みんなの地方競馬 Everybody's chihoukeiba

地方競馬攻略法

コース概要

地方競馬場では一般的な大きさ(全長1200m)で、直線距離も標準的な236mと、いわゆる小回り平坦コースの競馬場。4つのコーナーすべてにポケットが設けられているのが特徴で、各距離コースのスタート地点になっている。日本海側にある唯一の競馬場。

距離別傾向と対策

900m

最近は2歳戦の、それも新馬で組まれるケースがほとんど。決まり手は逃げが多いが、戦法として有利というよりは強い馬が逃げる形になっている側面が強い。頭数がフルゲート近くまでいくことはなかなかないので馬番に神経質になる必要はないが、仮に頭数が揃った場合はかぶされやすい内枠よりも外めから競馬できるほうが無難。

1300m

ゲートから1コーナーまでの距離がかなり近い。フルゲート12頭立てになったときの12番はさすがにしんどいが、10番くらいまでは意外と成績差がない。コース形態を気にしすぎて外寄りの馬を切り過ぎないようにしたい。実施数がそれほど多くないので1400mや1500mからの距離替わりになる馬も多いが、1500mにくらべると前残りがきくので、前走捕まった逃げ・先行タイプを狙う手が出てくる。

1400m

スタンドから見て右手、直線なかほどからの発走。外枠馬も頑張れば1コーナーまでに出切れるので、逆に内枠馬が窮屈な競馬になることがあり、かつては内枠成績がいまひとつだった。ただ最近はフルゲート割れのレースが増えたためか、馬番ごとの成績差は小さくなっている。馬券に絡む逃げ馬と差し馬のバランスが良く、予想する上でも楽しめるコース。

1500m

4コーナー側のシュートから発走。1コーナーまでの距離が長く、外枠馬は砂の浅いコース外寄りを使ってもなお位置を取れる余裕がある。そのため成績を見ても外枠有利が明らかだ。この距離になると単調な逃げ馬やスタミナに余裕の無い馬は最後に脚が止まりやすく、1400m以下に比べて差しの決まり手が増える。

1700m

3コーナー側のシュートからスタートし、右に90度曲がる形。特殊な形でのスタートになるが、そのわりに馬番による成績差は小さい。主にA級戦や重賞で使われることもあり、スタミナに余裕のある差し馬がじっくり構えてレース後半良さを出すケースが目立つ。コーナーの数は多いが、展開を利した逃げ切りは意外と容易ではない。

コース平面図

オッズパーク

コース数値表

●ダートコース数値表
1200m 236m 0m 900m、1300m、1400m、1500m、1700m

主な重賞競走

10月 白山大賞典(JpnIII)

金沢競馬場案内
地方競馬ならオッズパーク