みんなの地方競馬 Everybody's chihoukeiba

地方競馬攻略法

コース概要

大井競馬場、門別競馬場に並び地方競馬で最大サイズ(全長1600m)。直線距離は300mと大井競馬場および門別競馬場よりも短く、コーナーが大きくゆるやかな競馬場である。地方競馬で唯一の全長1400mの芝コースも設置されている。ダートコースの高低差4.4mは地方競馬最大で、3〜4コーナーが丘になっており、ゴール前約150mにも上り坂がある。

距離別傾向と対策

1000m

実施数はそれほど多くはなく、決まり手は逃げか2番手からの抜け出しが圧倒的に多い。スタート地点から3コーナーまで上りだが、そこを力強く先行していけるような馬が理想。実際には能力上位の馬がそのような競馬をすることが多い。

1200m

2コーナーから少しだけシュートに入ったところがスタート地点。馬番の有利不利はほとんどなく、馬券的な狙い目が生じるとしたら外枠を理由に票が伸びない馬がいた場合。地方競馬の中ではかなり差しが届く盛岡のダートコースだが、1000mと1200m、特に下級条件は先行力のあるタイプから入りたい。

1400m

2コーナー側のシュートを200mほど入ったところがスタート地点で、最初のコーナーである3コーナーまではたっぷり距離がある。馬番の有利不利は小さいが、内枠で立ち遅れると難しい競馬になりやすい。1200mに比べると差しが届きやすい。逃げ・先行馬は全力で押して前に行くようなタイプではなく、前走・前々走でテンに速いラップを踏みつつも番手・3番手に控えているような馬が好走しやすい。

1600m

マイルチャンピオンシップ南部杯の行われるコース。2コーナー側シュートの一番奥からスタートするが、2コーナーまではまっすぐではなく、やや角度がついている。そのためか少しだけ内枠有利の面があるが、外枠馬を無理に嫌うほどではない。1200→1400mの1ハロン延長より1400→1600mのほうがスタミナ面で効いてくる印象があり、距離実績のある馬、より短い距離で届ききらなかった差し馬などを狙ってみたい。

1800m

1200〜1600mの各距離に比べると最初のコーナーまでの距離は無いが、それが馬番別の成績に強く効いてきている感じはない。レースを左右するのは展開で、逃げ・先行タイプが上位を独占するレースと差しタイプが上位独占のレースに分かれる傾向がある。軸馬と近い脚質の馬はヒモに入れておいたほうがよい。

2000m

マーキュリーCで使用されるコース。4コーナー側に設けられた小さいシュートからスタートする。直線の坂を2回上る形になるので、スタミナの裏付けは必要。いずれにしても紛れがなく、力量差が結果に現れやすいコースだ。

芝1000m

2歳戦などもあり強い馬がどの枠からでも押し切ることが多いので、単純に成績を見てもコースの特徴は分かりづらい。ただコース形態としては内枠逃げ馬が有利。外を回りながらスピードを殺さず捲り・差しを決めるのは簡単ではない。

芝1600m

現在では芝でいちばん実施数の多い距離。データ的には内枠有利の傾向がはっきりしているが、雨が降って内が荒れているときには真ん中の枠にも注目したい。ダートより内側にある芝コースだが意外と淡白な逃げ切りは少なく、差し馬がアタマまで届く可能性も十分にある。

芝1700m

コーナーまでの距離は100m伸びるが、馬番の傾向は芝1600mと似ている。1600mに比べて相対的に上位クラスの競走が多いので実力馬が差し・追いこみを決めるケースも増えるが、ペースは1600mより落ち着きやすく、その場合は好位勢が有利になる。

コース平面図

オッズパーク

コース数値表

●ダートコース数値表
1600m 300m 4.4m 1000m、1200m、1400m、1600m、1800m、2000m
●芝コース数値表
1400m 300m 4.6m 1000m、1600m、1700m

主な重賞競走

7月マーキュリーカップ(JpnV)、8月クラスターカップ(JpnV)、10月マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnT)

盛岡競馬場(岩手競馬)案内
地方競馬ならオッズパーク