みんなの地方競馬 Everybody's chihoukeiba

地方競馬攻略法

コース概要

全長1100mの小ぶりなサイズの競馬場で、直線距離も200mと短いため、直線勝負の追い込み馬は不利。コーナーもきつく、コーナーを使って追い込むことも難しい。白っぽい中国の砂を使っており、他の競馬場と能力がリンクしづらい馬場といえる。

距離別傾向と対策

900m

2歳戦とごく少数の下級条件戦で使用。2コーナー側のシュートから出て、最初のコーナーまで十分な距離がある。そのため馬番の有利不利は小さく、とにかくスピード能力がモノを言う。一度隊列ができるとそれをひっくり返すような結果にはなりにくく、とにかく先手必勝。

1300m

4コーナーの直線入り口からスタートして1周する競馬。馬番による有利不利は大きくはないが、極端な内枠と極端な外枠はやや割引。スタートダッシュのきく馬なら内枠でもよいが、控える形になると砂が深いラチ沿いを避けつつどのような位置取りを取るかが難しくなる。差しタイプでも、3コーナーまでにとりついて前を捕まえにいける馬ならば間に合う。

1400m

1300mからゲートが100m下がり、4コーナー側のシュートからスタート。他の競馬場と同様、100m伸びただけで逃げ切りは減り、差しや捲りが間に合うことが多くなる。馬番は、極端な外枠だけ避けたいところ。しかしスタートの良い馬ならばそれも克服できる。脚質による好走度合いのバランスもよく、佐賀のメインコースとして良くできている印象。

1750m

向正面なかほどからスタートしての1周半。内枠が有利というよりも外枠がやや不利。1回目の3コーナーに入る前に隊列ができあがらないと、いったん使った脚を無駄にする形で下げることになったり、外を回ることになってしまう。スタミナ不足の先行馬は最後脚が上がるので、差しタイプの実力馬はある程度余裕をもってしかけられる。

1800m

1750mのスタート地点からゲートが50m後ろに下がった形。1750mと1800mの使い分けがどういう基準によるものなのか、見ていてもよく分からないし、両者の傾向も近い。馬番別成績も位置取り別の成績も、1750mにかなり近い。逆に言うと、両者の行き来によってコース替わりによる穴は出にくいということだろう。

コース平面図

オッズパーク

コース数値表

●ダートコース数値表
1100m 200m 1m 900m、1300m、1400m、1750m、1800m

主な重賞競走

2月 佐賀記念(JpnIII)/8月 サマーチャンピオン(JpnIII)

佐賀競馬場案内
地方競馬ならオッズパーク