ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 帯広競馬場重賞レース一覧
  5. ドリームエイジカップ
  6. 2020年予想

ドリームエイジカップ

重賞

第11回 ドリームエイジカップ

  • 2020年11月29日(日)
  • 帯広:第11競走
  • 200m
  • 発走時間 19:25
  • キャンペーン
開催場
帯広競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

ドリームエイジカップ 直前予想

オレノココロは今季重賞で2着3回、3着1回と勝ち切れてないが、そのぶんハンデに恵まれた。相手関係も楽なだけに勝機は十分。4歳の銀河賞1着メムロボブサップ、2着アオノブラックも好勝負が可能。コウシュハウンカイはハンデを克服できれば上位争いが十分だろう。メジロゴーリキは北見記念を勝った大外枠からその再現なるか。昨年の勝ち馬アアモンドグンシンはどこまで状態が戻っているかがポイント。

ドリームエイジカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11ばんえいアアモンドグンシンセン5760小林長西将太
22ばんえいコウシュハウンカイ牡10790松井浩藤本匠
33ばんえいミノルシャープ牡6790大友人島津新
44ばんえいメムロボブサップ牡4770坂本東阿部武
55ばんえいオレノココロ牡10770槻舘重鈴木恵
66ばんえいキタノユウジロウ牡5760村上慎松田道
77ばんえいアオノブラック牡4760金田勇藤野俊
8ばんえいフナノクン牡7740西邑春船山蔵
89ばんえいブチオ牡7750今井茂舘澤直
10ばんえいメジロゴーリキ牡6770松井浩西謙一

ドリームエイジカップ 出走馬 短評

アアモンドグンシン 昨年のこのレースを4歳で勝利。今季初戦は大敗したが、6月の北斗賞で2着と好走。今回はそれ以来の実戦で状態面次第だろう。

コウシュハウンカイ このレースは過去4回挑戦して、16年の3着が最高。前走の北見記念は3着でも、トップハンデで直線一旦は抜け出す内容。引き続きハンデは厳しいが上位争いが期待できる。

ミノルシャープ 今季は北斗賞、旭川記念、ばんえいグランプリと古馬重賞を3連勝。その後3戦はすべてトップハンデで出走し大敗では、今回も苦しい。

メムロボブサップ 2歳二冠、3歳三冠を制し、そして4歳の今季も二冠を制覇。今回は初の年長馬相手の重賞だが、2着だった前走から15キロ増ならチャンスは十分だ。

オレノココロ このレースは15、18年と勝利し、昨年が3着。今季2戦目以降はすべて3着以内の好成績で、苦手な夏場を調整に充て11月の北見記念がタイム差なしの2着。当時と同じくトップハンデから20キロ軽いのは有利で、好勝負が必至だ。

キタノユウジロウ 昨年のこのレースが5着で、今季の旭川記念、ばんえいグランプリ、北見記念も5着。ここもひと押しが課題といえそうだ。

アオノブラック 世代限定重賞では2勝を挙げるなど大崩れはないが、北見記念では障害で転倒して大敗。しかし前走では障害ひと腰から3着と巻き返した。重賞でも700キロ台の重量だけに浮上の余地がありそうだ。

メジロゴーリキ 今季は大敗も多いが、北見記念を8番人気で勝利。続く前走は6着も、レースぶりは悪くなかったことから軽視はできない。

そのほか、フナノクンブチオが出走する。

ドリームエイジカップ 地方競馬専門紙 予想

勢いに乗るオレノココロの連勝期待

前走で久々の勝ち星を挙げて勢いに乗るオレノココロ。重賞とはいえ、700キロ台と軽量で多少時計は速くなりそうだが、前走の内容なら対応可能。斤量面でも有利な立場。連勝期待。メムロボブサップ、アオノブラックら4歳2頭が相手。実績上位コウシュハウンカイは斤量差を克服できるかがカギ。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 5→4 5→7 5→2 5→10 4→5 7→5
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ドリームエイジカップ 過去のデータ

ドリームエイジカップを予想しよう!