予想情報

予想情報 小倉競輪

≪ 7月6日 小倉競輪  |  7月8日 小倉競輪 ≫

7月7日 小倉競輪

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R

レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
1R 1 1 塩満 賢治 58 鹿児 マ差 地元秋永君
2 2 平川 公一 86 徳島 先捲 自力
3 3 高田 隼人 81 熊本 マ差 貢司(西島)さん
4 4 明星 晴道 82 愛媛 マ差 四国の後輩平川
5 5 西島 貢司 64 熊本 先捲 自力主体
6 6 × 秋永 昂人 98 福岡 先捲 自力
  • 6先捲
  • 1マ差
  •  
  • 5先捲
  • 3マ差
  •  
  • 2先捲
  • 4マ差
 大阪で選手に成り、ガッツレーサーとして活躍、S級に長い間在籍した①(塩満)、古里に帰り長く成るが、この間大病を3度もやり、其の都度克服、現役のプロとして頑張ってる精神力は凄いを通り越す本物の闘将、来期の2班は決めて居り、予選こそ展開に恵まれなかったが、気持で走る選手にスランプは無いので。前で頑張るのは自力を残してる地元⑥(秋永)。腰痛は治る事はない⑤(西島)、それでも走ると決めた以上は泣き言は一切吐かず、後輩③(高田)に任された事で自力のコメントは凄い。尚自力型の②(平川)はメンバー上、一番人気に成るかも。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
2R 1 1 瓦田 勝也 77 福岡 マ差 (補充)
2 2 阿部 亮治 64 広島 先捲 悔いの無いレースを
3 3 宮原 英司 71 長崎 マ差 原さん
4 4 岡野 順一 61 岡山 マ差 亮治(阿部)
5 5 × 原  敬次 60 佐賀 マ差 瓦田の後
6 6 小畑 大臣 74 岡山 マ差 決めず
7 小原 亮哉 113 大分 先捲 自力
  • 2先捲
  • 4マ差
  •  
  • 6マ差
  •  
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 5マ差
  • 3マ差
 前回の2日目にA級1・2班戦で2勝目を挙げた⑦(小原)、何れも防府バンクだったのも何かの縁なのかも、張り切って逃げた予選は警戒してた同期高井流星が後に居たとは、それで6着に沈んだが、やっと骨折の影響は薄らいだとの事なので、先行1車に成ったチャンスは物にする。番手は⑤(原)③(宮原)の西九州勢が3番手4番手とコメントした事で地元の①(瓦田)が行けるし、調子の方は直前の武雄で初日は青柳靖起、2日目は兼本将太の117期に付いて行けた事で間違いなく好調。練習は真面目にやってる②(阿部)は④(岡野)に任された事で悔いを残さないレースをやると言う事は自力を出すか、先手の番手を考えてるからの事か。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
3R 1 1 久田 裕也 117 徳島 先捲 自力
2 2 × 三宅  旬 80 岡山 マ差 再度流星(高井)
3 3 西村 尚文 91 鹿児 マ差 決めず
4 4 高井 流星 113 岡山 先捲 自力
5 5 増成 富夫 66 岡山 マ差 岡山3番手
6 6 竹下  翔 101 熊本 捲差 単騎自力
7 組橋 一高 71 香川 マ差 強い久田に
  • 1先捲
  • 7マ差
  •  
  • 3マ差
  •  
  • 4先捲
  • 2マ差
  • 5マ差
  •  
  • 6捲差
 予選の①(久田)は、四国の大先輩武智尚之と⑦(組橋)に頼まれたのか、新人にしては大胆にもスタートを決めず、後攻めからの赤板先行、鐘過ぎ迄流したにしても、ホームから踏み上げた一周ハロンは23秒2とは立派なもの、努力を怠らなければ先輩太田竜馬・島川将貴の域には必ず達す本物の大器、こゝは(組橋)と2車に成ったが、④(高井)先頭の強力岡山トリオが相手ならば、逃げと捲りを使い分ける。予選で押し切った(高井)は間違いなく好調。⑤(増成)はとても白血病を克服したとは思えぬ頑張り、(高井)の番手に行けたのに、点数を優先して②(三宅)に任せたのは性格。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
4R 1 1 松本秀之介 117 熊本 先捲 人気に応える自力
2 2 大竹野裕樹 88 鹿児 マ差 原さん
3 3 武智 尚之 70 愛媛 マ差 岡崎君
4 4 松丸 裕紀 86 福岡 マ差 加藤さん
5 5 原  清孝 98 沖縄 先捲 自力です
6 6 × 岡崎 克政 92 岡山 先捲 自力です
7 加藤 昌平 80 福岡 マ差 再度秀之介
  • 6先捲
  • 3マ差
  •  
  • 5先捲
  • 2マ差
  •  
  • 1先捲
  • 7マ差
  • 4マ差
 S級で頑張った父(秀浩・45期)に較べたら体が細いのは気に成るが、間違いなく親を越える逸材①(松本)、一生の思い出に成るデビュー戦は捲りで後続を引き離したハロンは11秒5、練習の力なら11秒前後を出しても不思議ない大型ルーキー。後は再び⑦(加藤)だけど、付いて行けるかは微妙。④(松丸)迄が九州ライン。予選は逃げて(松本)の捲りに屈した⑥(岡崎)だが、今度こそはで気合入れて居り、逃げた時は、88点有してる努力する事しか知らない大ベテラン③(武智)の2着が有力視される。小倉に強い⑤(原)の予選は珍しく淡泊過ぎたのは気に成るが、中団あればの実力者。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
5R 1 1 内山  拓 88 福岡 先捲 自力
2 2 木村 浩宣 97 香川 先捲 自力です
3 3 井山 和裕 84 山口 マ差 貴史(隅)の後
4 4 藤原 亮太 97 岡山 先捲 自力で頑張る
5 5 吉田 周司 70 香川 マ差 後輩木村
6 6 宮路 智裕 56 熊本 マ差 内山の番手
7 × 隅  貴史 91 山口 マ差 亮太(藤原)
  • 1先捲
  • 6マ差
  •  
  • 2先捲
  • 5マ差
  •  
  • 4先捲
  • 7マ差
  • 3マ差
 2年間、小倉開催の指導員として激務を無事にこなした①(内山)、任期満了で解放されたのを素直に喜んでたし、その関係で小倉を走れなかった事もあり、初日予選は果敢に鐘前から突っ張り先行、結果は溜めていた川口雄太に捲られはしたが、内容は光ってたので、こゝは⑥(宮路)と2車でも逃げありの自力で狙うは1着ゴール。初日は思い通りに成らなかった②(木村)は、ポジティブな性格なので、⑤(吉田周)に任されたなら逃げありの自力で単進出。初日は佐古雅俊に任されてたのに何も出来なかった④(藤原)は、⑦(隅)③(井山)の山口コンビを連れて自力で闘うとの事だけど、不安は予選で前に離れた山口の2人。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
6R 1 1 増田  仁 113 広島 先捲 積極自力
2 2 横内 裕人 100 愛媛 先捲 自力
3 3 × 井上  剛 85 岡山 マ差 広島の3番手です
4 4 齋藤  仁 83 徳島 マ差 横内の番手
5 5 太田 良政 74 岡山 マ差 中国でまとまり4番手
6 6 吉田 彰久 80 香川 マ差 四国で3番手
7 佐古 雅俊 45 広島 マ差 増田とは初連携
  • 1先捲
  • 7マ差
  • 3マ差
  • 5マ差
  •  
  • 2先捲
  • 4マ差
  • 6マ差
 予選の①(増田)は会心の逃げを打ったのに、よもや信頼してた隅貴史が離れるとは、それで井上将志の捲りに呑み込まれてしまい、悔し過ぎる5着スタートに成ったが、今期はS級を狙うと公言したと言う事は、それだけの練習をやれてる訳で、敬愛してる大先輩⑦(佐古)に任された以上は逃げを第一に捲りはあく迄も展開次第。60歳を越えているのに、広島に居る時は朝暗い内からバンクに入り、後輩達と同じ練習メニューをこなす(佐古)は、日本一に成長した松浦悠士が「僕も参加してますが、佐古さんは凄い」と賞賛する超人。自力の②(横内)に、(佐古)の後に居る③(井上)で2・3着争い。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
7R 1 1 棚橋  勉 96 岡山 マ差 藤井に任せる
2 2 白川 有司 76 福岡 マ差 九州3番手
3 3 × 松本 卓也 98 徳島 先捲 前で自力
4 4 黒田 大介 77 愛媛 マ差 松本に任せる
5 5 好永  晃 98 佐賀 マ差 初の境
6 6 境  啓亨 111 熊本 先捲 積極自力
7 藤井  將 113 広島 先捲 自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  •  
  • 3先捲
  • 4マ差
  •  
  • 6先捲
  • 5マ差
  • 2マ差
 初日特選の⑦(藤井)は鐘から仕掛けたが本郷雄三に脚負けした事で、番手の⑤(好永)をホームで叩き込みに行く闘志、残念乍ら跳ね返されたが、田中勇二に入れて貰うや再び仕掛けに行ったのは練習の成果なのかも、こゝは①(棚橋)と2車に成ったが、前々に攻める事で、大好きな小倉バンクで今期初勝利。(棚橋)は予選で後輩晝田宗一郎に突き離されてたのは不安。特選を制した⑤(好永)は自力より追い込みにシフトチェンジした様で、「自力で頑張ります」とコメントした⑥(境)に任せての決勝進出。②(白川)迄が九州ライン。予選の3着は久し振りに良かった③(松本)は自力で1着候補。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
8R 1 1 田中 勇二 95 岡山 マ差 晝田は初
2 2 × 四元 慎也 77 宮崎 マ差 ラインの下沖
3 3 篠原 英雄 81 高知 マ差 越智君
4 4 廣田 樹里 89 熊本 捲差 単騎で
5 5 越智 展孝 88 愛媛 捲差 何かやります
6 6 下沖 功児 95 宮崎 先捲 自力
7 晝田宗一郎 115 岡山 先捲 自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  •  
  • 5捲差
  • 3マ差
  •  
  • 6先捲
  • 2マ差
  •  
  • 4捲差
 初日予選の⑦(晝田)は不用意にも誘導を残したまゝ、境啓亨を出してしまい、下げるのが遅れたが、鐘過ぎに仕掛けるやホームからバック迄は何と10秒7、そしてゴール迄が11秒6とはS級それもトップクラスのパワー、こゝは落車明けで調子に不安を残す先輩①(田中)に任された以上は逃げを考えてるし、捲りはあく迄も最後の手段。⑤(越智)は③(篠原)に任された事で何かやるとのコメントだが、普通に考えるなら瀬戸内の絆で岡山の後と思われるが。復調⑥(下沖)に任せる②(四元)は練習して来たのか、初日の伸びは好調。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
9R 1 1 本郷 雄三 99 熊本 先捲 決勝に乗る自力
2 2 川口 雄太 111 徳島 先捲 先行基本
3 3 井上 将志 98 福岡 マ差 本郷の番手
4 4 日浅 保幸 84 岡山 捲差 単騎です
5 5 吉川 嘉斗 105 徳島 マ差 雄太(川口)
6 6 南  和夫 82 福岡 マ差 将志(井上)
7 × 三槻 智清 80 佐賀 マ差 競りでも本郷の番手
  • 1先捲
  • 3マ差
  • 6マ差
  •  
  • 7マ差
  •  
  • 2先捲
  • 5マ差
  •  
  • 4捲差
 初日特選の①(本郷)は敢えて早駆けに挑戦、鐘から叩きに来た藤井將を突っ張り通しただけでなく、タレもせず2着に粘り抜いたのはそれだけの練習をやれてるからの事、こゝは後競りに成ったが、気にせず力出し切る事に専念。S下がりの⑦(三槻)が普通に番手を主張したが、⑥(南)に任された③(井上)も引けないと成り、九州同士での競り合いは興味津々で注目の的、どっちが勝つかはタイミングかも。競り合いを素直に喜んだのは②(川口)⑤(吉川)の徳島コンビ、前に成った(川口)が調子良いのは楽しみ。単騎を選択した④(日浅)は流れでは競りに参加も。

※「予想の並び」は実際の並びと異なる場合がございますのでご了承ください。
※「並び内の脚質」は展開脚質を記載しています。実際の脚質と異なる場合がございますのでご了承ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ページ先頭へ↑

競輪予想情報

競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

<< 7月6日 小倉競輪  |  7月8日 小倉競輪 ≫