オッズパーク地方競馬応援プロジェクト「HOT NEWS!!」 Oddspark×greenFarm

シュダイカ(Shudaika)

シュダイカ
性・毛色 牝・芦毛
生年月日 2014年2月17日
クロフネ
テーマソング(BMS:ジャングルポケット)
生産 前谷武志
繋養地 佐賀・東眞市厩舎
馬名の由来 主題歌。母名より連想

コメント一覧

2017年3月24日

4月1日(土)佐賀・スプリングスター特選(ダ1400m)に出走の予定。3月24日、東調教師は「前走後も変わりなくきています。続けて使ってきていますので、月曜日に15−15でサーっと流す程度でレースに向かいたいと思います」とのこと

※グリーンファーム愛馬会ホームページより転載

2017年3月18日

3月12日(日)佐賀・ホープフルカップ(3歳2組・ダ1400m)に倉富騎手で出走。馬体重は3キロ減の460キロ。ブリンカーを着用して落ち着いた様子でパドックを周回。馬体も絞れて状態は引き続き良さそう。気合いを面に出しながらダートコースへ。レースでは、好スタートも、内の馬を行かせて2番手からの競馬。逃げ馬をマークするように2番手で1〜2コーナーを周り向こう正面を通過。3コーナーで逃げ馬に並びかけ、先頭で4コーナーを周り直線へ。粘り込みを謀るが外から交わされと脚色が鈍ってしまい3着。レース後、倉富騎手は「今日は2番手から競馬をさせましたが、逃げた時と比べて、耳を絞って行きっ振りがいまひとつでした。直線で交わされると、馬が自らハミを外してしまいました」とのコメント。また東調教師は「2番手からでも競馬はできると思っていましたが、やはり思いきって逃げさせた方が良さそうです。引き続き使っていきたいと思いますが、長い距離の重賞になるのか、1400に使えるのかどうかは、賞金的にギリギリのところになりそうです」とのこと。
3月17日、東調教師は「レース後も問題ありません。次走は4月8、9日の開催を予定しています。恐らく牝馬限定の重賞ルプランタン賞には選出されないと思いますが、その開催の特別戦も長い距離になります。この開催までは距離を選べませんが、その次の開催からは同条件に、長めと短めの距離が組まれる予定ですので、そこからは1400mを中心に使っていければと考えています」とのこと。
3月18日、東調教師は「番組を調べたところ4月1日(土)にスプリングスター特選(ダ1400m)が組まれるようなので、そのレースを目標にしたいと思います」とのこと。

※グリーンファーム愛馬会ホームページより転載

2017年3月10日

3月12日(日)佐賀・ホープフルカップ(3歳2組・ダ1400m)に倉富騎手で出走の予定。10日、東調教師は「追い切り後も順調にきていて状態は良さそうです。外目の枠に入りましたので、場合によっては逃げにこだわらず2番手からでもと思っています。メンバー的にも、好勝負できるのではと期待しています」とのこと。

※グリーンファーム愛馬会ホームページより転載

2017年3月6日

週末の出走に向け調整中。3月6日、東調教師は「本日出走に向け15−15の調整を行いました。引き続き順調にきています。本日の出馬申し込みで、重賞ではなく、1400の特別戦に出走することになりました」とのことで、3月12日(日)佐賀・ホープフルカップ(3歳2組・1400m)に出走の予定。

※グリーンファーム愛馬会ホームページより転載

2017年3月3日

3月1日、東調教師は「名古屋の若草賞には残念ながら選定されませんでした。そのため次走は佐賀で使おうと思いますが、今の感じなら次走は3月12日(日)佐賀・ホープフルカップ(3歳2組・1400m)になりそうです」とのこと。 3月3日、東調教師は「賞金の関係で次走は、重賞の古伊万里賞(ダ1800m)ではなく、ホープフルカップ(3歳2組・1400m)になると思いますが、正式には週明けにはっきり決まります。月曜日に15−15程度を乗ってレースに向かう予定です」とのこと。

※グリーンファーム愛馬会ホームページより転載

2017年2月24日

2月19日(日)飛燕賞(S1・ダ1800m)に出走し5着。24日、東調教師は「レースの疲れもなく、脚下も問題ありません。まだ選出されるかどうか分かりませんが、距離のことも考えて、名古屋の若草賞に出走させたいと考えています。来週には出られるのかどうかはっきりすると思うのですが」とのことで、出られれば3月16日(木)名古屋・若草賞(3歳牝馬・GDJ・ダ1400m)に向かう予定。

※グリーンファーム愛馬会ホームページより転載

過去の成績

  • 総合成績
  • 条件別成績
  • 出走履歴

VICTORY

Coming Soon

'16/8/7 初優勝

地方競馬ならオッズパーク