予想情報

予想情報 小倉競輪

≪ 8月12日 小倉競輪  |  8月14日 小倉競輪 ≫

8月13日 小倉競輪

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R

レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
1R 1 1 安藤 雄一 59 福岡 マ差 (補充)
2 2 岡  俊行 80 高知 マ差 前々
3 3 本島 泰康 97 熊本 先捲 自力
4 4 秋永 共之 90 福岡 先捲 自力
5 5 × 内村 哲也 62 山口 マ差 地元の後
6 6 上村 常文 59 熊本 マ差 本島に任せる
7 川添 輝彦 56 沖縄 マ差 熊本の後
  • 4先捲
  • 1マ差
  • 5マ差
  •  
  • 2マ差
  •  
  • 3先捲
  • 6マ差
  • 7マ差
 補充は準備してた④(秋永)①(安藤)の地元コンビ、前に成った(秋永)は、3前回の当地最終日に逃げて僅差の3着に粘って居り、次の久留米こそ体調崩して中途欠場したが、別府を走り悪くなかった事で走る以上は大先輩の前で逃げるか。人間が出来てる(安藤)は、後輩の好きにさせてワン・ツーを決める。目標不在に成った⑤(内村)は、⑦(川添)が熊本を選んだ事もあり、地元に決めての連突入。生死をさまよう大怪我をしたのに、初日は新人の番手で粘った③(本島)、気合は入って居り、こゝは先輩⑥(上村)だけでなく(川添)に任された事で先行・捲りの自力で力出し切る。悪くない②(岡)は先手ラインか、先手の番手で勝負する。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
2R 1 1 田  典幸 117 熊本 先捲 自力です
2 2 前田 義秋 52 栃木 マ差 後輩小坂
3 3 北田 昭志 66 愛媛 マ差 決めず
4 4 阪本 大志 95 長崎 マ差 森山さん
5 5 × 小坂  勇 64 栃木 マ差 前々
6 6 江頭 幹人 58 佐賀 マ差 阪本の後
7 森山 昌昭 67 福岡 マ差 (補充)
  • 5マ差
  • 2マ差
  •  
  • 3マ差
  •  
  • 1先捲
  • 7マ差
  • 4マ差
  • 6マ差
 熊本の進学高校、濟々黌から国立鹿児島大学の農学部を卒業してる①(田)、大学で自転車部に在籍、サイクリングに熱中、在学中に仲間6人と40日間掛けて北海道の最北端宗谷岬迄走破した事で実業団に入ったが、生活出来ず一念発起して、3度目の正直で117期に合格、実戦を3場所消化したが苦戦を強いられてるけど、やる気はあり、このメンバーは恵まれた事に先行型は1車なら、逃げ切って初勝利。④(阪本)が「森山さんの後です」とコメントしてる事で、必然的に補充の⑦(森山)が番手に成る。先輩②(前田)に任された⑤(小坂)は前々とコメントしたが自力型ではないので、流れでは(田)の番手で勝負してる事も。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
3R 1 1 瓦田 勝也 77 福岡 マ差 島村君
2 2 岡崎 哲昌 65 岡山 マ差 後輩森
3 3 × 小川 辰徳 100 埼玉 先捲 こゝも自力
4 4 廣川 貞治 61 東京 マ差 ラインの小川君
5 5 藤野 貴章 97 佐賀 マ差 福岡の後
6 6 森  佑樹 94 岡山 先捲 自力
7 島村  匠 111 福岡 捲差 連勝する自力
  • 6先捲
  • 2マ差
  •  
  • 7捲差
  • 1マ差
  • 5マ差
  •  
  • 3先捲
  • 4マ差
 走る場が全て小倉だったら間違いなくS級戦士は⑦(島村)、初日予選は自信満々に⑥(森)を出して、鐘過ぎの2センターから捲ったスピードもだが、加藤昌平に抜かせなかったのが論より証拠、再び(森)との対戦に成ったが、自信満々の先行・捲りで圧倒的人気に応える。地元①(瓦田)が好追走。⑤(藤野)も、こゝは3番手で折り合う。逃げだけでなく一応何でもやれる(森)は、先輩②(岡崎)と2人して決勝に乗る事を考えての運行か。(岡崎)なら付いては行けるし、チョイ差も。初日の押し切りは見事だった③(小川)は、ラインの④(廣川)を連れての逃げか捲りの自力勝負。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
4R 1 1 × 加藤 昌平 80 福岡 マ差 近藤に任せる
2 2 清水 健次 113 東京 先捲 自力です
3 3 大田 啓介 73 岡山 マ差 新村の後
4 4 近藤 悠人 93 鹿児 先捲 自力・自在
5 5 新村  真 87 岡山 マ差 清水君
6 6 幸津  博 78 徳島 マ差 初の石原
7 石原  颯 117 香川 捲差 人気に応える自力
  • 2先捲
  • 5マ差
  • 3マ差
  •  
  • 4先捲
  • 1マ差
  •  
  • 7捲差
  • 6マ差
 初日予選の⑦(石原)は岡崎哲昌・工正信に頼まれでもしたか、鐘からやさしく仕掛けた事でスピードに乗り切れなかったが、余裕で押し切ったのが実力であり調子、このレースは本格的な先行レーサー②(清水)との実質2分戦であれば、初日程の余裕は無いので、11秒台それも前半のタイムで再勝決める。四国同士で⑥(幸津)がマークするも離れそうなので、(清水)の残りを第一に。地元だから絶対決勝に乗りたい①(加藤)は、④(近藤)と話をして九州ラインを大事に任せた事で、(近藤)は何時も以上に気合を入れて動く。(清水)の後が空いたのを確かめて、⑤(新村)③(大田)で喜んで。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
5R 1 1 神開 将暢 69 福岡 マ差 後輩高倉
2 2 × 林  成人 73 愛媛 捲差 決めず自分で
3 3 米丸 俊成 72 熊本 マ差 荒木に任せる
4 4 荒木 真慈 69 熊本 マ差 久留米の後
5 5 長谷 俊昭 56 岡山 マ差 決めず
6 6 森下 忠夫 69 高知 マ差 決めず
7 高倉 俊宏 93 福岡 先捲 自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 4マ差
  • 3マ差
  •  
  • 2捲差
  •  
  • 6マ差
  •  
  • 5マ差
 初日予選の⑦(高倉)は、久留米の先輩穴井利久と丸林一孝を連れて敢然と西田将士を叩き鐘から逃げたが、結果は西田の捲りに屈したものゝこれで気合入ったし、2日目こそはと思っていたらどう見ても先行1車、ならばペースで逃げての押し切り有力視される。予備から前検日に上った①(神開)、初日は宮本龍一がいきなりイン捲りに行った3番手で付いて行けたのは好調、スンナリなら逆転迄も。前回の失格ショックか初日は冴えなかった④(荒木)は、久留米の後から実力で連突入。③(米丸)迄が九州ライン。瀬戸内の3人は、じっくり話をして各々に単騎とは。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
6R 1 1 池部 壮太 109 大分 先捲 自力
2 2 隅  直幸 84 山口 マ差 大崎さん
3 3 赤星 俊光 86 熊本 マ差 九州ライン大事に4番手
4 4 × 丸林 一孝 81 福岡 マ差 大分の後
5 5 小谷 文康 94 広島 マ差 隅君
6 6 大崎世志人 76 高知 捲差 何かします
7 安部 龍文 94 大分 マ差 後輩池部
  • 1先捲
  • 7マ差
  • 4マ差
  • 3マ差
  •  
  • 6捲差
  • 2マ差
  • 5マ差
 初日予選の①(池部)は外田心斗に叩かれたが、寺崎祐樹に入れて貰い番手に成ったのに、慣れてないのかつい焦って仕掛け準決進出を逸したが、持ち味は長い距離を踏める逃げ、初日は相手が悪かっただけと割り切って先行する。⑦(安部)の初日は単騎に泣かされたが、何度も連携してる後輩(池部)の番手は何が何でも守り抜き、2人で決める事に全力。④(丸林)が3番手。目標不在に成った②(隅)は、(池部)を相手に自力は厳しいと判断して⑥(大崎)に任せるサプライズ。⑤(小谷)はライン大事にのレーサーなので後を固める。自力は考えてなかった(大崎)は自力を匂わす。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
7R 1 1 好永  晃 98 佐賀 捲差 宮本さん
2 2 今野 有樹 115 愛媛 先捲 自力
3 3 國武 耕二 66 佐賀 マ差 晃(好永)
4 4 宮本 龍一 92 福岡 先捲 自力
5 5 時松  正 67 熊本 マ差 瀬戸内に
6 6 × 寺崎 祐樹 97 熊本 マ差 決めず
7 近藤 範昌 82 岡山 マ差 今野君
  • 4先捲
  • 1捲差
  • 3マ差
  •  
  • 6マ差
  •  
  • 2先捲
  • 7マ差
  • 5マ差
 初日特選は瓜生崇智の番手で近藤誠二と壮烈な競りを演じた①(好永)、もう自力は出したくない様で、こゝは先輩③(國武)に了解して貰い、地元の自力型④(宮本)の番手を強気に主張。それで(宮本)の後に行けると思っていた熊本の2人は、⑤(時松)が後輩⑥(寺崎)に「悪いけど俺は瀬戸内に行かせて貰う」と言った事で(寺崎)は決めず、展開次第では捲りを出しての決勝進出。予選の勝利は見事だった②(今野)は(宮本)との主導権争いを若さとパワーで制した時は、初日特選も動いていた⑦(近藤範)が恵まれる事に。尚(宮本)は男らしいので、逃げる事に迷いは無い。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
8R 1 1 屋良 朝春 94 沖縄 マ差 松尾に任せる
2 2 外田 心斗 115 愛媛 先捲 自力
3 3 穴井 利久 65 福岡 マ差 九州でまとまり4番手
4 4 森岡 正臣 75 高知 マ差 四国で3番手
5 5 × 西田 将士 105 長崎 マ差 同級生屋良
6 6 松尾 勇吾 115 熊本 先捲 自力
7 近藤 誠二 80 香川 マ差 外田に任せます
  • 2先捲
  • 7マ差
  • 4マ差
  •  
  • 6先捲
  • 1マ差
  • 5マ差
  • 3マ差
 前回の高松戦でA級4度目の優勝を捲りで決めた②(外田)、この力があれば、予選は1着を取って弾みを付けるものと思ったのに、よもや寺崎祐樹に抜かれての2着は本人が一番ショックだったのでは、気合入れ直した準決勝は決勝に乗る先行・捲り。番手は高松の初日に連携してる⑦(近藤誠)、決勝は表原周の後廻りで3番手だったが、初日に競った事で気合入った調子で逆転してるか。④(森岡)迄が四国ライン。九州4人は話をして、自分でもやれる①(屋良)は115期の新人⑥(松尾)を選んだ事で、⑤(西田)は「同級生の屋良との別線は考えてない」で3番手に成り、それで③(穴井)は4番手に成る。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
9R 1 1 飯田 裕次 97 福岡 マ差 瓜生の番手
2 2 内村 泰三 72 山口 マ差 初の池川君
3 3 × 良永 浩一 86 福岡 マ差 飯田の後
4 4 石山 直哉 85 徳島 マ差 住村さんの後、4番手
5 5 住村  実 82 徳島 マ差 中国3番手
6 6 池川 瑠威 115 広島 先捲 積極自力
7 瓜生 崇智 109 熊本 先捲 人気に応える自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 3マ差
  •  
  • 6先捲
  • 2マ差
  • 5マ差
  • 4マ差
 絶対に1着を決めるしかない初日特選を、プレッシャーに負けず力で逃げ切った⑦(瓜生)、先行1車と言えども後競りで、単騎で動ける選手が2人居たのに、しっかり人気に応えたのが現在の調子、こゝは115期生⑥(池川)との2分戦に成ったのを心の底から喜んでいるのでは。番手は地元小倉の①(飯田)。久留米の③(良永)迄がしっかりした九州ライン。初日の動きは悪くなかった②(内村)は、初めての(池川)を付けて貰い喜んだのは事実。ならば(池川)は捲りでなく、逃げて(瓜生)に挑戦状を叩き付ける。⑤(住村)④(石山)の徳島コンビは中国の後を固めた事で数の上では九州をリードしてる。

※「予想の並び」は実際の並びと異なる場合がございますのでご了承ください。
※「並び内の脚質」は展開脚質を記載しています。実際の脚質と異なる場合がございますのでご了承ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ページ先頭へ↑

競輪予想情報

競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

<< 8月12日 小倉競輪  |  8月14日 小倉競輪 ≫