著名人予想情報

   

著名人のレース予想

KEIRINグランプリ2018
予想印
選手名
枠番 1 2 3 4 5 6
車番 1 2 3 4 5 6 7 8 9
    ×    
  ×      
×        
           
             
         
    ×    
    ×    
    ×    
      ×  
    ×    
      ×  
      ×  
      ×  
  ×      
車番 1 2 3 4 5 6 7 8 9
佐々木昭彦氏
佐々木昭彦氏のKEIRINグランプリ予想
勢いを止められない脇本雄太の押し切り

東京オリンピックでメダルを目指す近畿の3脇本雄太はナショナルチームのコーチ、フランスのブノアコーチと出会い、練習方法、食事管理、精神面のすべてにおいて大きな成長があった。そして何度挫折を味わっても曲げなかった先行への強い信念が、今年ついに花開き、オールスター競輪、寛仁親王牌のGI連覇という快挙を成し遂げた。今回も脇本の異次元の先行力に期待している。近畿の並びは4車連携となったが、脇本の番手 三谷は直前の広島GIIIでは自力に徹し、優勝戦でも松浦悠士に優勝をもたらす好走をみせた。調子は良いだろう、状況次第では差しもある。
新田祐大や平原康多、それに初出場の清水裕友がレースをかき回せば、レース巧者 浅井康太の2連覇もある。

【フォーカス(買い目)】
3連単
31→13→2479(8点)
3→2467→2467(12点)
2→3478→3478(12点)

【佐々木昭彦氏:プロフィール】
1960年生まれ。佐賀県武雄市出身。1979年デビュー(第43期)。通算535勝、高松宮記念杯競輪(GI)優勝2回、全日本選抜競輪(GI)優勝、GIII記念杯優勝49回の戦績を残し、中野浩一、井上茂徳とともに九州黄金時代を築いた競輪界のレジェンド。ライバルは現日本競輪学校校長の滝澤正光。その気迫あふれる姿から『闘将』の異名を冠し、全国のファンから親しまれ愛された。2011年の引退後は、自転車競技連盟の理事として選手の強化育成の他、解説者やゲストとして競輪中継や番組にも出演している。

橋本悠督氏
橋本悠督氏のKEIRINグランプリ予想
近畿ワンツー濃厚だが、近畿に綻びがあるならば…新田に。

今年競輪界を席巻した3脇本と1三谷。特に脇本の驚異的なスピードと粘りは競輪界NO1!これは誰の目にも明らかだろう。たとえGPであろうとも気前よく先行するのは間違いないだろうし、そこに他の選手が真っ向力勝負にいくとするならば、玉砕覚悟でいかねばならない。クレバーな7平原がそんなレースをすることは考えられないし、打倒近畿を目指すなら、早めにインを斬って近畿ラインのどこかに飛びつきにいくしかないのでは?理想は番手だが、1三谷も競り合いが強い上に、脇本の番手に飛び付こうと思ったら平原も相当早めに踏み上げていかねばならない。飛び付きにいって、近畿分断に成功しても競り合っている間に千切れてしまうリスクもある。それでも、じっと指を咥えて近畿4車に主導権を与えるわけにはいかないだろう。ただ、平原が番手に飛び付きにいった流れの中で、近畿3番手の9村上義が離れて、平原がそこにはまっている可能性はあり得る。その場合は平原の絡みを少し。全ては平原次第。それによって2浅井や6清水、更には8武田までチャンスが生まれてくるだろう。何もなかった単調なレースならば、1三谷ー3脇本からの3連単。ここを厚めに。平原が近畿をかき乱すなら、2浅井、6清水、8武田の絡みだが、もつれた時には、やはり4新田が飛んでくる車券は押さえておきたい。国内でのレース間隔が空きすぎて、全く調子の善し悪しが読めないが、昨年見せたあのスピードなら、捲り切りまであるのでは?

【フォーカス(買い目)】
3連単
1 ⇒ 3 ⇒ 7268(4点)
34 ⇒ 34268 ⇒ 34268(24点)

【橋本悠督氏:プロフィール】
1972年5月17日生。関西・名古屋などでFMのDJを経て、競輪の実況アナウンサーへ。実況歴は17年。最近はミッドナイト競輪in小倉を中心に活動中。番組内では「芸術的なデス目予想」といういいのか悪いのかよく分からない評価を視聴者の方から頂いている。

須田鷹雄氏
須田鷹雄氏のKEIRINグランプリ予想
グランプリはあくまでスジ違い+波乱狙いで

近畿4車が結束で、他にラインができるのは実質的に先行の選択肢がない関東の2車だけ。常識的に考えれば逃げイチからの最大三段駈けまである近畿が圧倒的に有利だが、波乱が多くごちゃついた展開になることがほとんどで、しかも落車もよくあるグランプリですんなりの車券を買いたくはない。ミエミエの展開をなんらかの方法で防ぎに行くのは関東の2人で、勝つのは漁夫の利を得る形での単騎3者のいずれかと想定。○浅井と迷ったが、◎新田に賭ける。競技メインできたことで逆に、ここで一定以上のコンディションが期待できるとも考えられる。勝つパターンでは3着総流し、あと2着で相手がシルシ圏内という買い目。

【フォーカス(買い目)】
3連単
4 ⇒ 1,2,7,9 ⇒ 全(28点)
1,2,7,9 ⇒ 4 ⇒ 1,2,7,9(12点)

【須田鷹雄氏:プロフィール】
1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も 手掛ける

山崎弘也氏
山崎弘也氏のKEIRINグランプリ予想
ザキヤマ世代がくるぅ~!!

実力伯仲でだれが勝ってもおかしくないのがKEIRINグランプリ。
ザキヤマ現在42歳ということでアラフォー選手にアラフォーのチカラを見せつけていただきたいと思います!
圧倒的な存在感をもつ村上義弘パイセンのスピード、兄弟でワンツーを狙っていると思われる弟の村上博幸ハイコウ、そして破壊力が半端ない武田豊樹パイセン。
若い選手には負けない技術を見せつけて上位独占を期待できるぅ~!

【フォーカス(買い目)】
3連単
895 ⇒ 895 ⇒ 895(6点)

【山崎弘也氏:プロフィール】
埼玉県春日部市出身。1994年お笑いコンビ「アンタッチャブル」を結成。2004年「M1 グランプリ」優勝。

蛍原徹氏
蛍原徹氏のKEIRINグランプリ予想
兄弟ワンツー決着に期待

同じ関西出身で兄弟で活躍されている村上義弘選手、村上博幸選手を推します。
ベテランの走りで兄弟ワンツー決着に期待します。

【フォーカス(買い目)】
2連単
95⇔ 95 (2点)

【蛍原徹氏:プロフィール】
大阪府門真市出身。お笑いコンビ雨上がり決死隊のツッコミ担当。愛称はホトちゃん。 12月23日(日)20:30~21:00 BS11で放送予定の競輪特番 チャベリバ ~オトナノレジャー~ にて競輪デビュー。

井上薫氏
井上薫氏のKEIRINグランプリ予想
世界の足脇本に誰がいどむ?

近畿4車になった事で、単調なレースになる。脇本の先行1車なのか。
かと言って他の選手が番手勝負に行っても優勝はない。
ただ、若手で、初グランプリの清水が10月の寬仁親王牌で初G1優出で脇本相手に3番手あるにも、先行勝負にでた。
単騎で同じレースをするのか見ものだが、いずれにせよ、脇本がラインの長さ、レースの展開、スピード、力、どれを取っても、一番有利。不動やなぁ。

【フォーカス(買い目)】
3連単
31 ⇒ 31 ⇒ 927(6点)
3 ⇒ 2 ⇒ 67(2点)
3 ⇒ 7 ⇒ 82(2点)

【井上薫氏:プロフィール】
大阪府出身。元競輪選手。現在は競輪解説者、競輪評論家として活躍中

岡本新吾氏
岡本新吾氏のKEIRINグランプリ予想
平成最後のKEIRINグランプリキング

平成最後の2018年KEIRINグランプリは、今年、自転車競技と競輪の2刀流でオールスター・寛仁親王牌を2連覇し、外国人選手並みのハイスピード先行で圧倒的な強さを魅せた脇本を中心に、鉄壁の近畿カルテットが結束してレースを戦い、平原と武田の黄金コンビが立ち向かいます。後半レースの小倉競輪祭を7年ぶりに優勝した浅井が変幻自在に蝶のように舞いグランプリ2連覇を虎視眈々と狙っています。新田の異次元パワーは、破壊力抜群です。今年彗星の如く急上昇してS級上位に成長した清水も自力で初出場初優勝を狙います。レース展望は、近畿カルテットの先頭を走る脇本が1周半先行か4コーナーからのロング捲りで三谷とのゴール勝負です。平原が先行を含め前々から運び、自在戦で戦います。浅井は内・外の鋭い追い込みです。清水は位置取り高速捲りです。

【フォーカス(買い目)】
3連単
31 ⇒ 31 ⇒ 627(6点)
6 ⇒ 3 ⇒ 12(2点)
2 ⇒ 3 ⇒ 16(2点)

【岡本新吾氏:プロフィール】
和歌山県出身。元競輪選手。現在は和歌山競輪アドバイザー、競輪解説者として活躍中

竹之上次男氏
竹之上次男氏のKEIRINグランプリ予想
去年を思い起こす

去年は周りの競輪ツウにグランプリについて話を聞くと、皆が口を揃えて新田選手の名前を挙げた。それだけファンから注目されると、他の選手からも当然マークされる。実際、昨年は思ったようなレース運びをさせてもらえなかったように見えた。今年はというと…

「近畿のラインが強力!」
「三谷が絶好ポジション!」
「村上兄弟を勝たせるために若手が駈ける!」
「いや、村上兄弟が若手のために身体を張る!」

など、話題は近畿ライン一色。

おいおい、新田はどないしたん?もう見限ったん??そりゃ、競輪はラインが重要で、しかも厚い4人のラインに単騎で立ち向かうのは厳しいのは分かります。でも、何が起こるか分からないのがグランプリ。固い結束も、最後の最後に綻びが出る!そこを突くのが新田祐大!!

と言いながら、車券は新田選手を軸に、近畿の4人を中心に2着流し!やっぱり勝つのは近畿勢かも(^^;)

【フォーカス(買い目)】
3連単
1359 ⇒ 4 ⇒ 123579(20点)

【竹之上次男氏:プロフィール】
1970年生まれ。園田競馬実況アナウンサー、(有)ダート・プロダクション所属。

競輪小僧氏
競輪小僧氏のKEIRINグランプリ予想
近畿王国絶対有利の盤石四車に攻めこむのか!?

KEIRINグランプリ2018。本命党の方々はGPが待ち遠しくて仕方ないのではないでしょうか。今の③脇本は競輪界で一番強い!①三谷の追走技術ならピッタリマーク!誰もが分かっているのに性格が曲がっているせいでしょう。そんなすんなり決まるGP何てあるのか。疑って穿って見てしまう。競輪祭を観れば一目瞭然。③脇本は自信に満ち溢れている為に仕掛けをミスしない。イン粘り、飛び付きの隙を与えない。今の③脇本を交わせるのは①三谷しかいない。1-3-9だ。と、何度考えたことでしょう。ライン独占だけは許さない。⑦平原の競輪道を刮目させて頂く。寬仁親王牌初日に布石は打っている様に、中断を確保しても捲るのは至難の業。分断策に動く。飛び付き獲り切る。隊列が短くなり車間が詰まれば超大捲りの④新田祐GP捲りを拝ませて頂く。

【フォーカス(買い目)】
3連単
4 ⇒ 23 ⇒ 2367(6点)
23 ⇒ 4 ⇒ 2367(6点)
1 ⇒ 3 ⇒ 9(1点)

【競輪小僧氏:プロフィール】
千葉県松戸市出身。世界で唯一の競輪芸人として、全国の競輪場イベントや予想会などで活躍しており競輪ファンにはなじみが深い。

山口みのり氏
山口みのり氏のKEIRINグランプリ予想
近畿の結束

今年の競輪界をリードした近畿4選手が並ぶということは、やはり先行は脇本雄太選手。その強い脇本選手を2回も差している三谷竜生選手が大本命です。KEIRINグランプリは単調なレースも多いため近畿の上位独占が本線と考えました。
そこに割って入ってくるのは、3度目のグランプリ優勝を狙う浅井康太選手が直近GI優勝ということで有力。
勝負の経験からすれば関東の2選手も連には絡んできそう。脇本選手の番手がもつれれば、平原康多選手の初グランプリ優勝もあるのではないでしょうか。

【フォーカス(買い目)】
3連単
13 ⇒ 13 ⇒ 2459(8点)
2 ⇒ 346 ⇒ 1346(9点)
7 ⇒ 238 ⇒ 12389(12点)

【山口みのり氏:プロフィール】
三重県松阪市出身。フリーアナウンサー。現在は取手競輪中継司会、松戸競輪リポーターをメインに各競輪場で活動中。

AKI氏
AKI氏のKEIRINグランプリ予想
脇本雄太選手の脚に期待します!

本命は脇本選手。今年はGI連覇と活躍が目立っています。しかし、3連続Vを狙った競輪祭は推しくも2着。この借りはグランプリで返すと予想。好調の1年を最高の形で締めくくりそうです。
対抗は近畿ラインの三谷選手と競輪祭覇者の浅井選手に。
三谷選手は脇本選手についての2着予想で、浅井選手は単騎で割って入ってくると予想します。もちろん、浅井選手は優勝もあり!
そして、新田祐大選手にも注目。今年はインドネシアで行なわれたアジア競技大会で銀メダルを獲得。ここは連に絡めておきたいです。平原選手も予想にいれたいところ…結局のところ皆さん気になりますね!笑

【フォーカス(買い目)】
3連単
3 ⇒ 12 ⇒ 1247(6点)
2 ⇒ 3 ⇒ 147(3点)

【AKI氏:プロフィール】
福岡県宗像市出身のタレント。福岡でテレビ番組やイベントMCなどで活躍中。飯塚オート3代目「勝利の女神」。飯塚オートでは、AKIのAKIらめない予想やバスツアーなどを開催。川口オート、伊勢崎オート、浜松オート、山陽オートでもイベント出演中。

大関隼氏
大関隼氏のKEIRINグランプリ予想
平塚ダービーの再現にはならない

近畿が4車結束、しかも先頭が③脇本。近畿以外にGPタイトルが渡る事だけは避けたいはずで、多少早仕掛けでも宣言通り先行に専念だろう。当然、今年GI2勝と同じ番手絶好の状況を期待できる◎①三谷、脇本が早めに引っ張るその展開なら○⑨村上義までアタマの可能性は十分。
近畿以外でアタマまで、となれば位置取り関係なく脚力で捲って来られる▲④新田だろうか。ただ、ラインで決まらない、縺れるのがGPの歴史である以上、ここでも平塚ダービーの再現とは思えない。点数を増やしてでも車券を捻りたい。
2着候補からあえて近畿4番手の⑤村上博を外し、近畿ワンツーが決まらない可能性も十分と踏んでの組み立て。単騎△②浅井や×⑦平原まで入れて、3着はより手広くする。③脇本はこの並びで抑え先行するとは思えない。元々GPとは先行した選手の残り目が少ないレースでもあるし、フォーカスに入れずに車券を買うことにする。

【フォーカス(買い目)】
3連単
194 ⇒ 19427 ⇒ 19427568(72点)

【大関隼氏:プロフィール】
07年ラジオNIKKEI入社。09年京王閣グランプリ観戦をきっかけに、独学で勉強を始め競輪ファンに。

森松さやか氏
森松さやか氏のKEIRINグランプリ予想
『幸せ配達人』から『幸せおすそ分け人』へ…

前夜祭で並びの発表がありました。近畿は並ぶのか、別線なのか…というのが誰もが気になっていたところだったと思います。正直③脇本雄太選手と⑨村上義弘選手の対決が見てみたいという思いもありました。でも「今年の競輪をもりあげてきたのは三谷と脇本。僕がそれを崩すわけにはいかない」という⑨村上義弘選手の言葉をその場で聞いた私は涙を抑えるのに必死でした。そんな想いで固められる近畿ライン、負けるわけにはいきません。元々ラインを大切にする③脇本雄太選手ですから、誰よりもその気持ちを受け止めながらのレースになるでしょう。もういいでしょう、勝っても!幸せはさんざん配ってきました!サンタさんでもそれだけ配らないかもよ?っていうぐらい配ってきました。プライベートで幸せを掴んだ③脇本雄太選手、競輪でも幸せ受け取りましょう!対抗は今年何度も③脇本雄太選手とワンツーをきめてきた①三谷竜生選手で。

【フォーカス(買い目)】
3連単
3 ⇒ 1 ⇒ 2679(4点)
3 ⇒ 2679 ⇒ 1(4点)
1 ⇒ 3 ⇒ 2679(4点)

【森松さやか氏:プロフィール】
大阪府出身。岸和田競輪初心者ガイダンスコーナーアシスタント、競輪キャスターとして活躍中

いちのめぐみ氏
いちのめぐみ氏のKEIRINグランプリ予想
今年は脇本雄太選手の年!

2018年のG1戦線を振り返ってみると、どうしても③脇本雄太選手の先行逃げ切りでのGP制覇を期待せざるを得ません!注目された近畿勢の並びは4車結束でした。ということは益々その可能性が現実味を帯びてくるのではないでしょうか。
そこを打ち破るとしたら…
GP連覇のかかる②浅井康太選手!競輪祭の記憶もまだ新しいですが、続いて優勝した地元四日市記念決勝、最終ホーム絶体絶命の位置からの凄まじい捲りを本場で見ることができ、鳥肌が立ちました。今回は単騎ですが、そのこともまた、何でもできる浅井選手の魅力を更に引き立てることでしょう。
⑦平原康多選手と⑧武田豊樹選手の関東ラインの作戦、今年G1初出場から一気にGP出場まで駆け上がった⑥清水裕友選手の戦いも注目です。

【フォーカス(買い目)】
3連単
13 ⇒ 13 ⇒ 23679(10点)
2 ⇒ 13 ⇒ 137(4点)

【いちのめぐみ氏:プロフィール】
競輪場にてMC、岐阜競輪初心者ガイダンスアシスタントとして活躍中

星野めぐみ氏
星野めぐみ氏のKEIRINグランプリ予想
グランプリといえば高配当の流れ!!

ここは脇本選手=三谷選手で固く決まるのか。過去のグランプリからみると結果は高配当が続いていますね。となるとここを切り崩してくる選手が…。真っ先に浮かんだのが平原選手。前夜祭でインタビューしてみると「とにかくキンキがすごいので臆することなくレースに挑みたい」とのことでした。ただ過去の大舞台では競り勝っても着には繋がっていないことが多いんですよね。そして、次の候補の浅井選手は「何も考えていません」と浅井選手らしい答えでした。いずれにしてもすんなり行かなさそうな近畿勢。でも、そんな時こそ、この人を忘れてはいけません。村上義弘選手です。今年はSSを離れた一年でしたが、やっぱり村上選手だな~と言う走りを見せてくれました。その事を聞いてみると「年齢的に厳しくなってきたけれどトップを目指すのに年齢を気にしていたらダメだと思い、レースもネガティブにならずに挑もうと言う気持ちで走りました」キンキの3番手、位置的には厳しいけれど2018年の最後も「やっぱり村上選手だな~」と言う走りを見せてほしいですね。ちなみに村上選手が選んだ9番車はGPの出目です。

【フォーカス(買い目)】
3連単
9 ⇒ 12537 ⇒ 12537(20点)

【星野めぐみ氏:プロフィール】
大阪府出身。タレント、アナウンサー、競輪キャスターとして活躍中

★オッズパークへの登録はこちら!

オッズパークではインターネットで競輪の予想、投票、レース観戦をまるごと楽しめます。 入会費・年会費無料の会員登録をしていただけますと、予想情報やメールマガジンなどを無料でご利用いただけます!!
さらに、車券購入金額に応じたポイント還元や現金・豪華賞品が当たるキャンペーンなども随時実施中ですので、まだ登録がお済でない方は、この機会にぜひお試しください!!

新規会員登録(無料)

著名人のレース予想

オッズパーク杯
ガールズグランプリ2018
予想印
選手名
車番 1 2 3 4 5 6 7
    ×  
  ×  
    ×
       
         
     
×    
×    
×    
    ×
    ×
     
×    
×    
    ×
  ×  
車番 1 2 3 4 5 6 7
佐々木昭彦氏
佐々木昭彦氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
梅川風子の度胸に期待したい

2梅川は112期生。卒業記念を制しデビュー以来10回優勝、競輪祭ガールズグランプリ2018トライアルを制しグランプリの切符を勝ち取った。
スピードスケートで鍛え上げた体と、ここ一番の度胸にも期待し、私は2梅川を本命視する。
これに磨き上げたスピードと安定感も抜群の1児玉を対抗とし、4石井貴子の自在の動きも注視する。
穴目は力強い伸びがある6鈴木。地元開催のグランプリはプレッシャーもあるだろうが、地元のファンの皆様の声援はきっと大きな力となって鈴木を後押しするだろう。

【フォーカス(買い目)】
3連単
21→12→345(6点)
26→62→234(6点)
16→61→457(6点)

【佐々木昭彦氏:プロフィール】
1960年生まれ。佐賀県武雄市出身。1979年デビュー(第43期)。通算535勝、高松宮記念杯競輪(GI)優勝2回、全日本選抜競輪(GI)優勝、GIII記念杯優勝49回の戦績を残し、中野浩一、井上茂徳とともに九州黄金時代を築いた競輪界のレジェンド。ライバルは現日本競輪学校校長の滝澤正光。その気迫あふれる姿から『闘将』の異名を冠し、全国のファンから親しまれ愛された。2011年の引退後は、自転車競技連盟の理事として選手の強化育成の他、解説者やゲストとして競輪中継や番組にも出演している。

橋本悠督氏
橋本悠督氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
力は児玉で断然!!波乱があるなら尾崎の一発か!

なかなか獲れないという周囲からの声をはねのけて、今年いわき平で初のコレクションを制した1児玉。一つ、目標を達成したその後は気持ちに余裕が生まれたのか小倉で行われたトライアルも優勝し、注目を集める大舞台でもその力を存分に発揮している。そういった意味で、今のガールズケイリンは児玉中心の流れだし、今年のGGPは先行女王、奥井が不在。誰が勇気を持って逃げるレースになるのかは読みにくい。初登場の2梅川や5高木が逃げる可能性も考えられるが、この大舞台で奥井ほど腹を括って勝負できるかは微妙。ならば、児玉は過去、奥井と対戦した時のように先行争いの消耗戦を恐れて仕掛けのタイミングを逸することもないだろう。児玉お得意のカマシが打てるチャンスは必ずあるとみて。新幹線こだまなら、静岡もしっかり停まるんです!!昨年チャンピオンの3石井寛子は小倉でのトライアルを見る限り動きが重かった上に、思惑通りの位置が取れるかどうかは微妙。むしろ位置取りとタテ脚のバランスを考えるなら現在4石井貴子の方が上なのでは?そして侮れないのが地元の6鈴木。初の夢舞台が地元という、大歓声を力に変えて!あと、大穴は小倉のトライアルでもの凄い末脚を見せた7尾崎。2梅川や5高木がレースを早めに動かして、1児玉が叩き切るのに手こずった場合は、大外一気に飛んでくるところは少し押さえておきたい。

【フォーカス(買い目)】
3連単
1 ⇒ 467 ⇒ 4673(9点)
7 ⇒ 146 ⇒ 1463(9点)

【橋本悠督氏:プロフィール】
1972年5月17日生。関西・名古屋などでFMのDJを経て、競輪の実況アナウンサーへ。実況歴は17年。最近はミッドナイト競輪in小倉を中心に活動中。番組内では「芸術的なデス目予想」といういいのか悪いのかよく分からない評価を視聴者の方から頂いている。

須田鷹雄氏
須田鷹雄氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
いまの勢いならアタマはこの選手

◎児玉の勢いが素晴らしい。このところ参加した開催ではほとんど優勝。唯一決勝2着だった10月の伊東も早くから駆けて高木の捲りは封じ、石井寛には差されたもののそれでも2着は確保している。よほど早いタイミングで先行したり、逆にインに押し込められたままというような展開にならない限り、ここも優勝濃厚と見る。2着候補はレース運びの上手い○石井寛、▲石井貴に、小倉でそれに先着した△梅川。3着候補には×尾崎も。

【フォーカス(買い目)】
3連単
1 ⇒ 2,3,4 ⇒ 2,3,4,7(9点)

【須田鷹雄氏:プロフィール】
1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も 手掛ける

山崎弘也氏
山崎弘也氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
春日部パワー炸裂ぅ~!!

今年も前年度覇者の石井寛子選手、実力者高木真備選手、最高勝率の児玉碧衣選手など目移りするメンバーですね~。
ザキヤマ的には、埼玉県春日部市出身の石井選手を全力応援します!そう、春日部はザキヤマを生んだ町。
春日部人のパワーが計り知れないことは春日部人なら周知のこと!
昨年のように得意の外差しで決めてくれることを期待して石井選手1着で勝負しちゃいますよ!

【フォーカス(買い目)】
3連単
3 ⇒ 5 ⇒ 7(1点)
3 ⇒ 7 ⇒ 5(1点)
3 ⇒ 5 ⇒ 1(1点)

【山崎弘也氏:プロフィール】
埼玉県春日部市出身。1994年お笑いコンビ「アンタッチャブル」を結成。2004年「M1 グランプリ」優勝。

蛍原徹氏
蛍原徹氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
本命は選考順位1位の児玉碧衣選手

今年の競馬はアーモンドアイのような本命牝馬が来る年です。
なので本命は選考順位1位の児玉碧衣選手を推します。
対抗は静岡競輪場での開催ということで、地元の鈴木美教選手に期待します。

【フォーカス(買い目)】
2連単
1 ⇒6(1点)

【蛍原徹氏:プロフィール】
大阪府門真市出身。お笑いコンビ雨上がり決死隊のツッコミ担当。愛称はホトちゃん。 12月23日(日)20:30~21:00 BS11で放送予定の競輪特番 チャベリバ ~オトナノレジャー~ にて競輪デビュー。

井上薫氏
井上薫氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
余裕が出来たスピード上位の児玉にチャンス!

静岡競輪場は走ってて追い込み捲りが決まるバンク。先行で逃げきるのは厳しいやろなぁ。
展開は梅川の先行レース、その後ろに上手さ位置取りは一番の石井寛子。それに、しぶとさがある石井貴子。
今年8月ガールズケイリンコレクションいわき平ステージで、初のタイトルを取って、気持ちに余裕できた児玉が、スピードの違いを見せて捲り追い込んでくるか!

【フォーカス(買い目)】
3連単
13 ⇒ 13 ⇒ 42(4点)
1 ⇒ 4 ⇒ 32(2点)
3 ⇒ 4 ⇒ 12(2点)

【井上薫氏:プロフィール】
大阪府出身。元競輪選手。現在は競輪解説者、競輪評論家として活躍中

岡本新吾氏
岡本新吾氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
2018年ガールズクイーンは、誰の手に!

ガールズケイリンが2012年7月に始まってから6年になります。ガールズケイリン全体がレベルアップして2018年ガールズケイリンは、若い実力のある児玉・梅川・高木・鈴木が出場を決めました。児玉は、先行捲りのスピードが高く男子選手にも負けないくらい破壊力があり、乗車フォームも綺麗で華があり素晴らしいと思います。新鋭の梅川のパワーあふれる先行捲り・石井貴子のレース運びの上手さと自力で仕かけるタイミングのセンスも魅力がいっぱいです。もちろん石井寛子の鋭い踏み出しを生かしたコース取り・自転車テクニックも良いです。レースは高木・鈴木・尾崎が積極的に自力主体に前々とレースを運び残り1周前の4コーナーから梅川・児玉が猛烈に発進してロング捲りを打って、石井貴子が半周BCから捲り追い込み、石井寛子・尾崎が直線ゴール前勝負になると思います。

【フォーカス(買い目)】
3連単
1 ⇒ 4 ⇒ 32(2点)
4 ⇒ 1 ⇒ 32(2点)
1 ⇒ 3 ⇒ 24(2点)

【岡本新吾氏:プロフィール】
和歌山県出身。元競輪選手。現在は和歌山競輪アドバイザー、競輪解説者として活躍中

赤見千尋氏
赤見千尋氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
経験が活きる大一番

実力的に児玉碧衣選手を中心に考えます。昨年一年を通して先行にこだわった走りを追求し、脚力アップに成功。しかしGPでは展開が思い通りにいかず力を出し切れませんでした。普段のレースと違って、GPは一発勝負。その辺りの駆け引きなども、これまでの経験が活きて来るのでは。思い切ったレースを期待しています。
昨年の女王石井寛子選手は今年も8月のガールズケイリンフェスティバルで優勝。GPへの自身の体の合わせ方を熟知していて、いい状態で挑めるのでは。まだ連覇を果たした選手はいないので、快挙達成もあるかもしれません。
奥井選手の不在(8番手補欠)は淋しいのですが、その先行力を受け継ぐのは高木真備選手ではないでしょうか。長年先行にこだわって地力をつけ、グランプリは3年連続3度目の出場。初出場は行けずに終わり、昨年は4着。今年はさらなる上位を目指して欲しいです

【フォーカス(買い目)】
3連単
13 ⇒ 135 ⇒ 13524(12点)

【赤見千尋氏:プロフィール】
平成10年10月高崎競馬場にて騎手デビュー。以来、高崎競馬が廃止される平成17年1月まで騎乗を続け2033戦91勝。現在は競馬リポーター、ライター、そしてオッズパークの予想ブログ"赤見千尋のRed View"も好評執筆中。

竹之上次男氏
竹之上次男氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
児玉碧衣選手で堅いと思う♪

あぁ、今年は大好きな奥井迪選手がいない…。トライアルで敗れて出走がならなかったのです、残念…。で、誰から狙うかというと、地力では一枚上と見る児玉碧衣選手。トライアルの内容も完勝で、優勝間違いなしと思っています♪あとは車券の買い方。相手候補に鈴木美教選手を抜擢。自在味ある脚質で、どんな流れにも対応できて、3着以内に持ってきてくれそう。1着に児玉碧衣選手を据えて2着、3着に候補として鈴木美教選手をあてがう作戦で今年は勝負!!

【フォーカス(買い目)】
3連単
1 ⇒ 6 ⇒ 23457(5点)
1 ⇒ 23457 ⇒ 6(5点)

【竹之上次男氏:プロフィール】
1970年生まれ。園田競馬実況アナウンサー、(有)ダート・プロダクション所属。

競輪小僧氏
競輪小僧氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
敵なし!2018年初タイトルを獲った①児玉が勢いそのままに初GGP制覇へ!

今年の主役は、ガールズドリームレースで念願の初タイトルを獲り、先日行われたガールズグランプリトライアル決勝で優勝の①児玉碧衣。絶体絶命の後方から三列目を見事捲り切り圧巻の走りを披露した。悲願の初GGP制覇に死角なし。機は熟した。私がそんな予想をして良いのか。このメンバーで近況のレース内容、調子、戦歴を比べると、一枚、いや二枚上手ではないか。内枠の利を生かして。此処は素直な自分を皆様にアピールしても良いのではないか。競輪ファンの皆様は当たる予想を欲しているのだ。かしこまりました。当てに行きましょう。当てに行けば当たらない自分を打破する為に。展開はチャレンジャーの②梅川か、GGPでは仕掛け切れていない⑤高木。①児玉の後ろを位置獲りシビヤな③石井寛子か④石井貴子が追走しゴール前争いに持ち込む。

【フォーカス(買い目)】
3連単
1 ⇒ 3 ⇒ 46(2点)
1 ⇒ 4 ⇒ 36(2点)
34 ⇒ 1 ⇒ 34(2点)

【競輪小僧氏:プロフィール】
千葉県松戸市出身。世界で唯一の競輪芸人として、全国の競輪場イベントや予想会などで活躍しており競輪ファンにはなじみが深い。

山口みのり氏
山口みのり氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
勝負は位置取り!

今年念願だったビッグレース制覇をした児玉碧衣選手は取材で話を伺っていても「勝ち方」を掴んだような気がします。
後方になってもスピードのある捲りで前を捉えるのではないでしょうか。
仕掛けたい選手が数人いる中で、初手からの位置取り争いが必至も、車番的に比較的内の石井寛子選手、石井貴子選手がレースを有利に進めそうです。
地元静岡から唯一出場の鈴木美教選手の気合にも期待したいです。
何しろ同じ名前でして……(そこまで同名の方との出会いは多くありません)注目したいです!

【フォーカス(買い目)】
3連単
1 ⇒ 34 ⇒ 3467(6点)
34 ⇒ 134 ⇒ 2567(16点)
6 ⇒ 1 ⇒ 3457(4点)

【山口みのり氏:プロフィール】
三重県松阪市出身。フリーアナウンサー。現在は取手競輪中継司会、松戸競輪リポーターをメインに各競輪場で活動中。

AKI氏
AKI氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
今年も児玉碧衣選手を応援します!!

昨年も児玉選手を本命で予想させてもらいましたが、今年も「勝って欲しい!」という応援の気持ちをこめて本命にしたいと思います。11月の競輪祭ガールズグランプリトライアルで見事優勝に輝き、獲得賞金ランキング1位でガールズグランプリへの切符を手にしました。同じ福岡でイベントなどでお会いすることが多く、飯塚オートにも遊びに来て下さる児玉選手。ガールズグランプリの優勝が見たい!!期待してます!
対抗は、尾崎睦選手。オッズパークのパーティで御一緒させてもらい、とても面白い人柄に惹かれました。メンバー最年長ということで、ここは人生経験を活かし力強い走りをしてもらいたいです。
3着には石井寛子選手と石井貴子選手を。競輪はほとんど素人ですが、ダブル石井選手は強いと教えて頂きました。特に寛子選手は昨年のグランプリ覇者。ここは、2着までには絡んでくるだろうと予想しました。

【フォーカス(買い目)】
3連単
1 ⇒ 7 ⇒ 34(2点)
1 ⇒ 34 ⇒ 7(2点)

【AKI氏:プロフィール】
福岡県宗像市出身のタレント。福岡でテレビ番組やイベントMCなどで活躍中。飯塚オート3代目「勝利の女神」。飯塚オートでは、AKIのAKIらめない予想やバスツアーなどを開催。川口オート、伊勢崎オート、浜松オート、山陽オートでもイベント出演中。

大関隼氏
大関隼氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
2人の「石井」の天下取りだ!

去年の奥井のような徹底先行型が不在。直近4か月の決まり手で「逃げ」が一番多いのは①児玉で、最終的に先行という可能性も十分にあるだろう。ただ、去年も書いたが「逃げ切る事が極めて難しいのがガールズグランプリ」という歴史。他の誰かの先行を捲ったとしても、マークが厳しくなるとどうかという面もある。①児玉が2着、あるいは3着という観点の3連単を買ってみる事にする。
ならば差し、捲りで強い選手を買ってみようという訳で「GPの勝ち方を知っている」◎③石井寛子の連覇にまずは期待。奥井の番手を取り切って差した去年のこのレースは秀逸で、位置取りの上手さは今年も魅力的に映る。そして、ガールズケイリンコレクション平塚ステージでこれもゴール寸前の差しを決めた○④石井貴子を1着候補に。元々「他のレースならほぼ3着以内」という選手ばかりが集まるのだから、人気ほど力の差は無いと考えて手広くいく。

【フォーカス(買い目)】
3連単
34 ⇒ 1 ⇒ 全(10点)
34 ⇒ 全 ⇒ 1(10点)

【大関隼氏:プロフィール】
07年ラジオNIKKEI入社。09年京王閣グランプリ観戦をきっかけに、独学で勉強を始め競輪ファンに。

森松さやか氏
森松さやか氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
石井寛子選手が絶対女王の座を守る

トライアルで権利を手にした②梅川風子選手、賞金で権利を獲得した⑥鈴木美教選手ともにデビュー2年目での出場。若いとはいえ、やはりここまで勝ち上がってきただけあって話していても堂々とされていてハートの強さを感じました。ただ!オーラというのはこういうことを言うんだろうなと感じるのは③石井寛子選手。レースを見ていても安心感が別格な気がします。もちろん今年の勢いで言えば①児玉碧衣選手。今年は念願のビッグタイトルを手にして自信が増している様子もうかがえます。ただ!これだけ自力選手が揃ったグランプリでかましきれるかな…という不安も。やはり私は大舞台での経験値も豊富、位置取りも巧み、展開によっては自分で出ていくこともできる③石井寛子選手が有利かと思います。前がもつれた場合の①児玉碧衣選手の一撃も考えて…

【フォーカス(買い目)】
3連単
3 ⇒ 126 ⇒ 1264(9点)
1 ⇒ 34 ⇒ 2346(6点)

【森松さやか氏:プロフィール】
大阪府出身。岸和田競輪初心者ガイダンスコーナーアシスタント、競輪キャスターとして活躍中

いちのめぐみ氏
いちのめぐみ氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
児玉碧衣選手、GGP初制覇へ!

すでにトップクラスの実力を持ちながらも、あとほんの少しという所でタイトルに手が届かず悔しい思いをされていた①児玉碧衣選手。今年はグレードレースでの優勝も重ね、更にパワーアップしています。どんな展開になってもゴール前争いの中心になっている可能性が高いです。強さに自信が加わった児玉選手の走り、楽しみです!
その児玉選手に迫れるとすれば、③石井寛子選手でしょう。タテ脚があり位置取りもでき、その巧みなレース運びに注目します。
先行は②梅川風子選手か⑤高木真備選手になるのでは。勝負強い④石井貴子選手、地元⑥鈴木美教選手、小倉ガールズグランプリ2018トライアルレース勝ち上がりでゴール前気迫の伸びを見せた⑦尾崎睦選手の仕掛けも気になります。

【フォーカス(買い目)】
3連単
1 ⇒ 34 ⇒ 234567(10点)
3 ⇒ 467 ⇒ 12(6点)

【いちのめぐみ氏:プロフィール】
競輪場にてMC、岐阜競輪初心者ガイダンスアシスタントとして活躍中

星野めぐみ氏
星野めぐみ氏のオッズパーク杯ガールズグランプリ予想
女王再び!!

先日、KEIRINグランプリの前夜祭に行って来ました。そこでインタビューをさせていただいたのですが、一番自信を感じたのが児玉選手でした。ご自身でも、「この一年間大きいところでも結果が出て、自信を持って走れている」と振り返っています。「グランプリではスピード溢れるレースをお見せできたら」とのこと。となれば、ガールズグランプリは児玉選手で決まり!と行きたいのですが、メンバーに梅川選手が入ってきたことで、レースは梅川選手のペースになっていきそうですね。そうなれば梅川選手の動きを知り尽くしている石井寛子選手。おそらく梅川選手が先行しそうなので、そこに続いているのは石井寛子選手ではないでしょうか。石井寛子選手、静岡バンクは今まですべて一着だそうです。その相性のいいバンクで、今年も女王に輝きますか☆

【フォーカス(買い目)】
3連単
3 ⇒ 4 ⇒ 126(3点)
4 ⇒ 3 ⇒ 126(3点)
3 ⇒ 1267 ⇒ 1267(12点)

【星野めぐみ氏:プロフィール】
大阪府出身。タレント、アナウンサー、競輪キャスターとして活躍中

★オッズパークへの登録はこちら!

オッズパークではインターネットで競輪の予想、投票、レース観戦をまるごと楽しめます。 入会費・年会費無料の会員登録をしていただけますと、予想情報やメールマガジンなどを無料でご利用いただけます!!
さらに、車券購入金額に応じたポイント還元や現金・豪華賞品が当たるキャンペーンなども随時実施中ですので、まだ登録がお済でない方は、この機会にぜひお試しください!!

新規会員登録(無料)

著名人のレース予想

ヤンググランプリ2018
予想印
選手名
枠番 1 2 3 4 5 6
車番 1 2 3 4 5 6 7 8 9
×        
    ×    
      ×  
         
    ×    
      ×  
    ×    
        ×
  ×      
×        
車番 1 2 3 4 5 6 7 8 9
佐々木昭彦氏
佐々木昭彦氏のヤンググランプリ予想
総合力上位の山崎賢人を信じる

今年の後半から爆発的な成長を遂げている3山崎は、FI優勝3回、GIII優勝1回、共同通信社杯(GII)決勝4着、オールスター競輪(GI)決勝4着と輝かしい躍進の年になった。
最後を締めくくるヤンググランプリは単騎になるが、来年を更なる飛躍の一年にするためには優勝しかない。3山崎が本命だ。
スピードなら3山崎にもひけを取らない5太田は109期の代表的な存在、同県9島川を引き連れて捲りかかましで一発逆転を狙う。2南も一発のある怖い存在だが、穴はライン3車の愛媛の団結で2段駆けもある1佐々木から。

【フォーカス(買い目)】
3連単
3→1258→1258(12点)
15→51→2389(8点)

【佐々木昭彦氏:プロフィール】
1960年生まれ。佐賀県武雄市出身。1979年デビュー(第43期)。通算535勝、高松宮記念杯競輪(GI)優勝2回、全日本選抜競輪(GI)優勝、GIII記念杯優勝49回の戦績を残し、中野浩一、井上茂徳とともに九州黄金時代を築いた競輪界のレジェンド。ライバルは現日本競輪学校校長の滝澤正光。その気迫あふれる姿から『闘将』の異名を冠し、全国のファンから親しまれ愛された。2011年の引退後は、自転車競技連盟の理事として選手の強化育成の他、解説者やゲストとして競輪中継や番組にも出演している。

橋本悠督氏
橋本悠督氏のヤンググランプリ予想
普通に考えれば山崎断然だが、気配上向きの南中心!愛媛作戦によっては…

2018年、一気にスターへの階段を駆け抜けた3山崎。今年一年の活躍を考えるとどうしても山崎中心で考えたくなるところだが、広島2人、徳島2人、愛媛が3人という、これだけ中四国の層が厚くなった中で、そんなに簡単にいくのだろうか?やっぱり競輪はラインの競争で、もし同県のメンバーが全て結束するようなことがあるならば、いくら山崎が強いとはいえそんなに簡単にいくとは思えない。ただ、広島コンビは4竹内が上向きだが、6佐伯は広島記念を見る限り、このクラスでの勝ち負けは苦しい。徳島コンビも5太田のスピードは一線級だが、一人なら展開待ちのレースになりそうだし、9島川は競輪祭を休んで一か月以上間隔が空いてのレースになり判断が難しい。2段駆けがあるとするなら、調子を落としている111期の8門田が開き直って、同県の先輩109期の1佐々木を連れて仕掛けるケース。並びが間違っていれば全く買う必要がない車券だが、現時点では、8門田先行の1佐々木の番手捲りというのは気になる。あとは、やはり2南。今年後半失速したが、再び良くなっている気配もあり、気楽に戦える単騎戦ならむしろ南の一撃に魅力を感じる。あえて3山崎を本命に推さず、南のポテンシャルに期待したい。

【フォーカス(買い目)】
3連単
2 ⇒ 135 ⇒ 1357(9点)
1 ⇒ 723 ⇒ 7235(9点)

【橋本悠督氏:プロフィール】
1972年5月17日生。関西・名古屋などでFMのDJを経て、競輪の実況アナウンサーへ。実況歴は17年。最近はミッドナイト競輪in小倉を中心に活動中。番組内では「芸術的なデス目予想」といういいのか悪いのかよく分からない評価を視聴者の方から頂いている。

須田鷹雄氏
須田鷹雄氏のヤンググランプリ予想
今年も敢えて「自力を出さなさそうな選手」から

ヤンググランプリ予想で毎年書いているが、このレースは自力を出した選手が沈むことが多い。昨年もHBともに取った吉田拓矢が8着に沈んで、勝ったのは番手を回った鈴木竜二。今年も並びが発表される前に予想しているので最終的に各選手どのような作戦になるか分からないが、ラインを組むとしたら愛媛3車と徳島、広島の各2車。並びが発表されるまでなんとも言えないというか、そもそもライン戦になるか点の競走になるかも分からないが、暫定的に愛媛から◎松本をピックアップして1軸マルチの点数多めで予想しておく。

【フォーカス(買い目)】
3連単
7 ⇒ 3,5,6,8 ⇒ 3,5,6,8(12点)
3,5,6,8 ⇒ 7 ⇒ 3,5,6,8(12点)
3,5,6,8 ⇒ 3,5,6,8 ⇒ 7(12点)

【須田鷹雄氏:プロフィール】
1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も 手掛ける

井上薫氏
井上薫氏のヤンググランプリ予想
今の山崎には逆らえない!

今年3月のルーキーチャンピオンレースと同じようなメンバー構成、また、愛媛ラインが、積極的に先行してくるやろ。
太田も近況絶好調やけど、ここ一番の甘さがある。南はルーキーチャンピオンレースで優勝した時の調子ではない近況。そのレースで、後方で何も出来なかった悔しさと、あの時とは数段足が上がってる山崎が、今回は前々と位置を取って仕掛けるに違いない。

【フォーカス(買い目)】
3連単
32 ⇒ 32 ⇒ 51(4点)
35 ⇒ 35 ⇒ 92(4点)
31 ⇒ 31 ⇒ 52(4点)

【井上薫氏:プロフィール】
大阪府出身。元競輪選手。現在は競輪解説者、競輪評論家として活躍中

岡本新吾氏
岡本新吾氏のヤンググランプリ予想
スピード山崎・南に四国ラインとのバトル!

2018年ヤンググランプリは、西高東低で9名の出場選手が西日本選手だけです。デビューして1年半で、111期生の南と山崎がG3優勝を果たしました。S級上位選手と十分戦える力を出して活躍を見せています。レースは愛媛トリオの先頭で門田が思い切った先行して2番捲りの松本を追走する佐々木の直線伸びも要注意です。競輪祭優出を果たした太田の捲りも脅威です。竹内は先行主体に前々と持っていき自力勝負です。南も絶えず前にレースを運びロング捲りで戦います。山崎は飛び抜けたダッシュ力で残りホームストレッチ過ぎから仕掛けて10秒台の上がりタイムで前の集団を飲み込む豪快なレースをすると思います。

【フォーカス(買い目)】
3連単
23 ⇒ 23 ⇒ 15(4点)
21 ⇒ 21 ⇒ 35(4点)
25 ⇒ 25 ⇒ 31(4点)

【岡本新吾氏:プロフィール】
和歌山県出身。元競輪選手。現在は和歌山競輪アドバイザー、競輪解説者として活躍中

競輪小僧氏
競輪小僧氏のヤンググランプリ予想
中、四国旋風上昇中!並びはどうなる!?③山崎、②南が迎え撃つ。

いよいよ、中国四国、四国中国ライン時代の到来か。未来を担う若手の登竜門。仕掛け合いに次ぐ仕掛け合い。乱打戦は野球も競輪も面白い。並びが知りたい。前日にならないと分からない。でも並びが知りたい。便利な競輪界になればなるほど簡単に並びを手に入れようとしてしまう。改めて記者さんに感謝しながら並びを予想しよう。②南、③山崎は単騎の戦いになるだろう。此処からが問題。同県分かれての戦いが考え易い。徳島は⑤太田ー⑨島川か。愛媛は、年齢を考慮すれば①佐々木ー⑦松本ー⑧門田。松本が後輩に任せれば、⑧-①-⑦になるのか。広島がまた難しい。前回YGPで取鳥に任せず自力を使った④竹内、今回も前で走りたければ折り合い④竹内ー⑥佐伯。年齢だと⑥-④になる。今の③山崎に対抗出来るのは⑤太田ではないか。攻める気持ちが有れば番手であろう⑨島川が絶好。

【フォーカス(買い目)】
3連単
93 ⇒ 93 ⇒ 71642(10点)
71 ⇒ 9 ⇒ 7136(6点)

【競輪小僧氏:プロフィール】
千葉県松戸市出身。世界で唯一の競輪芸人として、全国の競輪場イベントや予想会などで活躍しており競輪ファンにはなじみが深い。

山口みのり氏
山口みのり氏のヤンググランプリ予想
記念Vの山崎賢人選手が本命

ヤンググランプリは並びが予想の段階では出ていないため想定での予想になりますが、今年は四国勢が多くなりました。同県ということで並ぶと予想し、愛媛勢が先行だと思います。各選手が早めに仕掛けるとその上を山崎賢人選手が捲るとみました。
スピードのある南潤選手、佐々木豪選手などが上位に食い込んできそうです。

【フォーカス(買い目)】
3連単
3 ⇒ 12 ⇒ 129(4点)
2 ⇒ 13 ⇒ 1369(6点)
1 ⇒ 359 ⇒ 23569(12点)

【山口みのり氏:プロフィール】
三重県松阪市出身。フリーアナウンサー。現在は取手競輪中継司会、松戸競輪リポーターをメインに各競輪場で活動中。

森松さやか氏
森松さやか氏のヤンググランプリ予想
中四国7人vs九州vs近畿の構図?それとも…

いまだかつてこんなに地区が偏ったヤンググランプリはあっただろうか…いやどのグレードでも9人中7人が同地区というのは見たことがない気がします。そんなヤンググランプリ。そりゃ負けるわけにはいきませんよね、7人いるんですから。だれか一人は優勝者を出したいですよね。もちろん自分が!とも思っているでしょう。でも!でもこの人の勢いが怒涛すぎる!③山崎賢人選手。なんなんでしょう、あのワクワクさせてくれる感。きっと髪型だけじゃないはず。もしかしたら109期5人、111期3人の8人がかりで③山崎賢人選手をねじ伏せようとしても彼なら一蹴するんじゃないか!?とまで思わせてくれる存在。同じ111期の②南潤選手。史上最速でG3を制した111期のエースですが、最近少し壁にぶつかっているというか…迷いがあるように感じます。なので対抗は⑤太田竜馬選手。この中では戦っているステージが上、そして冷静さがあるように思います。とにもかくにも並びが分からないので前検日まであれこれ考える日々が続きそうです。が!並びはどうあれ、私の本命は③山崎賢人選手で決定です。

【フォーカス(買い目)】
3連単
3 ⇒ 5 ⇒ 179(3点)
3 ⇒ 179 ⇒ 5(3点)

【森松さやか氏:プロフィール】
大阪府出身。岸和田競輪初心者ガイダンスコーナーアシスタント、競輪キャスターとして活躍中

いちのめぐみ氏
いちのめぐみ氏のヤンググランプリ予想
混戦模様もやはりここは山崎賢人選手!

出場選手全員が西日本、そして7選手が中四国勢となった今年のYGP。同県でラインを組むのか、それとも単騎なのか、並びが大変気になりますね。
本命は、今年後半「もしかしてグランプリ出場も!?」と競輪ファンをワクワクさせる走りを魅せてくれた③山崎賢人選手。思い切りの良い競走も魅力です。
その山崎選手に対抗するのは、スピード抜群の⑤太田竜馬選手。もし山崎選手が先行争いをする事になったら、太田選手Vも。
積極的な②南潤選手、近況気配の良い①佐々木豪選手・④竹内翼選手・⑨島川将貴選手を絡めます。

【フォーカス(買い目)】
3連単
3 ⇒ 25 ⇒ 146789(12点)
3 ⇒ 149 ⇒ 25(6点)

【いちのめぐみ氏:プロフィール】
競輪場にてMC、岐阜競輪初心者ガイダンスアシスタントとして活躍中

星野めぐみ氏
星野めぐみ氏のヤンググランプリ予想
今年大ブレイクの山崎賢人で間違いなし!!

今年のYGPのメンバーは9人中7人が中四国。これだけ揃えばこの中から優勝者が出そうですが、やはり今年の大ブレイク山崎選手の存在は忘れてはいけませんね。G1の大舞台でも初出場で初優出とメンタル面でも大物感が漂ってきます。
レース展開は(まだ発表されてませんが)ラインの厚くなりそうな愛媛勢が風を切りそう。111期二人を前にいざというときは 二番手からの発進も考えて、最後は佐々木選手の突っ込み!!ただ先行争いになれば緩んだところで一発があるかもしれないので、その一瞬のチャンスをものに出来るメンタルを持っているのは山崎選手と見ました。

【フォーカス(買い目)】
3連単
3 ⇒ 259 ⇒ 259(6点)
1 ⇒ 2735 ⇒ 2735(12点)

【星野めぐみ氏:プロフィール】
大阪府出身。タレント、アナウンサー、競輪キャスターとして活躍中

★オッズパークへの登録はこちら!

オッズパークではインターネットで競輪の予想、投票、レース観戦をまるごと楽しめます。 入会費・年会費無料の会員登録をしていただけますと、予想情報やメールマガジンなどを無料でご利用いただけます!!
さらに、車券購入金額に応じたポイント還元や現金・豪華賞品が当たるキャンペーンなども随時実施中ですので、まだ登録がお済でない方は、この機会にぜひお試しください!!

新規会員登録(無料)

KEIRINグランプリ2018特設サイト

KEIRINグランプリ2018

  • ■著名人のレース予想
  • ■著名人の予想印

オッズパーク杯
ガールズグランプリ2018

  • ■著名人のレース予想
  • ■著名人の予想印

ヤンググランプリ2018

  • ■著名人のレース予想
  • ■著名人の予想印