おすすめ注目レース

本日のおすすめ注目レース

2017年4月26日   コスモバルク記念(門別競馬)

門別競馬   第10レース   実力断然オヤコダカ負けられぬ一戦
対馬 大樹

【結論】 オヤコダカは昨年地元重賞で4勝の活躍。現ホッカイドウ競馬の古馬の中ではトップクラス実力を誇る。今回は8戦7連対の門別1800メートルが舞台。オフの間に更にパワーアップしており、このメンバー相手なら首位有望。昨年の3歳二冠馬スティールキングが相手候補の筆頭だが、昨年の道営記念で3着と健闘したジュエルクイーン、早目の休養で立て直しを図られたクラバズーカーも2着争いは十分。コスモスイングも得意の距離で見直したい。【詳細解説】 オヤコダカは昨年8戦して連対を外したのは、交流重賞の兵庫ゴールドトロフィーだけ。それでも0秒7差の5着と崩れなかったし、全国レベルの力を再認識。今回は地元重賞で57...

2017年4月26日   オッズパーク・GET@LOT杯B1(園田競馬)

園田競馬   第10レース   力が拮抗した争いの制するのは!?
全国公営競馬専門紙協会 競馬キンキ 宮垣 優

 その金ナイターが始まる為、水木金開催。そして今週はオッズパークウィークで3日間ともメインはオッズパーク協賛レース。その一発目はB1クラスの一戦。なかなか力が拮抗したメンバー構成で波乱の可能性も。本命はトウケイロイヤル。前走も最後までシッカリと粘り、逃げれば渋太いことを改めて証明。先手を奪ってそのまま逃げ切りを期待。相手候補は前走シンガリ負けから巻き返すフェローニアとハマれば一発のあるコウエイアースの2頭。他には安定した成績のグロシュラライトや道悪が得意のシューニャがその後に続く。 トウケイロイヤルは前走、3走振りに単騎逃げができ、最後まで渋太く2着に粘り込んだ。過去にハナを切ったレースが1...

2017年4月26日   福永洋一記念(高知競馬)

高知競馬   第9レース   サクラシャイニー堂々と!
“風間 恒一”

 サクラシャイニーが登場。出走してくれば主役は揺るぎない。前走で復活を遂げたカッサイが相手。クレスタラン、ロジテーストも圏内。サトノキングリーもひと脚いかせれば。 サクラシャイニーは一昨年の覇者。近走は余裕のあるローテーションで4連勝中であり、健在ぶりを示している。出走してくれば本命で仕方なかろう。 カッサイは出遅れて大敗を喫した前々走から間を開け、キッチリと立て直された前走を勝利。サクラシャイニーとは分が悪いが、元々は条件を問わない堅実なタイプだけに、復活した今なら力を発揮するだろう。 クレスタランは一線級相手では少し力不足の感があるが、見せ場は作っているように、徐々には成長している印象を...

明日以降のおすすめ注目レース

2017年4月27日   オグリキャップ記念(SP1)(笠松競馬)

笠松競馬   第10レース   有無を言わさぬ勝ち方を!
全国公営競馬専門紙協会 競馬エース 幸村博之

 前走は勝った相手を褒めるべき。1400m後の2500mは名古屋グランプリ時(3着)と同じだし、疲れもないというのなら、カツゲキキトキトの力を素直に信頼でいい。相手は、初対決の前にだいぶ株を下げてしまったが、まともに走ればを条件にアサクサポイントを筆頭としたい。前走先着もその次にマヤノカデンツァ。高知勢では第23回、第24回の覇者よりイッツガナハプン、ミッキーヘネシーを。金沢トニーポケットまで考えるのはちょっと欲張りか。 カツゲキキトキトは前走は勝った相手を褒めるべき。激戦が続くが疲れはなさそう。この距離なら本領を発揮してくれるだろう。「中1週なので単走でサッと気合をつけた程度。それでもいい...

2017年4月27日   オッズパーク・LOTO杯(園田競馬)

園田競馬   第11レース   A2級でも地力通用。ジョウショウキセキがクラス2走目で早くも勝機。
全国公営競馬専門紙協会 競馬キンキ 中村 龍海

一見すると傑出馬不在で混戦模様だが、2走前の勝ち時計が破格だったジョウショウキセキの地力が一枚上と判断。前走は初距離だった上に不利もあり力を出し切れず。走り慣れた距離に戻り反撃へ。アルカナは前走でレース振りが一変。再度同じ競馬ができれば展開にも左右されず、安定して上位争いに加われる。アキノクリンチの前走2着は馬場に恵まれた印象もあるが、小回り向きのスピードは十分に示した。仮に馬場の恩恵がなくとも崩れは想定しづらい。久々でも仕上がり上々マイアリエス、前走は相手が強すぎたスマイルプロバイド、末脚生きる流れならニシノイーグルも圏内。ジョウショウキセキ...昇級初戦は5着に敗れたが、スタートしてすぐ...

 

ページ先頭へ↑

地方競馬予想情報

地方競馬ならオッズパーク競馬