みんなの地方競馬 Everybody's chihoukeiba

地方競馬攻略法

コース概要

地方競馬では一般的なサイズ(全長1200m)の競馬場で、直線距離は200mと短い。盛岡競馬場と交互に開催しており、競走馬が行き来している。高低差が0mの右回りコースであり、広く起伏に富んだ左回りの盛岡競馬場とは対照的といえる。

距離別傾向と対策

850m

2コーナーから向正面に入ったところがスタート。小回りコースの超短距離なので、決まり手は逃げ切りが圧倒的に多い。ただ内枠から突っ張っての逃げより、外枠から内にかぶせるような逃げのほうが強い。馬番別成績で見ても外枠馬が圧倒的に有利となっている。

1300m

直線中ほどからのスタート。1コーナーまでの距離が無いわりに内外の成績差は小さいが、それでも内枠のほうが有利。逃げ切りも多い一方で無理をして好位というのは良い結果に繋がらず、それよりはテンに控えて向正面から巻き返して差しにいく競馬のほうが好結果に繋がりやすい。

1400m

1300mから100m下がった、直線入口付近がスタート。コーナーまでの距離が短くなったぶん外枠先行馬でもそれなりにレースを進められるが、フルゲートが増えるので、増えた11番、12番あたりだとさすがにちょっと苦しくなる面はある。1300mより終いが甘くなる逃げ・先行馬が出るので、そのぶん差しの決まり手も多くなる。

1600m

4コーナー側の独特なシュートから、変則的な形で本線に合流していくスタート。そのぶん、よほどスタートの遅い馬でなければ内枠に入ったほうが有利だし、馬券的な狙い目も内枠馬になる。ただ内枠から一気に逃げ切るというイメージではなく、ロスなく立ち回って差してくるような馬を狙いたい。

1800m

3コーナーのすぐ手前という、現代競馬ではあまり設定しないようなスタート地点。外枠馬はそのまま外を振り回されるので相当に不利。逆に内枠は有利。真ん中の枠は、いきなり出切ってインにつけるか、控えてなるべく内を回るか。B級以上のレースとして設定されることがほとんどで淡白な逃げ先行決着にはなりづらく、中団以降から1頭くらいは馬券圏内に伸びてくるし、差し・差し決着もある。

コース平面図

オッズパーク

コース数値表

●ダートコース数値表
1200m 200m 0m 850m、1300m、1400m、1600m、1800m

水沢競馬場(岩手競馬)案内
地方競馬ならオッズパーク