ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 帯広競馬場重賞レース一覧
  5. 黒ユリ賞
  6. 2020年予想

黒ユリ賞

重賞

第45回 黒ユリ賞

  • 2020年2月16日(日)
  • 帯広:第10競走
  • 200m
  • 発走時間 18:00
開催場
帯広競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

黒ユリ賞 直前予想

アバシリルビーはA級1組で牡馬相手に善戦しており、この条件なら世代女王の座を狙える。特別戦や重賞に実績があるニセコヒカルは重量増にも対応可能とみて2番手評価。地力強化がうかがえるアーティウィングや相手なりに走れるフォルテシモにも警戒したい。同世代の牝馬で最多6勝エンゼルフクヒメは障害次第でチャンスあり。先行しての粘り魅力のアヴエクトワを3連勝式の相手としてマークしておく。

黒ユリ賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11ばんえいキラリ牝3640谷あゆ村上章
22ばんえいニセコヒカル牝3640平田義赤塚健
33ばんえいアバシリルビー牝3640金田勇藤野俊
44ばんえいヒメトラマジック牝3640松井浩藤本匠
55ばんえいアヴエクトワ牝3640久田守鈴木恵
66ばんえいエンゼルフクヒメ牝3640小林長中山直
77ばんえいコウシュハハイジー牝3640大友人渡来心
8ばんえいアーティウィング牝3640坂本東西謙一
89ばんえいミスリオン牝3640坂本東松田道
10ばんえいフォルテシモ牝3640坂本東阿部武

黒ユリ賞 出走馬 短評

キラリ ここまで3勝を挙げ、5走前にはA級2組で2着と好走。しかし、その後はひと息という成績では、一気の重量増で相手強化となる今回は苦戦となりそうだ。

ニセコヒカル 前走A級4組勝ちというのはやや劣勢だが、ナナカマド賞(6着)、南北海道産駒特別(4着)ではともに牝馬最先着。その戦歴から重賞でも好勝負が期待できる。

アバシリルビー 新馬戦から2連勝で臨んだ白菊賞では3着。以降はA級1組で善戦傾向を示しており、前走の3着も上々で上位争いも十分だ。

ヒメトラマジック 白菊賞4着、いちい賞5着と牝馬オープンで善戦。2走前のA級4組では勝利を挙げたが、2組の前走で大敗という成績では少々厳しいだろう。

アヴエクトワ 白菊賞、いちい賞とも2着と牝馬同士なら力量上位。競走除外を挟んだ近2走はともに9着だが、4走前にA級1組を逃げ切った点は評価できる。

エンゼルフクヒメ いちい賞、釧路産駒特別と特別戦を2勝し、ヤングチャンピオンシップでは紅一点で5着と健闘。障害次第では釧路産駒特別で見せた末脚の出番がある。

アーティウィング 最近4戦ではすべて3着以内と地力強化がうかがえる。いちい賞は6着だったが、楽しみな重賞挑戦といえる。

フォルテシモ 白菊賞といちい賞はともに7着だったが、牡馬相手の釧路産駒特別で3着と健闘。その後も堅実に駆けており、前走2着の内容からも好勝負が期待できる。

そのほか、コウシュハハイジーミスリオンが出走する。

黒ユリ賞 地方競馬専門紙 予想

牝馬限定戦ならアバシリルビーの首位が期待できる

A1クラスで差のない走りを続けるアバシリルビーは牝馬限定なら実力上位。障害は安定しており、増量に不安はない。時計勝負にも対応できるし、首位期待。安定感抜群フォルテシモが相手となるが、好調アーティウィングも無視できない。障害次第ではエンゼルフクヒメにもチャンスがある。勢いに乗るニセコヒカルに注意。詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 3→10 3→8 3→6 3→2 10→3 8→3
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

黒ユリ賞 過去のデータ

黒ユリ賞を予想しよう!