予想情報

予想情報 小倉競輪

≪ 9月13日 小倉競輪  |  9月15日 小倉競輪 ≫

9月14日 小倉競輪

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R

レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
1R 1 1 川田 ひな 114 香川 マ差 前々
2 2 佐伯 智恵 114 愛媛 捲差 取れた位置から
3 3 森内 愛香 118 大阪 マ差 自在
4 4 内村 舞織 112 福岡 先捲 自力
5 5 東口  純 108 石川 マ差 前々から自在
6 6 × 杉浦 菜留 118 愛知 マ差 流れ見て自力・自在
7 田中 月菜 118 佐賀 先捲 自力を出したい
  • 2捲差
  • 1マ差
  • 4先捲
  • 5マ差
  • 6マ差
  • 7先捲
  • 3マ差
 初日の④(内村)は仕掛け遅れたのは反省だけど、成田可菜絵の捲りにスッと切り替えるや直線で一気に逆転したのはこれ全て練習の成果か、間違いなくデビュー以来現在が一番強いし、これをキッカケにすれば更に上位へ行ける楽しみしかない22歳、このレースは姉弟子、児玉碧衣を真似て1周近くを逃げても持つし、好位置あれば捲りで連勝。対抗に推した②(佐伯)の初日は、珍しく何もせず、只流れ込んだだけだったのには失望させられたが、決勝に乗るには3着内は絶対必要。(内村)の隣枠の⑤(東口)はピッタリマークするのが理想形。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
2R 1 1 佐々木恵理 110 愛知 マ差 前々
2 2 矢野 光世 104 福岡 先捲 自力
3 3 三宅 玲奈 108 岡山 マ差 流れ見て
4 4 児玉 碧衣 108 福岡 先捲 自力
5 5 × 橋本 佳耶 114 熊本 先捲 自力
6 6 向井  円 114 大阪 マ差 取れた位置から
7 成田可菜絵 112 大阪 先捲 自力
  • 2先捲
  • 1マ差
  • 4先捲
  • 3マ差
  • 5先捲
  • 7先捲
  • 6マ差
 初日の④(児玉)は、前節に遅目の捲り3連発で3連勝した梅川風子に見せつける様に、鐘過ぎの4コーナーから仕掛けて丸一周をタレる事無く素晴らしいスピードで押し切ったのは、2年連続ガールズグランプリを制した実力でありプライド、この気持がある限り今年の平塚グランプリVは揺るがないのでは、このレースも全国の「碧衣ファン」を安心させる並外れたパワーで押し切る。初日の捲り2着は内容があった⑦(成田)は、力出し切る事で2着をキープしているか。2前回の高知から立ち直ってる③(三宅)に、自在の⑤(橋本)は、決勝に乗りたいで力出し切る事で。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
3R 1 1 溝口  葵 117 大阪 先捲 先行です
2 2 本田  博 67 宮崎 捲差 自分で何か
3 3 沖  健一 75 高知 マ差 近畿3番手から
4 4 市山 芳宏 71 徳島 マ差 取り合えず沖さんの後
5 5 × 木幡 幸仁 73 鹿児 マ差 本田さんの後か、決めず何か
6 6 小畑 大臣 74 岡山 マ差 四国の後
7 竜門 孝宗 95 兵庫 マ差 再度溝口
  • 1先捲
  • 7マ差
  • 3マ差
  • 4マ差
  • 6マ差
  •  
  • 2捲差
  • 5マ差
 初日予選の①(溝口)は、鐘過ぎから叩きに来た磯村蓮太と1周以上も壮烈な先行争いを演じた末の最下位ゴールは内容があり、調子の良さを確かめたのでは、このメンバーはどう見ても先行するのは一人だけなら、しっかり押し切ってとんでもない人気に応えるしかない。後は初日も連携してる⑦(竜門)、誰かに粘られても、そこは脚力と近畿の絆で付いて行けば本命で収まるしかないレース。この後を一応主張したのは実績の③(沖)。それで④(市山)に⑥(小畑)もとりあえずで並ぶ事に。南九州の2人は自力でやって来た②(本田)は自分でやるでも、⑤(木幡)は意味深なコメントを残したのは気に成るもの。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
4R 1 1 長野 和弘 82 福岡 マ差 (補充)
2 2 × 田村 光昭 67 広島 マ差 決めず
3 3 梅澤 謙芝 57 三重 先捲 自力
4 4 城木 健治 95 愛知 マ差 梅澤さん
5 5 妹尾 英信 67 岡山 マ差 決めずにします
6 6 大石 敏弘 73 福岡 マ差 福岡で3番手
7 秋永 昂人 98 福岡 先捲 積極自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 6マ差
  •  
  • 2マ差
  •  
  • 5マ差
  •  
  • 3先捲
  • 4マ差
 前期は失格が1度あっても2班は決めてる①(長野)、初めてのチャレンジ戦でも気を抜かず、全然知らない新人相手でも大奮闘、補充を受けた以上は体調は問題無いし、調子も良い上に後輩⑦(秋永)を使えるなら、1着を決めて本命党の期待に応える事で。前で頑張る(秋永)は別府戦から開眼して居り、先輩(長野)を信じて逃げて粘り抜く。⑥(大石)迄が九州地元ライン。予選は見せ場を作れなかった③(梅澤)だが、若い④(城木)に任された以上は、これ迄やって来た捲りで地元勢に挑んで欲しい。中国の2人は各々に走るでは厳しいかも。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
5R 1 1 永田 秀佑 103 長崎 先捲 自力
2 2 滝川 秀嗣 71 愛知 捲差 任されたので動きます
3 3 渡辺 大剛 100 京都 先捲 自力
4 4 古屋 孝一 62 愛知 マ差 滝川に任せる
5 5 林  修平 99 大阪 マ差 大剛(渡辺)
6 6 宮原 英司 71 長崎 マ差 後輩永田
7 × 西村 尚文 91 鹿児 マ差 決めず
  • 1先捲
  • 6マ差
  •  
  • 7マ差
  •  
  • 2捲差
  • 4マ差
  •  
  • 3先捲
  • 5マ差
 初日は今イチ気持が入らないのか、又しても信じられぬ凡走で人気を裏切った①(永田)、調子は別に悪くないそうで、負け戦に成れば「これ以上ファンに迷惑掛けられない」の責任感で勝利してるのがこれ迄ならば、このレースもと信じて。後は同県の大先輩⑥(宮原)。自力を残してる⑦(西村)は、割り切っての単騎戦。予選の③(渡辺)は、新人兼本将太を相手に赤板から逃げた迫力は仲々だったのは魅力。後を固める⑤(林)もしっかりしてるので。先輩④(古屋)に任された事で「一丁やってやるか」に成ったのは、実力はこんなものでない②(滝川)、自力を匂わす。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
6R 1 1 高谷進太郎 85 三重 マ差 磯村とは初連携
2 2 新村  真 87 岡山 マ差 決めず何か
3 3 奥中 竜之 80 大阪 マ差 中部の4番手
4 4 × 兵動 秀治 97 広島 マ差 単騎でやる
5 5 浅野 将弘 90 岐阜 マ差 中部で3番手
6 6 和田 信一 74 滋賀 マ差 決めず
7 磯村 蓮太 115 愛知 先捲 先行基本
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 5マ差
  • 3マ差
  •  
  • 2マ差
  •  
  • 4マ差
  •  
  • 6マ差
 初日予選の⑦(磯村)は、赤板過ぎから出た溝口葵を鐘で仕掛け、ホームでは頭一つ出たのに、内から盛り返した(溝口)と激しい先陣争いを演じた事で徳吉正治の捲りに屈したが、そのやる気は評価大、恵まれた事には逃げる候補生は一人であれば、押し切って当然のパワーに調子。番手は前回松阪で2勝してる①(高谷)、スンナリならばチョイ差はあるかも。⑤(浅野)③(奥中)迄とラインは長い。自分でやれる②(新村)と④(兵動)は並ぶ事はせず、各々に脚を溜めての捲り追い込みを狙うのでは。⑥(和田)も決めずとコメントしたのは、久し振りに動く気に成ったのかも。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
7R 1 1 × 澤亀 浩司 60 福岡 マ差 土居君の番手
2 2 奥平 充男 93 京都 先捲 自力です
3 3 内藤 久文 117 愛知 先捲 自力です
4 4 長尾 博幸 87 大阪 マ差 近畿3番手
5 5 服部 正継 86 岐阜 マ差 内藤君の番手
6 6 幡中 幸弘 80 兵庫 マ差 奥平さんの番手
7 土居 佑次 113 高知 先捲 決勝に乗る自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  •  
  • 2先捲
  • 6マ差
  • 4マ差
  •  
  • 3先捲
  • 5マ差
 努力すれば無限の可能性を秘めている③(内藤久)、独立リーグで野球のプロから転身した選手は皆S級で活躍してる事を考えたら楽しみでしかないし、予選のロング捲りは迫力満点、このレースは⑤(服部)と2車に成っても、力の出し惜しみをしない限り連対は外さないパワー。逃げに徹す事で調子を上げて来た⑦(土居)も絶好調、九州の①(澤亀)に任された事で、(内藤久)には負けない逃げで押し切り狙い。頑張ってる(澤亀)なら逆転は少々。3人に成った近畿は自力・自在の②(奥平)には④(長尾)と思われたが、(長尾)の方から3番手に決めた模様。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
8R 1 1 村田 瑞季 117 京都 先捲 自力です
2 2 明星 晴道 82 愛媛 マ差 大平と又一緒ですね
3 3 × 徳吉 正治 89 福岡 先捲 自力です
4 4 井上 将志 86 大阪 マ差 近畿で3番手
5 5 川本 恵二 78 兵庫 マ差 村田と連携するのは初めて
6 6 中塚 記生 63 熊本 マ差 予選と一緒で徳吉に
7 大平竜太郎 117 愛媛 先捲 自力です
  • 1先捲
  • 5マ差
  • 4マ差
  •  
  • 3先捲
  • 6マ差
  •  
  • 7先捲
  • 2マ差
 予選の①(村田)は5番手に成った事で鐘からブッ飛ばし、ド派手に後続を引き離したパワーは圧巻、1周を22秒7で走破、それも前半11秒0ならば、タイムだけならS級選手に遜色ないもの、こゝは⑤(川本)④(井上)の近畿大先輩に任された事で、逃げを第一に捲りはあく迄も最後の手段。(川本)は離れない事を祈るのみ。初日にワン・ツー決めてるのは⑦(大平)②(明星)の愛媛コンビ、先輩に抜かれはした(大平)だが、その迫力は(村田)とは互角、要は仕掛けるタイミング次第。初日と同じで、2匹目のドジョウを狙っているのは③(徳吉)⑥(中塚)の九州コンビ。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
9R 1 1 松丸 裕紀 86 福岡 マ差 初の兼本
2 2 小川 大地 98 愛知 捲差 何でもありで
3 3 石貞 有基 100 兵庫 先捲 自力
4 4 岡田 裕康 72 滋賀 マ差 石貞に任せます
5 5 × 加藤 正法 96 愛知 マ差 大地(小川)
6 6 藤田 享市 60 滋賀 マ差 近畿で3番手
7 兼本 将太 117 熊本 先捲 自力です
  • 7先捲
  • 1マ差
  •  
  • 2捲差
  • 5マ差
  •  
  • 3先捲
  • 4マ差
  • 6マ差
 初日予選の⑦(兼本)は、九州の先輩2人に任されたならばホーム前には仕掛けると思ったのに、やった事は2コーナー捲り、澤亀浩司が付いて行けたから良かったものも、反省でしかなかったのでは、これだけの成績を有してるならば、1周半でも逃げ切って何等おかしくない。番手の①(松丸)は初日の伸びは素晴らしかったので、(兼本)が逃げた時は逆転はあるかも。チャレンジに落ちて、小倉を走れば好走してる③(石貞)、恵まれた事に後2人であればラインの力で決勝には乗っているか。予選の②(小川)は初手から番手競りを演じて居り、流れでは(兼本)に目標絞り勝負してる事も。

※「予想の並び」は実際の並びと異なる場合がございますのでご了承ください。
※「並び内の脚質」は展開脚質を記載しています。実際の脚質と異なる場合がございますのでご了承ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ページ先頭へ↑

競輪予想情報

競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

<< 9月13日 小倉競輪  |  9月15日 小倉競輪 ≫