ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. ダートグレード競走一覧
  5. クラスターカップ
  6. 2020年予想

クラスターカップ

JpnIII

第25回 クラスターカップ

  • 2020年8月10日(祝月)
  • 盛岡:第10競走
  • 1,200m
  • 発走時間 16:45
  • キャンペーン
開催場
盛岡競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

クラスターカップ 直前予想

マテラスカイはやはり地方のダートだと割引が必要。先手を奪えても前走のように末脚が甘くなるかもしれない。勢い十分のヒロシゲゴールドだが、先手を奪えないと脆さがあるし、今回はマテラスカイとの兼ね合いがカギだ。ブルドッグボスは59キロの重量がどうか。トップウイナーは1200メートルでどのような競馬になるか。展開もカギで混戦模様だ。

クラスターカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11JRAヒロシゲゴールド牡554.0北出成藤岡康
22JRAアユツリオヤジ牡654.0村山明北村友
33浦和ブルドッグボス牡859.0小久智御神訓
44岩手サマニーセン754.0伊藤忍陶文峰
5JRAショーム牡554.0鈴木伸横山典
56岩手スティンライクビーセン854.0飯田弘内田利
7北海道メイショウアイアン牡1055.0田中淳落合玄
68北海道ブラゾンドゥリスセン855.0小野望高松亮
9JRAマテラスカイ牡655.0森秀行武 豊
710岩手ミスティカル牡554.0新田守山本聡
11岩手ツルオカボルト牡954.0瀬戸幸菅原辰
812JRAトップウイナー牡454.0鈴木孝和田竜
13岩手シャドウパーティーセン1154.0三野通高橋悠

クラスターカップ 出走馬 短評

************
JRA所属馬短評
************
ヒロシゲゴールドは昨年の本競走で2着と好走。1着ヤマニンアンプリメ、3着コパノキッキングという強いメンバーが相手だった。今年は前走の京葉ステークスを逃げ切って勝利と勢いもある。

アユツリオヤジは3走ぶりにダートに戻ってきた。ダートは3勝クラスで頭打ちの感があるので、この選択はどうか。

ショームは前走の北海道スプリントカップJpnIIIが8着。1200メートルの重賞だと忙しい印象だ。

マテラスカイは前走の北海道スプリントカップJpnIIIが2着。好スタートを決めてすんなりとハナを取り切ったが、最後に勝ち馬と3着馬に一気に迫られた。実績的には勝たなければいけない相手のはずで、やや不満が残る結果ではある。

トップウイナーは前走のプロキオンステークスGIIIが5着。サンライズノヴァやエアスピネルの末脚が決まったレースで、前へ行った馬にとってはやや厳しい展開だったか。逃げた3番人気のラプタスが6着に敗れて、2番手追走のこの馬が5着だった。内容的にはある程度評価できると言えるだろう。今回は初の盛岡1200メートルへの対応がカギになる。

*************
地方所属馬短評
*************
実績・地力上位はブルドッグボス(浦和)だが、今回は重量が59キロ。この点が最大のポイントになる。

クラスターカップ 地方競馬専門紙 予想

負けられない!マテラスカイ

【中央所属馬の評価】 マテラスカイはオープン入り初戦だった一昨年のプロキオンS(G3)をレコードで圧勝。ダート1400mのJRAレコードを叩き出し、ダート界最速の称号を得たが、実はそこから2年間勝ち星を挙げていない。詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 9→12 9→5 9→1 9→7 9→3
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

クラスターカップ 過去のデータ

クラスターカップを予想しよう!