レース展望・予想

【LOTO予想】8月2日発走より!★キャリーオーバー★(帯広競馬)

2020/08/02

本日メインは重賞レース。力上位2頭が有力だが、軽量馬も侮れない。絞れるレースがなく手広く狙いたい。

5R<先行有利>[買い目 1 4 6 3]
◎1、ヤマノセイウン 前走2着も好内容のレース。ここは3組での一戦で相手が楽になる。首位も十分。
○4、ニュータイキン 除外明けで割引は必要も、力を考えれば勝ち負けが可能な組み合わせ。無視できない。
▲6、ゴールデンペガサス 障害で膝を折った前走だが、立て直されてからは腰を入れてふた腰。斤量2度目のここは慣れが見込めるし、チャンスあり。
△3、ジェイカップ 前走の敗因ははっきりしないが、互角以上にやれる力は持っている。見限りは禁物。

6R<順当>[買い目 8 9]
◎8、アアモンドボルト 近2走は勝ち切れないレースが目立つが、相手が強化された中でも崩れず上位争いしている。2組となり相手が弱化したここは押し切りのチャンス。
○9、リュウセイペガサス 前走は終い伸び切れず6着も、基礎重量が増加された中でも障害はひと腰と、内容は悪くない。このメンバー相手なら力で見劣ることはない。上位狙う。

7R<上位拮抗>[買い目 6 2 1 3]
◎6、ニュクス 息を入れて追走した近2走は障害ひと腰。今回はA2クラスでの一戦。力上位で通るし、増量に対応できれば首位も狙える。
○2、ショウワノチカラ A1クラスで上位争いしている馬だけに、この中に入れば首位争いが可能だろう。デキも良く、警戒が必要。
▲1、レイワノダイマオー テンに置かれる面があるだけに、スムーズに流れに乗れるかカギ。追走で手間取らなければ差はない。
△3、キタノショウグン 相手が強化されてからも差のない走り。好調を維持しており、ここでもひと押し利けば圏内可能。

8R<難解>[買い目 7 5 1 2]
◎7、シンエイシルビア 障害ひと腰とはいかないが、止まってからの腰の入りは良化。ここは組み合わせ的にもチャンスがある。
○5、マタクルサ 前走しんがり負けも決勝で相手が揃っていただけに、仕方がない。この組み合わせなら見劣ることはないし、巻き返し可能。
▲1、ワンポイント この中に入れば登坂力は上位。終い踏ん張ることができれば押し切りも狙える。
△2、ホクショウムゲン 決め脚は強烈。実績も上位だし、ここも障害次第で首位争い可能。

9R<先行有利>[買い目 7 3 5 1]
◎7、ミントエース 昇級戦の前走も完勝。斤量にも慣れが見込めるし、この組み合わせなら連勝が狙える。
○3、ピンチハチャンス ここも力量差のない組み合わせ。前で流れに乗れそうだし、勝ち負けに加われる。
▲5、ヒカリファイヤー 課題の障害が良化し、レースぶりが安定。この組み合わせなら上位争い可能。
△1、キタノオージャ テンに置かれる面があるだけに、スムーズに流れに乗れるかがカギ。追走で手間取らなければ差はない。

10R<軽量馬注>[買い目 3 7 10 5]
◎3、キョウエイリュウ 久々もここ目標に調整されて仕上がり良好。トップハンデも力を考えれば克服可能。首位争い期待。
○7、コマサンダイヤ 前走の勝ちっぷりも良く、絶好調。増量にも不安なく、逆転も十分。
▲10、カイセドクター 限定戦の重賞と条件は厳しくなるが、今のデキと勢いならこの中に入ってもヒケを取らない。
△5、ダイナマイト イレネー記念で4着があるように力は見劣らない。670キロの斤量は魅力だし、要警戒。

11R<混戦模様>[買い目 10 8 1 6]
◎10、ゴールデンフジ 前走7着も、勝ち馬からは僅差。この馬の時計では走れているし、レースぶりは悪くない。この組み合わせなら上位。
○8、フナノダイヤモンド 課題の障害が良化し、復調気配が窺える。平場条件でこのメンバーが相手ならチャンス十分。
▲1、サダノワークス 決め手を欠く面はあるが、登坂力は上位。終い踏ん張れれば勝ち負け。
△6、カクセンキング 前走は久々に障害をひと腰。再度ひと腰でまとめれば上位争いが可能な組み合わせ。

オッズパークLOTOで投票する


※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

レース展望・予想一覧
 

ページ先頭へ↑

地方競馬予想情報

地方競馬ならオッズパーク競馬