間見えるんです。いや、見えるはずなんです。そこに、その時の調子や展開、バンクコンディションなどのエッセンスを加えていって予想する。正直最初は複雑かも知れませんが、だからこそ、わかってくると本当に楽しくなってくる。知らない人にはとっつきにくくて、醍醐味が分かるまでには時間がかかるかもしれませんが、逆に知れば知るほど味が出てくる。炙ったスルメみたいなもんですよ。迫力と推理の頂上決戦ドラマはいよいよ最終盤へ。第61回朝日新聞社杯競輪祭、いよいよ最終日です!!
第9R S級特選

古性は必ず果敢に仕掛ける、その中でチャンスは村上よりも・・・

今節歯車が噛み合ってこない5古性。これだけ噛み合ってないとなると、もう後ろは重鎮1村上だし、積極的に勝負しにいくのではないか。ただ、その1村上が番手を回りながらもなかなか勝ち切れないのが心配なところ。むしろ3番手の8東口が怖い。もう、ここならアタマまで抜けてくるところを基本に考えていく。勿論、その時の2着は1村上が基本になってくるが、位置を取って、外を捲ってくる3中本や、状態良さそうな6堀内あたりが直線で突っ込んでくることも考えられる。8東口の連がらみを中心に、ここは穴車券で勝負する。

発走時間 18:52 締切予定 18:47
車番 選手名 期別 府県
1 1 村上 義弘 73 京都
2 2 和田  圭 92 宮城
3 3 中本 匠栄 97 熊本
4 4 松岡 貴久 90 熊本
5 古性 優作 100 大阪
5 6 堀内 俊介 107 神奈
7 井上 昌己 86 長崎
6 8 東口 善朋 85 和歌
9 成田 和也 88 福島
誘導 松尾信太郎
第10R S級特秀

柴崎の評価は変わらない!アタマ固定で点数絞る!

準決勝、組み立ての失敗で後手に回り、尚且つ前のアクシデントもあってあと一歩届かなかった3柴崎。ただ、最悪の展開の中でも捲り上げていった脚性は素晴らしかったし、4角で小川と絡まなければもしかしたらイケたかも知れないという、そんな感じだっただけに、評価は全く変わらない。気落ちだけが不安材料だが、今の3柴崎はそんなヤワではないと信じて。相手は地元の1園田。準決勝は強烈な清水の仕掛けに離れてしまったが、3柴崎には2走目付けている。その時にワンツーは決まらなかったが、踏み出しにはしっかり反応できていた。ここなら大丈夫とみて。怖いのは気配がいい近畿勢。6稲毛の思い切りの良さと末の粘りは大いに魅力。後ろの4三谷も伸びは冴えている。もし、1園田が離れた場合は、近畿の絡みになってくるか。

発走時間 19:22 締切予定 19:17
車番 選手名 期別 府県
1 1 園田  匠 87 福岡
2 2 渡邉 雄太 105 静岡
3 3 柴崎  淳 91 三重
4 4 三谷 将太 92 奈良
5 原田研太朗 98 徳島
5 6 稲毛 健太 97 和歌
7 松谷 秀幸 96 神奈
6 8 山中 秀将 95 千葉
9 小倉 竜二 77 徳島
誘導 原田  礼
第11R S級特秀

簗田の仕上がりが何とも不気味。位置がしっかり取れれば、夢車券のチャンス到来か。

調子も上がってきているし実績も申し分ない。ここなら近畿が中心で、と考えるのがセオリーだが、どうも今節気配が気になる6簗田。昨日の4走目も岩本が不発で、和田真が落車という中で、コースを縫うように突っ込んできたし、2次予選でも坂口のブロックに耐えながら伸びてきている。とにかく今節しぶとい簗田を中心に幅広く点数を広げて、夢の高配当を狙いにいく。

発走時間 19:54 締切予定 19:49
車番 選手名 期別 府県
1 1 三谷 竜生 101 奈良
2 2 吉澤 純平 101 茨城
3 3 岡村  潤 86 静岡
4 4 南  修二 88 大阪
5 太田 竜馬 109 徳島
5 6 簗田 一輝 107 静岡
7 桑原 大志 80 山口
6 8 佐々木雄一 83 福島
9 山田 久徳 93 京都
誘導 北津留 翼
第12R S級決勝

松浦がタイトル獲ってGPへ!大チャンスをモノにする。

準決勝はさすがの強さだった5清水と1松浦。5清水の仕掛けも強烈だったし、その仕掛けにしっかり反応した1松浦もさすがの一言。ここで1松浦がタイトルを獲って、GPは逆の並びに??という事まで想像してしまうほど、この2人の勢いが抜けているように思う。あの仕掛けに単騎の選手が飛びつくのも難しいし、問題は4吉田がどこまで腹を括れるかという事になってくるが、4吉田とてここまできたらタイトルが欲しいだろう。そんな中で5清水と1松浦はもうGPを決めたというのが大きい。気持ち的な余裕が全然違うのでは。もう、ここは1松浦のアタマは決め打ちで、もう一丁5清水とのワンツーに期待する。6柏野はついていけるか?微妙なところ。むしろ3着は別線で狙ってみたい。

発走時間 20:30 締切予定 20:25
車番 選手名 期別 府県
1 1 松浦 悠士 98 広島
2 2 和田健太郎 87 千葉
3 3 平原 康多 87 埼玉
4 4 吉田 拓矢 107 茨城
5 清水 裕友 105 山口
5 6 柏野 智典 88 岡山
7 木暮 安由 92 群馬
6 8 坂口 晃輔 95 三重
9 諸橋  愛 79 新潟
誘導 小川 勇介