予想情報

予想情報 小倉競輪

≪ 7月1日 小倉競輪  |  7月7日 小倉競輪 ≫

7月6日 小倉競輪

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R

レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
1R 1 1 高井 流星 113 岡山 先捲 自力です
2 2 × 西島 貢司 64 熊本 マ差 竹下に任せる
3 3 原  敬次 60 佐賀 マ差 連携ある亮哉(小原)
4 4 岡野 順一 61 岡山 マ差 岡山で並び3番手
5 5 小原 亮哉 113 大分 先捲 自力
6 6 竹下  翔 101 熊本 捲差 前で自力
7 三宅  旬 80 岡山 マ差 後輩高井
  • 1先捲
  • 7マ差
  • 4マ差
  •  
  • 6捲差
  • 2マ差
  •  
  • 5先捲
  • 3マ差
 昨年8月の岐阜で痛恨の誘導早期追い抜きをやり、斡旋が4ヶ月停まった事で出走回数が足らずチャレンジで出直す事に成った①(高井)、前シリーズ優勝の田上晃也と同じグループで練習して居り、小倉は2月の1・2班戦を走り、逃げて予選・準決を押し切ってる得意バンク。連携する先輩⑦(三宅)も失格でチャレンジを経験する事に成ったが、直前の地元戦で決勝に乗った調子なら逆転は互角。④(岡野)迄が岡山ライン。九州は前回防府で復調をアピールした⑤(小原)の自力には、③(原)が行く事に。②(西島)は一度任せた事がある後輩⑥(竹下)を信頼。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
2R 1 1 松丸 裕紀 86 福岡 マ差 吉田の番手
2 2 × 取鳥 敬一 69 岡山 マ差 増成さん
3 3 大竹野裕樹 88 鹿児 捲差 前で自力
4 4 増成 富夫 66 岡山 先捲 自力
5 5 西村 尚文 91 鹿児 捲差 大竹野さん
6 6 秋永 昂人 98 福岡 マ差 黙って3番手です
7 吉田 勇気 117 福岡 先捲 自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 6マ差
  •  
  • 3捲差
  • 5捲差
  •  
  • 4先捲
  • 2マ差
 中学・高校迄はサッカーをやり、自衛隊に就職、そこでは射撃の名手として有名だった⑦(吉田)、一念発起して大坪功一(81期)に弟子入りして競輪選手の道へ、合格する前は小倉競輪場で競技会のバイトをしてた経験が、5月末の新人戦も良かったが、デビュー戦に備えて飛躍的にパワーアップしたとの事であれば期待は裏切らない。番手はこゝに備えてやるだけの事はやった①(松丸)に⑥(秋永)が3番手。5月の地元戦で115期の田上晃也を抜いて優勝してる④(増成)は相も変わらず元気一杯、こゝは②(取鳥)に任された事で、新人相手に逃げを考えてる真の自力型。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
3R 1 1 武智 尚之 70 愛媛 マ差 新人に付いて行く
2 2 原  清孝 98 沖縄 先捲 自力
3 3 組橋 一高 71 香川 マ差 四国でまとまり3番手
4 4 × 塩満 賢治 58 鹿児 マ差 ラインの原君
5 5 高田 隼人 81 熊本 マ差 九州でまとまり3番手
6 6 小畑 大臣 74 岡山 マ差 決めず
7 久田 裕也 117 徳島 先捲 自力です
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 3マ差
  •  
  • 6マ差
  •  
  • 2先捲
  • 4マ差
  • 5マ差
 7月に入り、117期生が各地でデビュー、大半の選手が素晴らしいタイムで予選は圧勝して居り、⑦(久田)も例外でなく養成所成績26位で、広島の新人戦も結果を残した大器は、中学は野球、高校ではバスケットをやってた運動神経で後続を引き離してる事も。後位は来期は1班に戻る超真面目なベテラン①(武智)、付いて行けるものと信じて。展開上(久田)が捲りに成り、付いて行けない時は、小倉には絶対の自信を持ってる②(原)が(久田)を追い掛ける事に。④(塩満)⑤(高田)で後を固める。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
4R 1 1 加藤 昌平 80 福岡 マ差 新人に付いて行ける様に
2 2 明星 晴道 82 愛媛 マ差 公一(平川)
3 3 × 阿部 亮治 64 広島 マ差 克政(岡崎)
4 4 平川 公一 86 徳島 先捲 自力
5 5 岡崎 克政 92 岡山 先捲 自力で頑張る
6 6 宮原 英司 71 長崎 マ差 決めず
7 松本秀之介 117 熊本 先捲 人気に応える自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  •  
  • 6マ差
  •  
  • 4先捲
  • 2マ差
  •  
  • 5先捲
  • 3マ差
 祖父そして父の活躍を見ていた⑦(松本)、高校は自転車の名門、九州学院に進み、ありとあらゆる大会で「熊本に松本あり」と話題に成った正真正銘の大器、5月末の当地新人戦決勝は同県の松岡辰泰に任せて悔いを残した事で、デビュー戦に備えて仕上げたのであれば、マークする①(加藤)には悪いが、とんでもないタイムで初陣を飾ってこそ。⑥(宮原)迄が九州ライン。小倉だったら毎回走りたいのは⑤(岡崎)、逃げる事には迷いは無いのは狙いで、(松本)が一人で行ったのを追い掛けるのが理想形。弟子の大川龍二と佐古雅俊の早朝練習に参加してる③(阿部)が(岡崎)の番手。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
5R 1 1 篠原 英雄 81 高知 マ差 松本君に任せる
2 2 廣田 樹里 89 熊本 マ差 初の下沖
3 3 藤原 亮太 97 岡山 捲差 自分でやる
4 4 × 下沖 功児 95 宮崎 先捲 自力
5 5 佐古 雅俊 45 広島 マ差 亮太(藤原)の好きに
6 6 吉田 彰久 80 香川 マ差 四国で3番手
7 松本 卓也 98 徳島 先捲 人気に応える自力
  • 4先捲
  • 2マ差
  •  
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 6マ差
  •  
  • 3捲差
  • 5マ差
 同期の原田研太朗より強く成ると期待された⑦(松本)、練習は好んでやる方だが、肝心の体力が付いて行けず、性格もやさしくて天と地程の差が開いてしまったが、まだ老け込むには早いし、体調を整えて努力する事か、前回から間があったので、こゝへ向けて仕上げたものと信じての捲り策。①(篠原)が番手で、長欠明けの⑥(吉田)迄が四国ライン。小倉を走れば3日に1度は必ず1着を取ってる②(廣田)は、自力型④(下沖)に任せての単進出。還暦レーサー⑤(佐古)は区切りの400勝を目前にしている事もあるが、広島バンクでの早朝練習をやり続けてる凄い選手。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
6R 1 1 越智 展孝 88 愛媛 マ差 川口君の番手
2 2 内山  拓 88 福岡 先捲 前で自力
3 3 日浅 保幸 84 岡山 捲差 剛(井上)の前で頑張る
4 4 × 吉田 周司 70 香川 マ差 四国で3番手
5 5 井上  剛 85 岡山 マ差 日浅さん
6 6 南  和夫 82 福岡 マ差 拓(内山)
7 川口 雄太 111 徳島 先捲 先行基本
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 4マ差
  •  
  • 2先捲
  • 6マ差
  •  
  • 3捲差
  • 5マ差
 1班としてバリバリの父、秀人(57期)にまだ及ばない⑦(川口)、練習は父親とは別に徳島の若手とやって居り、周りの評判は「S級上位の脚」との事なのに、その力を本番で発揮出来てないが、期が新しく成り心機一転、S級を狙うならこのレースは大事、逃げてパワー全開。番手は自力の方が威力ある①(越智)、こゝはマーカーとして仕事を優先するのでは。付いては行けそうな④(吉田)迄が四国ライン。吉岡稔真氏の「不動会」に属す③(日浅)は小倉を走れば気持が違うのか好走して居り、後輩⑤(井上)に任された事で自力で闘う事にしたが、流れでは粘る事も。開催指導員を2年間務めた②(内山)は、それで小倉は2年振りの登場。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
7R 1 1 × 隅  貴史 91 山口 マ差 増田とは一緒に練習した仲
2 2 黒田 大介 77 愛媛 マ差 後輩横内
3 3 井上 将志 98 福岡 先捲 自力勝負
4 4 横内 裕人 100 愛媛 先捲 自力です
5 5 白川 有司 76 福岡 マ差 将志(井上)
6 6 太田 良政 74 岡山 マ差 ライン大事に中国3番手
7 増田  仁 113 広島 先捲 自力です
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 6マ差
  •  
  • 3先捲
  • 5マ差
  •  
  • 4先捲
  • 2マ差
 コロナの影響で中止が続き、久し振りに地元広島を補充で走り、結果を出した⑦(増田)、これで波に乗るかと思われたのに、体調崩して一ヶ月半のブランクがあっては。それでも①(隅)に⑥(太田)は任せてる。S級に通用する脚力を有してるのに、好調子が長続きしない③(井上)だが、今期は勝負と決めて練習したのであれば、先輩⑤(白川)を連れての捲りを決めてるものと期待したが。印はまわらなかったが、中国・九州に遜色ないのは愛媛コンビ、先月末に小倉を走ったばかりの②(黒田)は、先行・捲りだけでなく、いざとなれば何でもやれる後輩④(横内)に任せての首位は互角。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
8R 1 1 晝田宗一郎 115 岡山 先捲 自力
2 2 齋藤  仁 83 徳島 マ差 木村君
3 3 境  啓亨 111 熊本 先捲 前で自力
4 4 井山 和裕 84 山口 マ差 岡山の後
5 5 × 木村 浩宣 97 香川 先捲 自力で頑張るのみ
6 6 宮路 智裕 56 熊本 マ差 境とは4場所連続
7 棚橋  勉 96 岡山 マ差 晝田とは連携ある
  • 1先捲
  • 7マ差
  • 4マ差
  •  
  • 5先捲
  • 2マ差
  •  
  • 3先捲
  • 6マ差
 柏野智典(88期)の弟子は①(晝田)、高校の時から目立っていた逸材はチャレンジを特別昇班で卒業するや、前期は地元玉野で初優勝から一気に上昇した結果が来期の初S級、小倉は脚質にマッチして居り、余程のアクシデントでも生じない限り逃げ切りは動きそうにない。先輩⑦(棚橋)は、(晝田)とは最近だけで3場所一緒と成り、其の都度連携してるなら間違っても離れる事は無い本命一発のレース。山口の支部長を7月から引き受けた④(井山)が3番手。小倉に強い⑤(木村)に、小倉は走ったばかりの③(境)は自力で岡山コンビに挑む。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
9R 1 1 × 田中 勇二 95 岡山 マ差 藤井とは初
2 2 好永  晃 98 佐賀 マ差 本郷さんの番手主張
3 3 四元 慎也 77 宮崎 マ差 決めずにします
4 4 藤井  將 113 広島 先捲 自力です
5 5 三槻 智清 80 佐賀 マ差 晃(好永)
6 6 吉川 嘉斗 105 徳島 マ差 中国の後
7 本郷 雄三 99 熊本 先捲 自力です
  • 4先捲
  • 1マ差
  • 6マ差
  •  
  • 7先捲
  • 2マ差
  • 5マ差
  •  
  • 3マ差
 力あっても勝負に対して淡白な処があり、S級に定着出来ずエレベータしてた⑦(本郷)、何があったのか前期の半年間は如何なる展開に成ってもあきらめないで力を出し切る事に専念した結果が95.46の点数であり来期のS級返り咲き、今期は更に大事なので初戦から全力で闘う事を約束。A級では追い込み主体にやりたい②(好永)は、点数を盾に「九州でまとまります」で(本郷)の番手を主張した事で⑤(三槻)が3番手に成り、③(四元)は決めず先手ラインに成ったもの。ラインの長さを活かしたいのは小倉バンクを得意にしてる④(藤井)先頭にまとまる瀬戸内トリオ。落車後でも前期のS級は良かった①(田中)が番手で、復調⑥(吉川)は3番手固める。

※「予想の並び」は実際の並びと異なる場合がございますのでご了承ください。
※「並び内の脚質」は展開脚質を記載しています。実際の脚質と異なる場合がございますのでご了承ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ページ先頭へ↑

競輪予想情報

競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

<< 7月1日 小倉競輪  |  7月7日 小倉競輪 ≫