ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 門別競馬場重賞レース一覧
  5. フローラルカップ
  6. 2020年予想

フローラルカップ

重賞

第20回 フローラルカップ

  • 2020年9月17日(木)
  • 門別:第12競走
  • 1,600m
  • 発走時間 20:40
開催場
門別競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

フローラルカップ 直前予想

マーサマイディアはフルールカップから600メートルの距離延長になるが、唯一の重賞勝ち馬で実績断然。重賞連勝へ。サブルドールは前走牡馬相手の重賞で大敗したが、牝馬同士なら巻き返しが濃厚。ケープホーンはメンバー唯一の内回り経験を生かせばチャンスあり。モリノオーシャンは地元馬同士なら見直せる。リリーカップ2着レディブラウンは距離延長を克服できれば出番がある。主戦の五十嵐冬樹騎手で臨むブルーカルセドニーまでを押さえておく。

フローラルカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11北海道ベットオール牝254.0田中淳宮崎光
22北海道ウエディングパーク牝254.0千葉津石川倭
33北海道レディブラウン牝254.0村上正松井伸
44北海道マーサマイディア牝254.0角川秀桑村真
55北海道ケープホーン牝254.0田中淳落合玄
66北海道サブルドール牝254.0田中淳服部茂
77北海道ティーズアレディー牝254.0小野望小野楓
8北海道モリノオーシャン牝254.0角川秀阿部龍
89北海道ハナウタマジリ牝254.0田中淳山本咲
10北海道ブルーカルセドニー牝254.0川島洋五十冬

フローラルカップ 出走馬 短評

レディブラウン 新馬戦を逃げ切ると、2戦目はマーサマイディアから2馬身半差の2着。前走リリーカップでも2着と牝馬同士なら地力上位で、距離延長でも好勝負が可能だ。

マーサマイディア 新馬戦と3走目の認定オープン戦を好時計で逃げ切ると、続くフルールカップを2番手から直線力強く差し切って通算3勝。距離延長でも、押し切る可能性は十分にある。

ケープホーン 内回り1500メートルの新馬戦を早め先頭から押し切って勝利し、続く1700メートルの認定オープン戦では中団から脚を伸ばして2着。内回りに戻る今回は脚の使いどころ次第でチャンスがありそうだ。

サブルドール 新馬戦を逃げ切ると、続く1700メートルの認定オープン戦では逃げ粘って2着と善戦。前走ブリーダーズゴールドジュニアカップでは8着も、相手緩和で反撃可能だ。

ティーズアレディー デビュー2戦目で初勝利を挙げ、オープンでも善戦傾向。一気の相手強化となった前走リリーカップでも4着を確保しており、流れに乗れれば浮上の余地がありそうだ。

モリノオーシャン 新馬戦を逃げて3馬身差で勝利すると、一気の距離延長となった続く認定オープン戦で3着と好走。前走はJRA遠征で6着だったが、地元馬同士なら見直しが必要だ。

ハナウタマジリ 初勝利はデビュー3戦目の1200メートル戦で、続く認定戦と連勝。しかし紅一点だった前走サッポロクラシックカップが最下位9着で、距離短縮で牝馬同士でも掲示板確保が精一杯だろう。

ブルーカルセドニー デビュー3戦目で初勝利を挙げて、続くオープンでの2戦は3、2着とともに善戦。前走リリーカップは8着に敗れたが、主戦の五十嵐冬樹騎手に戻る点は魅力だ。

そのほか、ベットオールウエディングパークが出走する。

フローラルカップ 地方競馬専門紙 予想

マーサマイディアが3連勝で重賞V2!

【結論】牝馬限定の内回り1600メートル戦。全馬この条件で走るのは初めて。波乱があるかも知れないが、ここは唯一の3勝馬で重賞ホース・マーサマイディアを狙いたい。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 4→5 5→4 4→3 3→4 4→6 6→4 4→8
 

※楽天銀行・すぐかえーる・住信SBIネット銀行会員の方はご投票いただけませんので、ご注意願います。
※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

フローラルカップ 過去のデータ

フローラルカップを予想しよう!