予想情報

予想情報 小倉競輪

≪ 6月24日 小倉競輪  |  6月29日 小倉競輪 ≫

6月25日 小倉競輪

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R

レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
1R 1 1 近藤 悠人 93 鹿児 先捲 先行
2 2 赤松 誠一 61 高知 マ差 幸津に任せる
3 3 五十嵐博一 79 熊本 マ差 九州で3番手
4 4 × 幸津  博 78 徳島 マ差 決めずです
5 5 松尾  誠 80 長崎 マ差 近藤の番手
6 6 大石 敏弘 73 福岡 マ差 九州で固める
  • 4マ差
  • 2マ差
  •  
  • 1先捲
  • 5マ差
  • 3マ差
  • 6マ差
 2日目の①(近藤)は4着に沈んだとは言え、鐘前から逃げて秋永共之の捲りに一旦は出られたものゝ踏み直して突き離した行為は気持であり、本命人気に対する責任感、このメンバーは6車立な上に、逃げる候補は一人であれば意の一番にゴールするしかない。番手に成った⑤(松尾)は元々の力はこんなものでないので、スンナリならば抜く方が狙いか。③(五十嵐)⑥(大石)迄が九州の長いライン。④(幸津)はこゝも前々に攻めて好位勝負が本来のスタイル。②(赤松)は(幸津)とは四国同士なので。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
2R 1 1 秋永 共之 90 福岡 先捲 気合の自力
2 2 谷尾 佳昭 53 岡山 マ差 決めず
3 3 吉田  稔 75 大分 マ差 九州で3番手
4 4 × 田村 光昭 67 広島 マ差 決めず
5 5 赤星 俊光 86 熊本 マ差 秋永君
6 6 江頭 幹人 58 佐賀 マ差 九州で固めます
  • 1先捲
  • 5マ差
  • 3マ差
  • 6マ差
  •  
  • 4マ差
  •  
  • 2マ差
 初日予選は天野純平の捲りに付いて行けなかった⑤(赤星)、2日目はまるで別人で、篠田樹のカマシに付いて行き、飛び付いた幸津博に一旦は負けそうに成ったが、追い上げ叩き込んだだけでなく、篠田に迫ったのが最近の傾向、負け戦には強いので①(秋永)の番手有利に。③(吉田)⑥(江頭)迄が九州ライン。「何かやる」の④(田村光)は、ラインの先輩②(谷尾)と話をして単騎で何かするとの事。57歳とはとても思えない程元気な(谷尾)は、還暦迄は現役として頑張ってるレーサー。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
3R 1 1 高田  誠 65 福岡 マ差 竜斗(荘田)
2 2 妹尾 英信 67 岡山 マ差 決めず
3 3 河添 信也 74 熊本 マ差 高田さんの後
4 4 橋村 法男 71 広島 マ差 決めず
5 5 × 上村 常文 59 熊本 マ差 河添の後
6 6 脇田 良雄 66 広島 マ差 決めず
7 荘田 竜斗 97 大分 先捲 気合の自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 3マ差
  • 5マ差
  •  
  • 2マ差
  •  
  • 4マ差
  •  
  • 6マ差
 地元戦は補充で走る事が多い①(高田)、其の都度結果を残して居り、今回は正規だったのに、前2走は展開には勝てず不本意過ぎるが、このまゝでは終われないなら⑦(荘田)の番手に行ける以上は人気に応えるしか。努力すればこんな所で甘んじてるレーサーではない(荘田)、何かゞ不足してるのは明白だけど、このメンバーはどう見ても先行は1車。③(河添)⑤(上村)の熊本コンビ迄が長い九州ライン。中国の3人は話をして各々が単騎に成ったが、展開さえ向けば2・3着はある実力に実績。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
4R 1 1 瀬口  匠 99 宮崎 捲差 自在です
2 2 新村  真 87 岡山 マ差 初日同様、後輩森
3 3 木幡 幸仁 73 鹿児 マ差 竹野さんの後
4 4 × 大林 亮介 86 香川 マ差 岡山の後
5 5 森  佑樹 94 岡山 先捲 積極自力
6 6 三好 英次 75 香川 マ差 亮介(大林)の後から
7 竹野 行登 64 鹿児 マ差 ラインの瀬口
  • 1捲差
  • 7マ差
  • 3マ差
  •  
  • 5先捲
  • 2マ差
  • 4マ差
  • 6マ差
 連日、鐘で先頭に立って逃げてる⑤(森)、結果は115期新人に捲られはしてるが、やるべき事はやって居り、こゝは同県の先輩②(新村)に、香川の④(大林)に任されたならば逃げと捲りを使い分ける。準決勝は田上晃也に付いて行けなかった(新村)だが、(森)とは初日予選で2・3着を決めたばかり。挑むのは2日目の逃げ切りは見事だった①(瀬口)、⑦(竹野)には予選で迷惑掛けて居り、気合で逃げるか捲る算段。小倉を走れば好走してるイメージしかない③(木幡)迄が南九州。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
5R 1 1 篠田  樹 113 大分 先捲 自力勝負
2 2 兵動 秀治 97 広島 マ差 単騎
3 3 菊池 崇史 61 愛媛 マ差 聖隆(川島)
4 4 × 川島 聖隆 77 香川 先捲 自力
5 5 中塚 記生 63 熊本 マ差 木谷の後
6 6 藤原 義浩 76 徳島 マ差 四国で3番手
7 木谷  凉 78 福岡 マ差 篠田の番手
  • 1先捲
  • 7マ差
  • 5マ差
  •  
  • 2マ差
  •  
  • 4先捲
  • 3マ差
  • 6マ差
 2日目の①(篠田)は初日の走りを反省したのか、しっかり好位をキープして先行1車の利を活かし大楽勝、これが自信に成らない筈はなく、同型④(川島)に負けない闘志で逃げるか捲りを決める。地元⑦(木谷)が番手で、悪くない⑤(中塚)迄が九州。2日目の勝利は会心だった(川島)は、新人相手に捲りは厳しいと判断すれば逃げて持ち味発揮。好気合③(菊池)が番手で2日目の差脚は見事だった⑥(藤原)が3番手の四国ラインは互角。単騎の②(兵動)は中団から攻める。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
6R 1 1 北野 佑汰 115 香川 先捲 自力
2 2 船倉 卓郎 99 長崎 捲差 自力・自在
3 3 竹村 達也 99 高知 先捲 自分でやる
4 4 × 藤野 貴章 97 佐賀 マ差 前々
5 5 大崎世志人 76 高知 マ差 初日同様竹村
6 6 中堀 光昭 101 大分 マ差 船倉に行きます
7 尾崎 勝弘 66 徳島 マ差 北野の番手
  • 3先捲
  • 5マ差
  •  
  • 1先捲
  • 7マ差
  •  
  • 4マ差
  •  
  • 2捲差
  • 6マ差
 予選は力強く逃げ切り好調をアピールした①(北野)、大事な準決勝は鐘前から逃げたが、同期田上晃也に力負けした事で、「もっと練習しなければ」の決意、こゝは③(竹村)⑤(大崎)の高知コンビとは割り切り別線勝負。後は初日も連携していた⑦(尾崎)、その時はこゝの②(船倉)にやられたのでリベンジの一戦。その(船倉)は⑥(中堀)と2車であれば(北野)との叩き合いは極力避けて、狙うは又しても(北野)の番手かも。(船倉)とは西九州同士の④(藤野)は納得したいのか、単騎で好位狙い。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
7R 1 1 宮崎 大空 115 熊本 捲差 単騎自力
2 2 蒋野 翔太 115 徳島 マ差 初連携の田村
3 3 天野 純平 115 佐賀 先捲 前で自力勝負
4 4 田村 裕也 113 徳島 先捲 前で頑張る
5 5 × 中野 真吾 111 佐賀 マ差 後輩天野
6 6 松木 竜也 65 愛媛 マ差 徳島の3番手
7 田上 晃也 115 岡山 捲差 単騎で自力
  • 3先捲
  • 5マ差
  •  
  • 1捲差
  •  
  • 7捲差
  •  
  • 4先捲
  • 2マ差
  • 6マ差
 戦前の評価は小倉出身の⑦(田上)が断トツだったのに、予選は押し切ったものゝハロンタイムに不満が残ったのを露呈したのが準決の2着だが、連続優出の記録を続行は実力なのかも。(田上)より出来が良いのは小倉バンクを手の内に入れてる①(宮崎)、予選は2周先行で、準決は11秒5の捲りは光って居り、優勝を手土産に1・2班戦に突入する。③(天野)⑤(中野)は前回の武雄でワン・ツー決めたばかり。3人で結束する事に成った四国は、④(田村)が一番前で、同級生の②(蒋野)が番手で⑥(松木)の並び。

※「予想の並び」は実際の並びと異なる場合がございますのでご了承ください。
※「並び内の脚質」は展開脚質を記載しています。実際の脚質と異なる場合がございますのでご了承ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ページ先頭へ↑

競輪予想情報

競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

<< 6月24日 小倉競輪  |  6月29日 小倉競輪 ≫