共同記者会見

 

12月17日(火)KEIRINグランプリ2019の共同記者会見が都内ホテルにて開催された。9人の出場予定選手が今年一年を振り返り、グランプリにかける思いを語った。いよいよ迫る今年一年の総決算レース。栄光は誰の手に。
KEIRINグランプリ2019は2019年12月30日(月)16:30出走予定。

選手コメント

中川 誠一郎選手
中川 誠一郎選手

■グランプリに向けての意気込み
今年GIを2回とらせていただきました。
3年ぶりのグランプリ出場となりますが、前回よりいい着をとれるようにがんばります。

■今年1年どんな一年でしたか
(GI戦2勝を挙げ)出来すぎな一年でした。

■世間にはGI3勝を期待する声もありましたが?
GI3勝は、神山(雄一郎)さんと滝澤(正光)さんしかしていないので、
遠慮させていただきました。(笑)

■グランプリ2回目となりますが、3年前と比べて余裕はありますか?
気持ち的にはそんなに変わっていませんが、
もう戻ってこれないと思っていたので戻ってこれてよかったです。

■立川バンクの印象について
3年ぶりの前回のKEIRINグランプリ以来の出走になると思います。
なので前回のKEIRINグランプリのイメージしかないです。

■今回の車番での思入れのあるレースはありますか
1番車は、地元の熊本記念を優勝したのが印象に残っています。

■レース本番では単騎戦になるんでしょうか
たぶん単騎になると思います。
その時に誰かが前にいればついていくこともあると思いますが、
コメント的には一人ということになります。

■どんなレースがしたいですか
力を出して楽しめればと思います。

松浦 悠士選手
松浦 悠士選手

■グランプリに向けての意気込み
第61代競輪王松浦悠士です。
グランプリでは勝ちをあまり意識せずに、
しっかりいつも通りの走りができるようにがんばります。

■年頭からグランプリを目標にされていましたが、今はどんな状態ですか
今のところ、グランプリにむけて緊張感なく過ごせています。

■今年はどのような1年でしたか
自分の思っていた以上のレースができて、GIタイトルも獲れて
思った以上に成長できた1年だったと思います。

■立川バンクの印象について
2回目でそこまで強い印象をもっていないです。
冬の立川が重たいという話はよく聞きますが、自分としてはさほど重くなかったという印象で、
また走りにくかった記憶もないです。

■車番について
2番車は、一つでも内にいきたかったので走りやすい番号になりました。

■レース本番ではどういうところをみてほしいか
清水君との息のあった走りをみてほしいです。

脇本 雄太選手
脇本 雄太選手

■グランプリに向けての意気込み
今年2年連続グランプリにでれること光栄に思いながら、
近畿の一番前でインパクトのあるレースを一生懸命がんばりたいと思います。

■今年はどのような1年でしたか
走る競輪の本数は少なかったですが充実した1年でした。

■来年、オリンピックを控えていることで注目があります。
東京オリンピックはもとより、今年のKEIRINグランプリでも、
最高の結果が出せるようにがんばります。

■実戦離れについてはどう感じていますか?
精神的な不安はありますが、まだ10日ありますし、
慌てずにしっかりがんばりたいと思います。

■立川バンクの印象について
捲りが決まりやすいイメージがあります。
自分は捲りがそんなに得意ではないので、それを払しょくした上で、力を出し切りたいと思います。
車番については、去年も3番だったので景気のいい番号だと思います。

■レース本番ではどういうところをみてほしいか
今年は走る機会が少なかったので、
グランプリの舞台ではインパクトのあるレースがしたいと思います。

佐藤 慎太郎選手
佐藤 慎太郎選手

■グランプリに向けての意気込み
現在の競輪界をリードする、牽引しているこのメンバーと、
一緒に走れることに誇りをもって、自分の持ち味をきっちり出してがんばりたいと思います。

■13年ぶりのグランプリです。
過去の4回は村上(義弘)さん、伏見(俊昭)さんがいました。若手として出場したころと比べてどうですか?

しゃべりの方で、持ち味が出せていないなと思います。
ですが、一番最年長なのでおちゃらける場面ではないと思っています(笑)。

■この13年間は長かったですか?
あっという間の13年間でした。
グランプリは普段競輪を買わない人も競輪を観る機会があると思うので、
競輪の魅力を伝えられる走りがしたいと思います。

■立川バンクの印象について
風が強くて重いです。
直線が長いので、十分追い込み選手にもチャンスはあると思います。
好きなバンクの一つです。

■車番について思い入れのあるレースはありますか?
伊東でのGIII初優勝が4番車でした。
偉大なる岡部先輩の後ろでした。今回その弟弟子の新田君の番手ということで、
(今はじめて)何か感じるものがこみ上げてきました(笑)

■どんなレースがしたいですか
新田の後をついていく、ただそれだけに集中していきます。
それだけが自分の仕事だと思って走ります。

清水 裕友選手
清水 裕友選手

■グランプリに向けての意気込み
去年の状態で、またグランプリを走れるとは思っていませんでした。
精一杯自分の力を出し切ります。

■今年はどのような1年でしたか
前半ケガがあり、それは初めてのケガだったので苦しかったですが、
しっかり赤パン(S級S班)のプレッシャーを自分の力に変えられたと思います。

■赤パンのプレッシャーはありましたか
正直、SS選手に憧れていましたが、いざ自分が赤パンをはいてみると
今まで味わったことのないような緊張があり、苦しかったです。でもしっかり戦えたと思います。

■立川バンクの印象について
立川はとにかく走りやすいというイメージです。
S級で初めて決勝にのったのが立川です。
また今年1月の立川記念もとりました。

■車番について
5番車が好きです。
印象に残ったレースはないですが、がんばりたいと思います。

■レース本番ではどういうところを見てほしいですか
最後まであきらめない、泥臭いところをみてほしいと思います。

郡司 浩平選手
郡司 浩平選手

■グランプリに向けての意気込み
最後の最後までグランプリにでれるかわからず、
結果待ちの状態でしたので、結果を恐れずにしっかりグランプリでは走りたいと思います。

■今年1年の振り返り
けがもあり、走れない時期もありましたが、
後半うまくモチベーションをあげて、まきかえせたのが今につながっています。

■2年前のくるしさが今回につながっていますか
その悔しさがあっての今だと思うので、一壁乗り換えられたかなと思います。

■競輪祭での落車の影響は
競輪祭の落車の影響はほとんどないです。
あと10日あるので万全の状態でレースに臨みたいと思います。

■立川バンクの印象について
風が強くて重いというイメージですが、トレーニングをして克服できていますので、
今はそんなに悪いイメージはありません。

■車番についての印象は
6番車は最近ではあまりつけていないです。
でも逆に新鮮な気持ちで走れると思います。

■どんなレースがしたいですか
自分は単騎で戦うつもりですが、どこかで自力を出せるチャンスがあれば
しっかりと前に踏みたいと思います。

新田 祐大選手
新田 祐大選手

■グランプリに向けての意気込み
KEIRINグランプリという日本の競輪を世界に発信できる大きな舞台で、
しっかり優勝目指してがんばりたいと思います。

■今年1年の振り返り
競輪に出場する機会が少なく、競輪選手として歯がゆい部分があった。
出ても必ずしも勝てるということではなく、前半戦は競輪の難しさを実感した。
中盤からオールスターにかけては、
結果を残して、オリンピックに向かっていきたいという気持ちが強かった。
自分だけでなく、福島の選手やそしてオールスターの決勝では菅田壱道選手の力がなければ僕は優勝できなかった、
みんなの力を合わせて競輪を走れて楽しかったし、2020年にむけて勇気をもらったと思います。

■グランプリにむけて2週間はどのように過ごしますか
先週のワールドカップでメダルを獲得できましたが、
肉体的にも精神的にも疲れがあります。
数日後に練習を再開します。

■立川バンクの印象は
立川に限らず私はバンクの印象というものを持っていません。

■車番についての印象は
車番についても特に印象はないです。

■どんなレースがしたいですか
KEIRINグランプリにでるまで自分の出走回数は12回しかありませんでした。
その間、私はトレーニングをして、世界の大会で活躍するためがんばってきました。
そして先日金メダルを獲得して帰ってきました。
今度は競輪という舞台で恩返しができるよう金メダル(優勝)をとりたいと思います。

平原 康多選手
平原 康多選手

■グランプリに向けての意気込み
納得いく一年ではなかったですが、なんとかここまでたどりつきました。
最後は納得いくよう優勝目指して頑張ります。

■今年1年の振り返り
大きなケガはなかったが、試行錯誤してきたことがかみ合わず、
かみ合ったのは夏場の一時(オールスター)だけで、そこしかチャンスがなかった。

■今回10回目の出場となります。過去9回悔しい思いをしてきましたか。
だんだん神山(雄一郎)さんの気持ちがわかってきました(笑)。

■本番まではどのようなスケジュールですか
競輪祭の後は10日くらいオフにして、一回リセットしてから、
体を作り直しています。

■立川バンクの印象は
冬の立川はやっぱりバックの風や冷えとかが過酷なイメージではあります。

■車番についての印象は
8番車のイメージはそんなにないです。

■どんなレースがしたいですか
競輪祭終わり、メンバーが決まった時から
単騎を想定してトレーニングをしています。
レースでもここと決めた時に躊躇しない走りをしたいと思います。

村上 博幸選手
村上 博幸選手

■グランプリに向けての意気込み
今年もグランプリに出れてうれしく思います。
最高のメンバーと走れるので、悔いのないように全力で走りたいと思います。

■今年の1年を振り返り
今年もガムしゃらにやった一年。
ふりかえってみればGIIIでも安定した成績が残せましたし、
安定感のある一年ではあったと思います。
GI優勝してから疲れもでましたが、
今はしっかり計画通り練習ができています。いいと思います。

■グランプリ優勝は村上選手だけがしていますが、グランプリとはどういうものですか
ここを目標にするというのは競輪選手にとって一番大事なことです。
40歳にしてグランプリに出場できることになりましたので、しっかり自信をもって戦いたいです。

■立川バンクの印象は
立川は自分がグランプリをとった場所ですので、走りやすいイメージがあります。

■車番についての印象は
GIの決勝は5番車と7番車が多かったので、
自分としてはちょっと意外な感じです。

■どんなレースがしたいですか
脇本の後ろをしっかり追走できるよう集中して走りたいと思います。

★オッズパークへの登録はこちら!

オッズパークではインターネットで競輪の予想、投票、レース観戦をまるごと楽しめます。 入会費・年会費無料の会員登録をしていただけますと、予想情報やメールマガジンなどを無料でご利用いただけます!!
さらに、車券購入金額に応じたポイント還元や現金・豪華賞品が当たるキャンペーンなども随時実施中ですので、まだ登録がお済でない方は、この機会にぜひお試しください!!

新規会員登録(無料)

8回目を迎えるガールズケイリン年末の総決算、ガールズグランプリ2019の出場選手7名による共同記者会見が都内ホテルにて開催された。各選手、華やかな衣装で会場を彩るとともに、ガールズグランプリにかける熱い思いを語った。優勝賞金1000万円を手にするのはいったいだれか。
今年も大注目のガールズグランプリ2019は12月28日(土)16:30出走予定。

選手コメント

梅川 風子選手
梅川 風子選手

■今年一年を振り返って
1年通して大きな怪我なくこれたのがこの場にいられる要因だと思う。
去年のガールズグランプリは結果を出せなかったが、今年は優勝できるよう走りたい。

■立川バンクの印象
軽いバンクではないという印象だが問題ないと思う。

■車番について
1番車は嬉しいが外枠であったとしても自分には問題ないと思う。

■意気込み
地元でのガールズグランプリなのでベストを尽くしたい。

小林 優香選手
小林 優香選手

■今年一年を振り返って
今年1年国内の出走は少なかったが、ラストチャンスのガールズケイリングランプリトライアルを優勝してつかんだチャンスなので、しっかりものにしたい。

■立川バンクの印象
悪くないイメージです。

■車番について
黒が好きなので気分が上がりますし、車番を活かしてしっかりレースに臨みたいです。

■意気込み
4年ぶりのガールズグランプリとなり、このメンバーの中で勝ちたいという思いは一番だと思っている。
その思いをしっかり結果に繋げたいです。

児玉 碧衣選手
児玉 碧衣選手

■今年一年を振り返って
去年ガールズグランプリを優勝してメンタルが強くなったと思います。

■立川バンクの印象
立川バンクを走ったのは何年か前であまり覚えていない。
直線が長い、風が強い、重いとよく聞くが直前に走った武雄と似ていると聞いたのでしっかりイメージは出来ている。

■車番について
3番はあまり着ないんですが、赤色なので燃えます(笑)。

■意気込み
連覇がかかっているので絶対に優勝したいです。1年ケイリンでやってきたことをぶつけたいと思います。

石井 寛子選手
石井 寛子選手

■今年一年を振り返って
今年は18連勝、通算300勝達成、国民体育大会(茨城国体)での女子ケイリン優勝、ガールズケイリンコレクション名古屋ステージ・ガールズドリームレース優勝、通算取得賞金1億円突破と、色々な記録が作れた良い年だった。

■立川バンクの印象
立川バンクは難しくてマスター出来ていないので、小倉のトライアル終わってすぐに練習しに来ました。

■車番について
4番車は、、真ん中ですね(笑)

■意気込み
6年ガールズグランプリを走って1着から6着までとっている。
ということは(あとは7着)・・・とならないように頂点を目指します。応援よろしくお願いします。

石井 貴子選手
石井 貴子選手

■今年一年を振り返って
序盤は苦しんだが5月からは16連勝達成、7月のサマーナイトフェスティバル優勝と調子が上がってきた。
体調不良や怪我もあったが、ここまでやってこれたのは去年静岡での2着の悔しさがあったからだと思う。

■立川バンクの印象
出走回数は多くないが、タフになるだろうと思っています。

■車番について
特に印象ないですが、今回優勝すれば今後好きな車番になると思います。

■意気込み
今年は去年準優勝の悔しい思いを胸に走ってきたので、その思いをしっかりぶつけたいと思います。

佐藤 水菜選手
佐藤 水菜選手

■今年一年を振り返って
1レース1レースの反省をしっかりし、次のレースに繋げてきたことが今年の18連勝や18回の優勝に繋がったと思う。
今までの反省点を生かしてガールズグランプリを取るという強い気持ちで走りたい。

■立川バンクの印象
6月に、今年の目標としていた優勝10回を達成出来たバンクなので良いイメージです。

■車番について
内枠より外枠の方が気が楽に走れるので、遠過ぎず近過ぎずでリラックスして走れると思います。

■意気込み
初出場なので緊張するかと思うが、緊張せずに自分らしい走りを出来たらいいなと思います。

奥井 迪選手
奥井 迪選手

■今年一年を振り返って
今年は納得いくレースが少なく迷いがある1年だった。でもここにいられるのはしっかり1年走り抜いたからだと思うので、ガールズグランプリを走れるという意味を考えて走りたい。

■立川バンクの印象
走り慣れている地元バンクなので気持ちがすごく入ります。

■車番について
お客さん一番近い位置なので声援を力に変えて走りたいです。オレンジ色なので私も燃えます(笑)

■意気込み
今年は地元立川でのガールズグランプリを走ることを考えてやってきた。
そこで走れることを感謝をしたいですし、お客さんに魅せるレースをしたいです。

★オッズパークへの登録はこちら!

オッズパークではインターネットで競輪の予想、投票、レース観戦をまるごと楽しめます。 入会費・年会費無料の会員登録をしていただけますと、予想情報やメールマガジンなどを無料でご利用いただけます!!
さらに、車券購入金額に応じたポイント還元や現金・豪華賞品が当たるキャンペーンなども随時実施中ですので、まだ登録がお済でない方は、この機会にぜひお試しください!!

新規会員登録(無料)

KEIRINグランプリ2019特設サイト

KEIRINグランプリ2019

  • ■会見の様子
  • ■選手コメント

オッズパーク杯
ガールズグランプリ2019

  • ■会見の様子
  • ■選手コメント