おすすめ注目レース

本日のおすすめ注目レース

2017年6月25日   ウイナーカップ(水沢競馬)

水沢競馬   第12レース   地力と仕上がりの良さでオールザベストが決める
岩手ケイシュウニュース 峯村正利

 本日のメインは、3歳短距離重賞「ウイナーカップ」(M3、3歳、右回り、ダート1400m)。左回りが合わなかったオールザベストは、ここを目標に好仕上がり。金杯勝ちなど、水沢との相性とベンテンコゾウと戦った実績を思えば主役は決まり。牝馬重賞の日高賞2着グラマシーがベストの距離で反撃。スピード断然ニードアフレンドは、ひと息入れたが調整に余念がなく逃げ切りを狙う。勢いならブラックロード、渋太さあるヤコウレッシャ、JRAから転入のコスモポラリスまで警戒が必要。    ◎ オールザベスト…やまびこ賞は距離も長かったが、それ以上に初めての左回りに大苦戦。水沢コースは合い、...

2017年6月25日   湯涌温泉氷室開き特別(金沢競馬)

金沢競馬   第11レース   平場戦なら巻き返せるクランキングアップ!!
西村 直義

前走後も順調に調整を積まれており、平場戦となった今回は結果が欲しいクランキングアップが主役。距離短縮でスピード全開オイヌサマが逆転候補。上昇気配ショウナンバスターも展開次第で末脚炸裂の可能性は十分。先行力安定の実績馬ヒカルカミヒコーキ、タツミリュウにもチャンスあり。◎は⑩クランキングアップ。前走の重賞百万石賞は差し・追い込みに有利な流れの中、ソコソコの位置を追走して6着に踏ん張れたのは紛れもない地力強化と好調な証しと言える。今回は相手も緩和されており、流れにさえ乗り遅れなければ勝ち負けも十分見込める。○は⑧オイヌサマ。百万石賞では中距離戦とは思えない厳しい流れの中最後は失速してしまったが、この...

2017年6月25日   パール特別(高知競馬)

高知競馬   第11レース   セトノプロミス、地力信頼!
“風間 恒一”

 セトノプロミスの実績が抜けている。58キロでも何とか。クレスタラン、ロジテーストが相手。セイヴァイタル、マルマロスも大差はなかろう。 セトノプロミスは前走のトーセンジョーダン賞を快勝。今回とは比べ物にならないほどのメンバーを負かしている。斤量58キロでは一度、4着に終わっているが、出走してくればやはり本命評価になる。 クレスタランは前々走、セトノプロミスと半馬身差の2着。なかなかオープンでは勝ち切れないが、いつ手が届いても驚けぬところにはいる。 ロジテーストも好調。順調に使い込める分、福永洋一記念以上の走りが見られるだろう。 セイヴァイタルは前走が本来の姿か。ロスなく運べれば今回のメンバーで...

2017年6月25日   黒髪山賞(佐賀競馬)

佐賀競馬   第11レース   連勝中イッセイイチダイと南関連勝ベルモントナイトの対決。
全国公営競馬専門紙協会 大久保 隆也

主力馬回避で僅か5頭立て。イッセイイチダイが人気になるが新規馬ベルモントナイトも実績から注目。ともに逃げ~2番手で先行すると、ここは真っ向勝負。実績からベルモントナイトの逆転も十分にあるところ。ロードフェリーチェ・タガノリバレンスが3着候補だが、タガノリバレンスは積極的に動くかがカギになる。ミスタージャックは好調時の活気に欠けるし、ここも苦戦模様。◎イッセイイチダイはこの距離得意で連勝中。今回はこの頭数だが相手も上がってきた。それでも一連の走りなら勝ち負け。〇ベルモントナイトは南関B3連勝で当地入り。ここは相手緩和の構成になるし、初戦から注目したい。▲ロードフェリーチェは前走が出遅れて持ち味生...

明日以降のおすすめ注目レース

2017年6月26日   瑞鳳賞(帯広競馬)

帯広競馬   第10レース   条件が楽になりセンゴクエースに勝機到来
生駒 有輝夫

 5歳牡馬限定戦なら実力、実績ともに上位で通るセンゴクエース。680キロの荷物なら障害の修正も可能で首位が期待できる。前走の勝ちっぷりが良かったイノリノチカラが相手も、力を考えればバウンティハンター、コウリキにもチャンスがある。スムーズに流れに乗れればカクセンキングも圏内へ。 センゴクエースは古馬一線級が相手となった前走は障害で転倒して8着に敗れたが、中間の動きは良く、デキ落ちの心配はない。今回は5歳牡馬限定戦と一気に条件が楽になる。ここでは実力、実績ともに一枚上の存在。トップハンデも、680キロなら不安はない。首位可能。 イノリノチカラはこれまでとは違い、積極的な競馬を仕掛けて行き、障害をひ...

2017年6月26日   穂高特別(笠松競馬)

笠松競馬   第10レース   不安より期待が上回るベルボーム
全国公営競馬専門紙協会 競馬エース  幸村博之

 C-1特別3勝を含む5連勝中のベルボーム。着差もさることながら逃げに好位抜け出しの勝ちっぷりがいいし、B-1特別でも通用していい時計で駆けている。前回の勝ち馬チェダーを筆頭にコンプリートゲーム、キタノアドラーブル、ダンスオーレは決して楽な相手ではないし、再々戦オロフィナアスールにも油断は禁物だが、期待も込めて中心視したい。 ベルボームは生え抜きの4歳牝馬。3歳戦は2、3組で足踏みしたが、格付けを機に再加速し、この5連勝に至る。本格化成ったことをここで証明したい。「先週の予定を1週延ばしたことで息抜きできたし、好仕上がりだよ。行く馬がいれば控えても問題ないし自信を持って臨みたい」。 チェダーは...

 

ページ先頭へ↑

地方競馬予想情報

地方競馬ならオッズパーク競馬