予想情報

予想情報 小倉競輪

≪ 9月25日 小倉競輪  |  11月3日 小倉競輪 ≫

9月26日 小倉競輪

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R

レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
1R 1 1 丹波 福道 74 岡山 マ差 同級生の志村
2 2 中堀 光昭 101 大分 捲差 自分でやります
3 3 × 大越 啓介 97 栃木 先捲 自分でやる
4 4 晴山 裕之 77 東京 マ差 大越に任せる
5 5 本島 泰康 97 熊本 先捲 単騎でも自力
6 6 大森  績 59 愛媛 マ差 中国の3番手
7 志村 達也 71 広島 先捲 自力・自在
  • 3先捲
  • 4マ差
  •  
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 6マ差
  •  
  • 2捲差
  •  
  • 5先捲
 前回の高知戦が凄く良かったので、今回もやるんじゃないかと期待された⑦(志村)、そこ迄の調子でなかったのか残念な成績だけど、2日目は赤板から逃げる気合、これが練習に成ったのであれば、このレースは先行争いは③(大越)と⑤(本島)に任せ、主戦法の捲りを決める。連携するのは中国ラインで同級生の①(丹波)、付いては行けるので。⑥(大森)迄が瀬戸内。今回に関しては気持で負けてる④(晴山)だが、本来の脚はこんなものでないので、関東の自力型(大越)に頑張って貰う事での3連対。九州の2人は別々でやるのでは。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
2R 1 1 伊藤 貴史 97 高知 先捲 先行です
2 2 井上 達雄 68 東京 マ差 佐藤君
3 3 佐藤  謙 90 栃木 捲差 自分で何かやってみる
4 4 × 五反田豊和 80 宮崎 先捲 自力
5 5 山中  隆 63 香川 マ差 四国でまとまり3番手
6 6 佐藤 隆紀 97 熊本 マ差 五反田さん
7 池内 吾郎 65 愛媛 マ差 伊藤の番手
  • 3捲差
  • 2マ差
  •  
  • 1先捲
  • 7マ差
  • 5マ差
  •  
  • 4先捲
  • 6マ差
 デビューからブレる事なく先行主体の自力を貫いてる①(伊藤)、それが前2走の積極プレー、こゝは四国の先輩⑦(池内)⑤(山中)に任された事で、前を取ったら誰も出さず逃げるし、③(佐藤謙)か④(五反田)が斬って来たら、出して早目に仕掛ける事で人気を考えての押し切り。点数上位の(佐藤謙)はこのまゝで終わる様な選手でないので、関東の大先輩②(井上)に任された事で(伊藤)の番手で勝負するか、流れではショート捲りは考えているか。2日目は久し振りにらしいレースをした(五反田)は、逃げたら裸先行に成るやも知れず、ならば捲りを狙うのでは。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
3R 1 1 取鳥 敬一 69 岡山 捲差 決めず自分で
2 2 清水 健次 113 東京 先捲 自力です
3 3 齋藤 昌太 93 栃木 マ差 東京へ
4 4 川島 聖隆 77 香川 先捲 先行出来る様に
5 5 駒井 大輔 98 東京 マ差 初の清水君
6 6 × 桜井 宏樹 98 東京 マ差 東京でまとまり3番手
7 水木 裕聡 96 高知 マ差 川島さんを全面信頼
  • 2先捲
  • 5マ差
  • 6マ差
  • 3マ差
  •  
  • 4先捲
  • 7マ差
  •  
  • 1捲差
 勝ち上がりの妙とは言え、九州の場で東京の自力型3人が同じレースを走る事に、こんなチャンスは滅多に無いので、一番若い②(清水)が赤板過ぎには先頭に立って飛ばすのを、⑤(駒井)⑥(桜井)の松戸バンクをホームにしてる2人が追い、関東ラインを大事にしてる③(齋藤)迄のラインは強固。こゝに来て調子上げてる④(川島)は、準決勝で迷惑掛けた⑦(水木)に任された事で関東4人を相手に放ったコメントは勇ましく「先行出来る様に頑張る」は、暗に関東カルテットの好きにはさせないを宣言したも同然。そんな展開を読んでる好調①(取鳥)は、捲りで連勝。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
4R 1 1 阪本 和也 115 長崎 先捲 先行します
2 2 × 田村 浩章 82 徳島 マ差 決めず前々
3 3 上原 直樹 75 岡山 マ差 決めず前々にします
4 4 丸林 一孝 81 福岡 マ差 拓には世話に成ってる、3番手
5 5 中村 秀幸 60 高知 マ差 前々
6 6 岡田 浩太 78 岡山 マ差 決めずにします
7 内山  拓 88 福岡 マ差 阪本君の番手
  • 1先捲
  • 7マ差
  • 4マ差
  •  
  • 2マ差
  •  
  • 5マ差
  •  
  • 3マ差
  •  
  • 6マ差
 高校迄は野球の名門校で甲子園を目指した①(阪本)、卒業してから目指したのが、父(正和)と同じ競輪選手の道、素質があったのか、115期を在校3位で卒業、デビュー後も順調だったのに、A級1・2班戦でこゝ迄苦戦するとは本人も思ってなかったのでは、今回もだけど、初日はダメだったのを反省したのが2日目の突っ張り先行、このメンバーは地元の⑦(内山)が後に来てくれたら、先行は1車も同然なので。(内山)は④(丸林)が九州3番手とコメントしたのを確かめて、(阪本)の番手で勝ちに行く事に決める。2日目も一人だった②(田村)はこゝもで、自力を残してる⑤(中村)も単騎なら、岡山の2人も話をして各々に成る。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
5R 1 1 杉山  剛 86 福岡 マ差 義秋(高橋)
2 2 太田 良政 74 岡山 マ差 臨機応変としか
3 3 高橋 紀史 91 佐賀 マ差 九州で3番手
4 4 長谷 隆志 64 岡山 マ差 臨機応変
5 5 × 吉田 周司 70 香川 マ差 九州の後から
6 6 江口 晃正 75 長崎 マ差 九州でまとまります
7 高橋 義秋 96 大分 先捲 九州の先頭で自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 3マ差
  • 6マ差
  • 5マ差
  •  
  • 4マ差
  •  
  • 2マ差
 準決勝の⑦(高橋義)は、赤板前から敢然と町田太我を叩きに行ったが、結果は突っ張られて前とは大きく離れてゴールしたが、プロのレーサーとして大事なのは、やるだけの事はやった闘争心、その褒美ではないが、このレースは逃げる候補生は一人ならばペースで逃げ切る事にする。番手は地元①(杉山)、練習やり過ぎたのか、前2走は不本意過ぎるが、これ迄やって来た事もあり、修正したものと信じての逆転劇。秋田から佐賀は武雄に移籍した③(高橋紀)は、本来の調子には程遠いが、スンナリの3番手があれば差し切っていても何等不思議ない。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
6R 1 1 樫山 恭柄 92 福岡 マ差 将志(井上)
2 2 石坂 永伍 93 岡山 マ差 同級生の木村君
3 3 川又 裕樹 97 鹿児 マ差 ラインの照屋
4 4 井上 将志 98 福岡 先捲 自力勝負
5 5 × 照屋 将貴 111 沖縄 先捲 積極自力
6 6 木村 浩宣 97 香川 先捲 自力
7 別所 英幸 83 福岡 マ差 恭柄(樫山)の後
  • 4先捲
  • 1マ差
  • 7マ差
  •  
  • 5先捲
  • 3マ差
  •  
  • 6先捲
  • 2マ差
 準決勝の①(樫山)は、後輩岩谷拓磨と一緒に成った時は決勝の事しか頭になかったのに、想定外の展開に成り、乗れなかったのは悔しくて堪らなかったのでは、別に調子悪い訳ではないので、こゝは任せた④(井上)が後手踏んだ時は自力に転じて地元戦勝利に全力を投じる。小倉の先輩⑦(別所)が好追走。尚任された(井上)は男らしいので、捲りは考えず、早目でも先行と思われる。南九州コンビは⑤(照屋)の自力には③(川又)で、福岡トリオに挑戦。2日目の逃げ切りは見事だった⑥(木村)は気持で闘うタイプなので、九州がやり合った時は②(石坂)を連れて捲ってる事も。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
7R 1 1 高橋清太郎 97 岡山 マ差 初の板崎君
2 2 楢原 由将 94 福岡 先捲 気合の自力
3 3 × 藤田 剣次 85 福岡 マ差 由将(楢原)
4 4 平  総一 76 熊本 マ差 久留米の3番手
5 5 櫻井 宏智 72 広島 マ差 清太郎に任せて3番手です
6 6 爲田  学 69 沖縄 マ差 逃げの番手か、先手ラインに
7 板崎 佑矢 101 愛媛 先捲 こゝは自力です
  • 2先捲
  • 3マ差
  • 4マ差
  •  
  • 6マ差
  •  
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 5マ差
 陸上競技で活躍した①(高橋清)、鍛え抜いた運動能力を活かす職業として選んだのが競輪選手、陸上繋がりで筒井敦史(85期)に弟子入りして順調だったのに、無理したのが祟り、腰ヘルニアと成り、2度も手術した過去が、A級に落ちたのは再発したのが原因なのかも。走る以上は泣き言は言わず、こゝは好調⑦(板崎)の番手で何としてもの気魄。(板崎)は逃げても捲りでも現時点では②(楢原)よりは上なので。2日目は朝練習で落車したのに全く影響は無かった⑤(櫻井)が3番手を固めるラインは強力。調子上々の③(藤田剣)は、久留米の後輩(楢原)に任せるが、展開次第では自力を発動する実力者。④(平)が好追走。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
8R 1 1 緒方 将樹 117 熊本 先捲 自力で頑張る
2 2 × 竹内 真一 89 福岡 マ差 谷元の番手
3 3 塩川真一郎 74 広島 マ差 好位狙い
4 4 白濱 一平 111 長崎 マ差 緒方君の番手
5 5 安藤 雄一 59 福岡 マ差 白濱の後です
6 6 柊元 則彦 84 福岡 マ差 竹内の後
7 谷元 奎心 117 鹿児 先捲 自力勝負
  • 1先捲
  • 4マ差
  • 5マ差
  •  
  • 3マ差
  •  
  • 7先捲
  • 2マ差
  • 6マ差
 初優勝、それも3連勝に王手を掛けた①(緒方)⑦(谷元)の同期ライバルは、互いに「優勝するのは僕です」と高らかに宣言。ならば派手に叩き合って共倒れするより、持つ処からの仕掛けに成った時は、他の5人を置き去りにしてる可能性は高いが、もっと先の事を考えて叩き合いを演じた時は、(緒方)に決めた好調④(白濱)が恵まれるし、(谷元)を選んだ絶好調②(竹内)に優勝のチャンス。地元の超ベテラン⑤(安藤)は、久留米の2人には割り込めないで(白濱)の後に成り、それで⑥(柊元)は(竹内)の後位で、九州は真二つに分かれてガチンコ勝負。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
9R 1 1 × 野口 大誠 105 熊本 マ差 初の岩谷
2 2 藤田 昌宏 82 岡山 マ差 後輩晝田の好きに
3 3 戸田 康平 101 香川 捲差 単騎でやる
4 4 古川 貴之 93 佐賀 マ差 九州3番手です
5 5 岩谷 拓磨 115 福岡 先捲 九州の先頭で自力
6 6 晝田宗一郎 115 岡山 先捲 前で自力
7 町田 太我 117 広島 先捲 特進狙う自力
  • 6先捲
  • 2マ差
  •  
  • 5先捲
  • 1マ差
  • 4マ差
  •  
  • 7先捲
  •  
  • 3捲差
 5月の広島新人戦からチャレンジそしてA級1・2班戦をこゝ迄無傷で来た⑦(町田)、簡単にS級特進は決められないとばかり、生みの苦しみ味わったのが準決勝、2周逃げて、こゝの①(野口)にビサ勝ちしたのは或る意味でツキであり、こゝ迄来たら117期3人目の特進は決めて欲しい輪界の救世主。ラインの長さで勝負するのは、優勝しか狙わない地元⑤(岩谷)を先頭にまとまる(野口)④(古川)の九州だが。⑥(晝田)は、先輩の②(藤田昌)に好きに走れと言われたか、(町田)に行けるけど断ったのは真剣勝負をやりたかったからの事か、ならば逃げて小倉戦連覇を狙う。四国1車の③(戸田)も、(町田)の後は魅力あっても、やってる事は自力。

※「予想の並び」は実際の並びと異なる場合がございますのでご了承ください。
※「並び内の脚質」は展開脚質を記載しています。実際の脚質と異なる場合がございますのでご了承ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ページ先頭へ↑

競輪予想情報

競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

<< 9月25日 小倉競輪  |  11月3日 小倉競輪 ≫