おすすめ注目レース

本日のおすすめ注目レース

2018年10月16日   第21回 エーデルワイス賞(門別競馬)

門別競馬   第11レース   デンバーテソーロが2歳女王に輝く
対馬 大樹

【中央所属馬の評価】 カシノティーダは一戦毎に時計を詰めて、九州産限定のひまわり賞で初勝利を挙げたが、今回は初のダート戦で相手も強力。同型も強く、どこまで食い下がるか。 ケイゴールドはダートに矛先を向けてから②①着。中山1200メートルでの勝ち時計も悪くないし、多頭数も経験済み。決め手も確か。ここでも楽しみ。 ヒストリコの前走はスタートで躓いて最後まで流れに乗れなった。敗因はハッキリしているし度外視していい。兄マイタイザンは園田で重賞5勝。この馬自身もダートで新馬勝ち。ダートに戻り改めて注目。 デンバーテソーロは芝で③②着後、初ダートの前走を好内容で完勝。芝も走るが、ダート適性の高さも証明す...

2018年10月16日   準重賞 新冠産駒杯B1級以下サラ系一般 別定(金沢競馬)

金沢競馬   第11レース   巻き返しを期待ヤマチョウタンゴ!!
西村 直義

ヤマチョウタンゴはひと脚に鋭さがあるし、休み明けでも気配は安定している。ここ2戦はもどかしい結果が続いているが、スムーズなら勝ち負けのライン。スンナリ前で運んだ際はメガンテにも逆転の可能性あり。前走で復調気配を示したアッコルド、ミスアバンセも展開次第で上位圏内に浮上。マイネルピオネロの大駈けにも要注意。◎は③ヤマチョウタンゴ。2走前は速い流れを追い掛けた分、前走は出遅れて強引なレースと、勝ちを逃した2戦は敗因が明確。前走から間隔は開いたが、確り乗り込まれており変わらず力を出せる感触にある。3連勝時の様に前に付け自分のペースで運べれば巻き返しは十分見込める。○は⑤メガンテ。4歳時には南関Bクラス...

2018年10月16日   がんばれ笠松競馬B1 特別サラ系一般 定量(笠松競馬)

笠松競馬   第10レース   まだ追う手 ダイナマイトガイ
全国公営競馬専門紙協会 競馬エース 幸村博之

 勝ち組の特別らしくよりどりみどりの一戦になった。それならば妙味のあるところから。ダイナマイトガイなんかはどうだろう。2開催あいたが、いいリフレッシュになった様子だし、楽勝の2戦はもちろん、ここ2走の相手なりの競馬も悪くない内容である。コパノジャクソン、ヴィレッジダンサーといったこの条件の勝ち馬がいても、力をつけたクモノカヨイジ、勝負強さのあるダノングランツはいても、期待してみた次第。 ダイナマイトガイはC-1特別も2度目で勝ち上がり、B-2もあっさりクリア。B-1特別でもと思いたくなる。仕上がりも悪くなさそうだ。「疲労感があったので厩舎でじっくりと調整。前走時に劣らないぐらいの仕上げができた...

明日以降のおすすめ注目レース

2018年10月17日   第51回 瑞穂賞(門別競馬)

門別競馬   第12レース   実力断然!ハッピースプリントが決める
対馬 大樹

【結論】 今年の古馬中距離重賞は、ここまで4歳馬スーパーステションが4戦して4連勝と世代交代をアピールしたが、NARグランプリ年度代表馬に2度輝いたハッピースプリントが、一年以上の休養を経て約5年ぶりに地元に復帰。その緒戦となった前走を完勝し地力の違いを見せつけた。さらに2016年度の羽田盃優勝馬タービランスも戻ってきて、こちらも再転入緒戦を快勝。大一番の道営記念を前に、各世代の大物が顔を揃えた。本命は前走で復活をアピールしたハッピースプリント。実力は誰もが認めるところ。5戦5勝の門別なら中心は揺るがない。本格化したスーパーステションが当面の相手だが、タービランスもひと叩きして更に上昇。上位の...

2018年10月17日   白菊特別A3サラ系一般 定量(笠松競馬)

笠松競馬   第10レース   折り合えば セブンサムライ
全国公営競馬専門紙協会 競馬エース 幸村博之

 中央時に当地A-3組で行われる500万交流戦を2勝しているのがキーネットワーク。今回は名古屋所属としてだが、地元馬同士だし、以前いた川西厩舎への転入なら素直に軍門に下るべき!? それでは面白くないという方はセブンサムライはどうだろう。折り合いひとつで距離はこなすし、ここ2走は交流戦で度外視可能。2歳時に1戦1勝の吉井騎手とのコンビで変わらないか。フライングゲットも普通にいいところ。マルヨアキトは主戦の島崎騎手がこちらに乗った。メモリージュネスも前々ならあんなことはないはず。 セブンサムライは折り合い面で距離延長がいいとはいえぬが、今回は地元馬同士。地力で何とかなっていいはずだ。流れひとつ。「...

 

ページ先頭へ↑

地方競馬予想情報

地方競馬ならオッズパーク競馬