予想情報

予想情報 小倉競輪

≪ 8月27日 小倉競輪  |  9月6日 小倉競輪 ≫

8月28日 小倉競輪

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R

レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
1R 1 1 吉成 貴博 97 熊本 マ差 地元の勝部君
2 2 沖本 尚織 87 広島 マ差 平坂さんの後
3 3 × 茅野 寛史 99 鹿児 マ差 九州ライン大事に3番手
4 4 平坂 典也 61 広島 マ差 宮崎君の番手
5 5 勝部 貴博 105 福岡 先捲 自力です
6 6 龍門慎太郎 96 岡山 マ差 中四国ライン大事に
7 宮崎 一彰 99 高知 先捲 自力
  • 5先捲
  • 1マ差
  • 3マ差
  •  
  • 7先捲
  • 4マ差
  • 2マ差
  • 6マ差
 6月に小倉を走った時は特選にシードされた勢いで決勝に乗った①(吉成)、次の佐世保で中途欠場してから点数落したが、調子は悪くないそうで、こゝは2日目に田村裕也を突っ張り通して僅差の3着に粘った地元のハッスルボーイ⑤(勝部)の番手で人気に応える。このまゝではチャレンジに落ちるで、地元戦を前にして練習した(勝部)、連日の迫力ある逃げこそが本来の姿、⑦(宮崎)との2分戦は地の利と勢いで制すか。③(茅野)迄が九州ライン。着以上に動けてる(宮崎)は、後3人のアドバンテージを活かす事で。番手は50過ぎて強く成ってる巧者④(平坂)。立ち直り途上の②(沖本)に⑥(龍門)迄のラインは長い。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
2R 1 1 岩本  純 94 岡山 マ差 田村君
2 2 竹元 健竜 115 福岡 先捲 先行基本
3 3 × 徳吉 広紀 84 福岡 マ差 初日同様、竹元健
4 4 田村 裕也 113 徳島 先捲 自力
5 5 松尾 玄太 93 佐賀 マ差 久留米の後
6 6 岡田 浩太 78 岡山 マ差 4番手です
7 星島  太 66 岡山 マ差 純(岩本)
  • 4先捲
  • 1マ差
  • 7マ差
  • 6マ差
  •  
  • 2先捲
  • 3マ差
  • 5マ差
 岩津裕介(87期)と高校時代は野球に打ち込み、プロを目指した①(岩本)、一足先に競輪界入りした(岩津)に誘われて弟子入りするや、力強い先行・捲りでS級迄は順調だったのに何があったのかこゝ迄落ちるとは、それで現在は岩津の了解を得て筒井敦史(85期)と練習してるのが今期の成績、こゝは先行レーサー④(田村)の番手で人気に応える。腰・膝・頸椎を痛め薬で散らし乍ら頑張ってる⑦(星島)、不運な事に落車で左腱板断裂の重傷で歯を食いしばって練習したのは、この職業を愛してるからの事、66期在校1位は伊達ではない。⑥(岡田)迄のラインは長くて強力。九州は調子今イチの②(竹元)を先頭に③(徳吉)⑤(松尾)でまとまりはするが。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
3R 1 1 山原 利秀 63 高知 マ差 吉岡の番手
2 2 矢田  晋 94 福岡 マ差 初めての天野君
3 3 × 中里福太郎 113 長崎 先捲 自力です
4 4 大山 泰伸 68 香川 マ差 四国3番手
5 5 田中 洋輔 84 宮崎 マ差 初日同様、中里
6 6 天野 純平 115 佐賀 先捲 前で自力
7 吉岡伸太郎 105 愛媛 先捲 ラインで決める自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 4マ差
  •  
  • 3先捲
  • 5マ差
  •  
  • 6先捲
  • 2マ差
 初日特選の⑦(吉岡)は、近況を物語る逃げで押し切ったのに、準決勝は一度も先頭に立てず、こゝの③(中里)を捲れなかったのは痛恨だったのでは、迷惑掛けた全国のファン、そして①(山原)のためにしっかり逃げるか捲りを決めてこその立ち場。これで3日間一緒に成った(山原)は何も言わず付いて行く事に専念。④(大山)迄が人気の四国トリオ。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
4R 1 1 八尋 英輔 89 福岡 マ差 再度大悟
2 2 × 増原 正人 98 広島 マ差 三登に再度
3 3 中村 健志 96 熊本 マ差 孔明(松岡)さん
4 4 三登 誉哲 100 広島 捲差 自力です
5 5 松岡 孔明 91 熊本 捲差 自力です
6 6 藤原 悠斗 91 岡山 マ差 広島の後
7 林  大悟 109 福岡 先捲 自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  •  
  • 5捲差
  • 3マ差
  •  
  • 4捲差
  • 2マ差
  • 6マ差
 予選は後競りを物ともせず自分のレースに徹し、11秒4のハロンで押し切った⑦(林)、準決勝は格上の取鳥雄吾を赤板で叩いて逃げたが、それ迄に脚を使った事もあり、取鳥に力負けしたが、やる事はやったし、この負け戦で更に練習する気に成ったのでは、こゝは初日と同じで、先輩①(八尋)に任されたなら力の出し惜しみはせず、全力で逃げる。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
5R 1 1 上吹越直樹 86 鹿児 マ差 吉本君
2 2 小玉 拓真 98 岡山 捲差 自分で
3 3 渡邉 豪大 107 静岡 先捲 自力
4 4 柴田功一郎 79 神奈 マ差 渡邉豪
5 5 × 上田  学 69 愛媛 マ差 連携ある小玉
6 6 井手  健 79 長崎 マ差 九州で3番手
7 吉本 卓仁 89 福岡 捲差 自力です
  • 3先捲
  • 4マ差
  •  
  • 7捲差
  • 1マ差
  • 6マ差
  •  
  • 2捲差
  • 5マ差
 2前回の当地戦を中途欠場した⑦(吉本)、それもあって今回はリベンジの意味もありそれなりに仕上げて来たのに、予選は工藤文彦の逃げに手こずり3位で人気を裏切り、準決勝は山田庸平の番手に成りはしたが山田のはっきりしない運行に付け切れず最下位の屈辱、このまゝで終われば次の開催に影響するで走る事にした以上は、先行主体の自力で勝利するしか。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
6R 1 1 久米  良 96 徳島 捲差 自分で
2 2 市橋司優人 103 福岡 先捲 自力
3 3 × 池田  良 91 広島 捲差 自分で何か
4 4 栗田 貴徳 93 愛媛 マ差 良(久米)に任せます
5 5 中村 良二 81 福岡 マ差 初日同様、司優人
6 6 高田 大輔 97 岡山 マ差 良(池田)さん
7 西川 親幸 57 熊本 マ差 福岡の後
  • 2先捲
  • 5マ差
  • 7マ差
  •  
  • 3捲差
  • 6マ差
  •  
  • 1捲差
  • 4マ差
 初日予選の②(市橋)は、自信満々に鐘過ぎから逃げた時は余裕で押し切り、勝利者インタビューに出るのではと思われたのに、まさかの失速で3着迄沈むとは、このメンバーはどう見ても先行は1車であれば、逃げ切って地元ファンの期待に応えるしかない。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
7R 1 1 × 戸田 洋平 92 岡山 マ差 工藤さん
2 2 望月 一成 111 静岡 先捲 先行
3 3 大崎飛雄馬 88 愛媛 マ差 岡山の後
4 4 大塚  玲 89 神奈 マ差 初日同様、一成
5 5 工藤 文彦 97 岡山 先捲 自力
6 6 松本 大地 81 熊本 マ差 切れ目
7 勝瀬 卓也 84 神奈 マ差 玲(大塚)
  • 2先捲
  • 4マ差
  • 7マ差
  •  
  • 6マ差
  •  
  • 5先捲
  • 1マ差
  • 3マ差
 オールスターで超一流と互角に渡り合ってた④(大塚)、今回は決勝に乗る事しか考えてなかったのに、初日は、こゝの②(望月)を懸命に庇い残しに行った事で池田良に抜かれ、大事な準決勝は、遅目の捲りと思ってた簗田一輝が鐘過ぎから仕掛けてくれたので、つい恩情を掛けたら抜き損じた上に、山田庸平からタイヤ差抜かれるチョンボ、これがスタイルあれば仕方ないのかも、こゝは(望月)に逃げて貰い、ファンのために勝利する。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
8R 1 1 連佛 康浩 93 岡山 マ差 城戸に再度
2 2 × 小林 弘和 91 佐賀 マ差 小竹に再度
3 3 永田 修一 90 熊本 マ差 興呂木さん
4 4 和田 誠寿 103 広島 マ差 準決同様、岡山
5 5 小竹 洋平 97 福岡 捲差 自力
6 6 興呂木雄治 96 熊本 捲差 前で自在
7 城戸 俊潔 115 岡山 先捲 3連勝する自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 4マ差
  •  
  • 5捲差
  • 2マ差
  •  
  • 6捲差
  • 3マ差
 初日予選の⑦(城戸)は何とか力で制したものゝ、レース内容はダメだったのを反省したのが準決勝、前を取って同期の天野純平を出すや、サッと下げて鐘では仕掛け好タイムで押し切ったのが実力であり調子、決勝も先輩①(連佛)とじっくり作戦を練り、力強い自力で3連勝決める。番手の(連佛)は、抜けたら儲け物としか考えない性格。差脚切れる④(和田)迄の中国ラインは強力。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
9R 1 1 山崎 賢人 111 長崎 先捲 九州の先頭で
2 2 × 簗田 一輝 107 静岡 捲差 単騎自力
3 3 取鳥 雄吾 107 岡山 先捲 自力勝負
4 4 山田 庸平 94 佐賀 マ差 賢人(山崎)
5 5 福島 武士 96 香川 マ差 中国3番手
6 6 西岡 拓朗 97 広島 マ差 雄吾(取鳥)
7 田中  誠 89 福岡 マ差 3番手です
  • 1先捲
  • 4マ差
  • 7マ差
  •  
  • 2捲差
  •  
  • 3先捲
  • 6マ差
  • 5マ差
 初日特選で闘った7名が準決の難関をクリヤーした事で同じ結果に成るのか、それともやられた選手が頭を使って違うレースをやるのか興味津々の決勝戦。ワン・ツー・スリーを決めた九州は、再現を狙って①(山崎)は前を取り、③(取鳥)を出して早目に仕掛けるか、それとも突っ張る事に、何れにしても番手の④(山田)には有利に運ぶし、優勝に又とないチャンス。

※「予想の並び」は実際の並びと異なる場合がございますのでご了承ください。
※「並び内の脚質」は展開脚質を記載しています。実際の脚質と異なる場合がございますのでご了承ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ページ先頭へ↑

競輪予想情報

競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

<< 8月27日 小倉競輪  |  9月6日 小倉競輪 ≫