予想情報

予想情報 小倉競輪

≪ 6月11日 小倉競輪  |  6月13日 小倉競輪 ≫

6月12日 小倉競輪

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R 8R 9R 10R

レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
1R 1 1 伊藤 貴史 97 高知 先捲 自力です
2 2 柴田  了 64 福岡 マ差 瀬戸内の後
3 3 長澤 道雄 65 兵庫 マ差 同県の後輩、泉谷
4 4 川本 隆史 80 岡山 マ差 伊藤の番手
5 5 × 高田 隼人 81 熊本 マ差 決めず
6 6 西村 将己 78 福岡 マ差 自分でやる
7 泉谷 直哉 94 兵庫 捲差 自在
  • 1先捲
  • 4マ差
  • 2マ差
  •  
  • 7捲差
  • 3マ差
  •  
  • 5マ差
  •  
  • 6マ差
 予選の①(伊藤)は、115期の原井博斗に赤板で突っ張られた事で後退したが、ホーム前から捲りに行った迫力は仲々のものだったし、小倉は好きであれば初日の分迄逃げ飛ばす。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
2R 1 1 河元  茂 78 大阪 マ差 後輩斎藤
2 2 安藤 雄一 59 福岡 捲差 (補充)
3 3 小野 祐作 72 岡山 マ差 大阪の後
4 4 × 宮原 英司 71 長崎 マ差 地元安藤さん
5 5 福田  博 79 香川 マ差 前々
6 6 山本 崇志 77 大分 マ差 九州でまとまり3番手
7 斎藤  敦 103 大阪 先捲 自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  • 3マ差
  •  
  • 5マ差
  •  
  • 2捲差
  • 4マ差
  • 6マ差
 予選の⑦(斎藤)は、115期の阪本和也が前を取った時点で突っ張りはあると思い、赤板前から上昇したが、誘導早期追い抜きをやったら4ヶ月自粛のペナルティがあるでは無理出来ず後退したもの、このメンバーなら初日の分迄逃げて逃げまくる。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
3R 1 1 土居 佑次 113 高知 先捲 自力
2 2 重富 公輔 83 佐賀 マ差 阪本の番手
3 3 × 井上 将志 100 兵庫 捲差 単騎自在
4 4 谷口 幸司 111 高知 マ差 後輩土居
5 5 行成 大祐 80 香川 マ差 高知の後
6 6 中村 大和 87 大分 マ差 西九州の後
7 阪本 和也 115 長崎 先捲 自力
  • 1先捲
  • 4マ差
  • 5マ差
  •  
  • 3捲差
  •  
  • 7先捲
  • 2マ差
  • 6マ差
 予選の⑦(阪本)は、前のレースでこゝの①(土居)が赤板から突っ張り押し切ったのを見て「俺も」と決めたのか、九州の大先輩を連れて2周先行で悠々押し切ったのが115期在校3位の力量、又しても後は九州の先輩2人に任された事で前を取ったら突っ張り、流れで捲りに成っても仕掛けは早い。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
4R 1 1 俵 裕一郎 67 福岡 マ差 原井
2 2 岡崎 克政 92 岡山 先捲 自力
3 3 × 緒方慎太朗 115 熊本 先捲 2車でも自力
4 4 池内 吾郎 65 愛媛 マ差 中国の後
5 5 沢田 勇治 98 山口 マ差 岡崎さん
6 6 植田 幸仁 60 熊本 マ差 後輩緒方
7 原井 博斗 115 福岡 先捲 自力
  • 7先捲
  • 1マ差
  •  
  • 2先捲
  • 5マ差
  • 4マ差
  •  
  • 3先捲
  • 6マ差
 兄の剣也が119期に合格して競輪選手養成所に入ってる事を自分の事の様に喜んだ⑦(原井)、中央大学出のエリートは「競輪」に慣れるに従い真価発揮し始めたのが今期の成績であり初日予選の突っ張り赤板先行、この強さは本物。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
5R 1 1 立部 楓真 115 佐賀 先捲 自力
2 2 伊加 哲也 70 岡山 捲差 自力・自在
3 3 石貞 有基 100 兵庫 捲差 自力・自在
4 4 × 長尾 博幸 87 大阪 マ差 石貞に任せる
5 5 丹波 福道 74 岡山 マ差 同級生の伊加
6 6 今村 康志 66 福岡 マ差 喜納の後です
7 喜納 隆志 92 沖縄 マ差 立部に付いて行く
  • 1先捲
  • 7マ差
  • 6マ差
  •  
  • 2捲差
  • 5マ差
  •  
  • 3捲差
  • 4マ差
 今回は特別昇班を決めると仕上げて参加した①(立部)、それなのに初日予選は鐘前の1コーナーで落車事故に巻き込まれ、後輪が潰れるアクシデント、それでも壊れた自転車でゴールしたら、5着で準決に乗れたのはラッキーと考えるべきか、こゝは初日の分迄パワー発揮する事で、ファンの信頼を取り戻す。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
6R 1 1 足達 重満 80 長崎 マ差 地元の永田君
2 2 × 境  啓亨 111 熊本 先捲 積極自力
3 3 安東 英博 87 大分 マ差 大分の後輩池部
4 4 下沖 功児 95 宮崎 先捲 2車でも自力
5 宮路 智裕 56 熊本 マ差 後輩境
5 6 川崎 正安 70 長崎 マ差 足達の後
7 池部 壮太 109 大分 先捲 先行基本
6 8 西村 尚文 91 鹿児 マ差 同支部の下沖
9 永田 隼一 95 福岡 捲差 自力です
  • 7先捲
  • 3マ差
  •  
  • 9捲差
  • 1マ差
  • 6マ差
  •  
  • 2先捲
  • 5マ差
  •  
  • 4先捲
  • 8マ差
 先月の当地ミッドを走り結果を残した⑨(永田)、中止が続いた間に練習した成果であり、休まず2場所を走り好走、今回は玉野ナイターから中ゼロの強行軍もあり、予選は松田直也の逃げを叩けなかったが、あきらめず何度も攻めていたのは地元を走る責任感。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
7R 1 1 片折 勇輝 95 福岡 先捲 自力です
2 2 平川慎太郎 105 佐賀 先捲 自力勝負
3 3 安部 龍文 94 大分 マ差 直也(松田)
4 4 森山 昌昭 67 福岡 マ差 地元で並び3番手
5 石山 直哉 85 徳島 マ差 一人で
5 6 松田 直也 92 大分 先捲 自力です
7 × 米嶋 賢二 77 長崎 マ差 平川の番手
6 8 後田 康成 75 長崎 マ差 米嶋の後です
9 瓦田 勝也 77 福岡 マ差 片折君
  • 1先捲
  • 9マ差
  • 4マ差
  •  
  • 2先捲
  • 7マ差
  • 8マ差
  •  
  • 6先捲
  • 3マ差
  •  
  • 5マ差
 埼玉から福岡に移籍した事で気合入ったのは①(片折)、初日予選こそ鐘から仕掛けて安本昇平の捲りに屈したが、激しく抵抗したのは調子でありやる気、こゝは⑨(瓦田)④(森山)の味がある先輩に任されたなら、捌きや捲りでなく逃げを考えてる好漢。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
8R 1 1 瓜生 崇智 109 熊本 捲差 自力
2 2 楢原 由将 94 福岡 捲差 自力・自在
3 3 船曳 義之 83 香川 マ差 小原の好きに
4 4 片山 直人 87 福岡 マ差 話して楢原
5 吉成 貴博 97 熊本 マ差 再度瓜生です
5 6 原   司 70 佐賀 マ差 決めず
7 × 安本 昇平 113 山口 先捲 自力
6 8 荒木 真慈 69 熊本 マ差 熊本で3番手
9 小原 周祐 99 高知 マ差 初の安本
  • 1捲差
  • 5マ差
  • 8マ差
  •  
  • 2捲差
  • 4マ差
  •  
  • 7先捲
  • 9マ差
  • 3マ差
  •  
  • 6マ差
 落車の影響で痛めた頸椎は完治せず、まだ腕がシビレる状態は①(瓜生)、それでもこの成績は、師匠合志正臣の指導と親交ある同期のスター太田竜馬(徳島)、そして南関東の実力者山中秀将(千葉)と年に何度か練習してる効果、初日特選の3着も良かったので、こゝは前々に攻める事で人気に応える。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
9R 1 1 別所 英幸 83 福岡 マ差 昌平(原口)
2 2 原  清孝 98 沖縄 先捲 自力
3 3 × 廣川 泰昭 90 愛媛 マ差 初の藤井
4 4 塩満 賢治 58 鹿児 マ差 原君
5 藤井  將 113 広島 先捲 自力勝負
5 6 長野 和弘 82 福岡 マ差 地元で3番手
7 川野 正芳 80 大分 マ差 塩満さん
6 8 小磯 知也 76 徳島 マ差 廣川の後
9 原口 昌平 107 福岡 先捲 自力
  • 9先捲
  • 1マ差
  • 6マ差
  •  
  • 5先捲
  • 3マ差
  • 8マ差
  •  
  • 2先捲
  • 4マ差
  • 7マ差
 運が良い選手は開催してる場ばかり斡旋があるのに、⑨(原口)は何と6場所も中止に成るとは、これを「冷え」と考えるか、好きな練習をたっぷりやれると思ったかだが、初日特選の調子を見る限りは後者だった様で、3分戦のこゝも負ける事はない自力勝負。
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
10R 1 1 山口 貴嗣 82 福岡 マ差 初の岩谷
2 2 × 板崎 佑矢 101 愛媛 マ差 同期玉村に
3 3 米原 大輔 86 沖縄 マ差 魚屋の番手
4 4 玉村 元気 101 香川 先捲 前で頑張る
5 魚屋 周成 99 大分 先捲 自力です
5 6 田中 孝法 91 福岡 マ差 山口貴嗣さん
7 山本 宏明 83 徳島 マ差 四国で3番手
6 8 三木 健治 73 沖縄 マ差 米原の後
9 岩谷 拓磨 115 福岡 先捲 自力
  • 9先捲
  • 1マ差
  • 6マ差
  •  
  • 4先捲
  • 2マ差
  • 7マ差
  •  
  • 5先捲
  • 3マ差
  • 8マ差
 絶対にか負けられない初日予選の⑨(岩谷)は、プレッシャーを楽しむ様に7番手ホーム過ぎから仕掛けるや、アッサリ前団を呑み込み、後の先輩片山直人を2車身突き離す完勝、てっきり原口昌平が2日目のメーンと思ってたら番組の評価は違ったみたいで、抜擢された以上は期待に応えるしかない。

※「予想の並び」は実際の並びと異なる場合がございますのでご了承ください。
※「並び内の脚質」は展開脚質を記載しています。実際の脚質と異なる場合がございますのでご了承ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ページ先頭へ↑

競輪予想情報

競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

<< 6月11日 小倉競輪  |  6月13日 小倉競輪 ≫