みんなの地方競馬 Everybody's chihoukeiba

地方競馬攻略法

コース概要

地方競馬でも小さめ(全長1100m)の競馬場。1、2コーナーの半径が3、4コーナーに比べて小さく、全体的におむすびに似た形状をしている。コースの内側の砂が深く、内側を避けて通る傾向があるため、走破距離がが実際より長くなり時計がかかる。

距離別傾向と対策

800m

2・3歳戦や下級条件でたまに組まれることがあるが、ほとんど見かけなくなった距離。2歳戦は頭数もそろわないし、馬番を気にする必要はないだろう。決まり手も圧倒的に逃げが多く、せいぜい番手からの逆転が期待できる程度。

1300m

圧倒的な使用頻度を誇る距離。1日すべて1300m戦という開催日も存在したほどだ。直線入り口からスタートして1周するコース。馬番による有利不利はあまり無い。ただ、馬自身のタイプとその脚質による得意不得意はある。地方競馬をあまり経験していないファンはとにかく逃げ有利と勘違いしがちだが、高知は1300mでもそれなりに差しタイプが届いてくる。

1400m

1300mのスタート地点から100m下がったシュートからの発走。100mくらいなんとかなるだろう……とはならず、この100mが効いてしまって負ける逃げ・先行馬も多い。最初のコーナーまでの距離もあるし馬番に神経質になる必要はないが、フルゲート時の11,12番になると、外枠のメリットを距離損のデメリットが上回る。

コース平面図

オッズパーク

コース数値表

●ダートコース数値表
1100m 200m 1.58m 800m、1000m、1300m、1400m

主な重賞競走

3月黒船賞(JpnIII)

高知競馬場案内
地方競馬ならオッズパーク