【プロフィール】佐々木昭彦(ささきあきひこ)1960年生まれ。佐賀県武雄市出身。1979年デビュー(第43期)。通算535勝、高松宮記念杯競輪(GI)優勝2回、全日本選抜競輪(GI)優勝、GIII記念杯優勝49回の戦績を残し、中野浩一、井上茂徳とともに九州黄金時代を築いた競輪界のレジェンド。ライバルは現日本競輪学校校長の滝澤正光。その気迫あふれる姿から『闘将』の異名を冠し、全国のファンから親しまれ愛された。2011年の引退後は、自転車競技連盟の理事として選手の強化育成の他、解説者やゲストとして競輪中継や番組にも出演している。
第68回 高松宮記念杯競輪
第68回高松宮記念杯競輪(通称 宮杯)が今日から4日間、岸和田競輪場で開催される。宮杯は私も現役時代2度の優勝経験がある。1度目の宮杯優勝は第35回大会で初のGI優勝だった為、インタビューでは、(中野浩一さん、井上茂徳さんが人気だった)私みたいな男が優勝してすみませんと言った事を思いだします(笑)。2度目の第42回大会は、滝澤正光の捲りのスピードに乗ってインに切り込み差しの優勝で、この勝利によりグランプリ7回連続(1回は中止)出場を決めた。 そして今回の第68回大会だが、注目すべきはついに16年ぶりの東西別の勝ち上がり方式の概定番組が復活することだ。私も関係者に元の概定番組に戻すように常々申し上げていた事で、宮杯ならではの独特ある(決勝戦まで東と西で別れての勝ち上がり)番組に戻って本当に良かったと思う。地区的に連携するラインであっても、番組次第ではプライドをかけた個人個人の熾烈な戦いとなることも多く、そのことが他のGIシリーズと異なる味わいや雰囲気を持たらすこととなるだろう。東の王座、西の王座が決まり、更に勝ち上った9名の東西ベストメンバーによる決勝戦が今から楽しみだ。 だがまずは今日の開幕戦 青龍賞(東)11レース、白虎賞(西)12レースを思いっきり楽しみたいと思う。

一皮むけた吉澤が決める

5坂本に3菊地、6安部の東北は3車。南関は別れて8小埜に1海老根の千葉2車。7和田に4内藤の神奈川2車。9吉澤に2諸橋の関東2車の4分戦。 前回、地元取手GIIIを優勝した9吉澤、師匠の武田豊樹を振り切ったスピードは本物だった。自力型が坂本、和田、小埜と4分戦で自在性もある吉澤が中団を取りきり捲りで勝つ。穴目は5坂本が先行した場合の番手3菊地から先捲りする7和田の折り返しも面白い。

第10R S級東一予
発走時間 15:15 締切予定 15:10
車番 選手名 期別 府県
1 1 海老根恵太 86 千葉
2 2 諸橋  愛 79 新潟
3 3 菊地 圭尚 89 北海
4 4 内藤 秀久 89 神奈
5 坂本 貴史 94 青森
5 6 安部 貴之 92 宮城
7 和田真久留 99 神奈
6 8 小埜 正義 88 千葉
9 吉澤 純平 101 茨城
誘導 前田 拓也

本来のスピードど粘りが戻った深谷知広

7深谷、4金子の師弟コンビに3浅井の中部3車。ダービー王5三谷に9稲垣、1村上の近畿3車。6原田に2岩津の中四国は2車。8園田は単騎を選択した。7深谷が本来の力強さが戻り後ろは4金子、3浅井がしっか援護すると見て7深谷のスピードを信じ中心視する。対する近畿勢は5三谷が京王閣ダービーを優勝して少し調子を落としているし、9稲垣も安定性にかける。1村上は前回の和歌山全プロ記念で落車しギリギリの体調で参加している。それを考えると中部が優勢か。しかし5三谷も地元地区開催の意地がある以上強引な先行で7深谷を苦しめるだろう。そうすると6原田の捲り一発があるし8園田の伸びも注意したい。

第11R S級白虎賞
発走時間 15:55 締切予定 15:50
車番 選手名 期別 府県
1 1 村上 義弘 73 京都
2 2 岩津 裕介 87 岡山
3 3 浅井 康太 90 三重
4 4 金子 貴志 75 愛知
5 三谷 竜生 101 奈良
5 6 原田研太朗 98 徳島
7 深谷 知広 96 愛知
6 8 園田  匠 87 福岡
9 稲垣 裕之 86 京都
誘導 金田健一郎

関東絆ラインの結束で平原康多が中心

関東勢の並びが6吉田に9平原、2武田、5木暮の4車。南関が3郡司に8石井、4中村の3車。福島は1新田、7渡邉の2車の3分戦。鎖骨骨折から調子が戻りつつあり、また先行意欲十分の6吉田に安定性抜群の9平原、まだまだ衰えを知らない2武田、しっかり4番手を固める5木暮が続けば最強のラインが完成する。3郡司は3月のウィナーズカップを優勝してから、なかなか流れに乗れていないし、1新田と7渡邉はいつも流動的な並びだが1新田が前の時は仕掛けが遅い事を考えると9平原中心から狙いたい。ただ自在性のある3郡司が千葉勢を連れて果敢に攻めて関東分断を強行したら、1新田の捲りが炸裂する。

第12R S級青龍賞
発走時間 16:35 締切予定 16:30
車番 選手名 期別 府県
1 1 新田 祐大 90 福島
2 2 武田 豊樹 88 茨城
3 3 郡司 浩平 99 神奈
4 4 中村 浩士 79 千葉
5 木暮 安由 92 群馬
5 6 吉田 拓矢 107 茨城
7 渡邉 一成 88 福島
6 8 石井 秀治 86 千葉
9 平原 康多 87 埼玉
誘導 中澤 央治
第68回高松宮記念杯は、だんじり祭りで有名な岸和田で開幕した。初日の白虎賞は三谷竜生の突っ張り先行を何も仕掛け出来なかった深谷知広に少しがっかりした。西のベスト9に選ばれ、誰もが復調した深谷の豪快な捲りを期待していたはず、汚名返上の巻き返しに期待したい。白虎賞を制したのは原田研太朗、捲りのスピードは圧巻だった。青龍賞は吉田の先行をジャンからかました新田をバックで捲った平原康多は武田にさされたものの流石だった。郡司も深谷同様、積極的な競走に期待していたがウィナーズカップを優勝してから調子が落ちているだけにしっかりと積極的な競走で頑張って欲しかった。予選からはオープニングレースで2周逃げ切った竹内雄作や山中秀将のスピードある捲り、渡邉雄太の気迫の先行、河端朋之の成長ぶり、そして吉澤純平の力強い捲りが光った。
今日は西、東の二次予選6個レース。どのレースも激しいバトルレースが繰り広げられるだろう。

好調吉澤目標の武田豊樹が決める

8菅田に1渡邉、7山崎の東北3車。5石井に2和田、6武井の千葉3車。3吉澤に9武田、4牛山の茨城3車の3分戦。先行するのは8菅田か3吉澤、自在性のある3吉澤が好調なだけに9武田、4牛山を引き連れて早目の仕掛けの先行捲りで9武田がきっちりと差す。8菅田が先行なら1渡邉が二段駆けに持ち込むので侮れない。穴目は東北と茨城のもがき合いで5石井の捲り。

第10R S級東二予
発走時間 15:15 締切予定 15:10
車番 選手名 期別 府県
1 1 渡邉 一成 88 福島
2 2 和田健太郎 87 千葉
3 3 吉澤 純平 101 茨城
4 4 牛山 貴広 92 茨城
5 石井 秀治 86 千葉
5 6 武井 大介 86 千葉
7 山崎 芳仁 88 福島
6 8 菅田 壱道 91 宮城
9 武田 豊樹 88 茨城
誘導 前田 拓也

好調井上昌己が捲りを決める

9三谷に5稲川、1村上、6澤田の近畿4車。2井上に4坂本、8合志の九州3車。3河端に7岩津の岡山2車の3分戦。前受けは岡山で中団に九州、三谷は4車の先頭で押さえ駆けるはず。3河端は後方にさげ一気にかまし混戦が予想される。中団から豪快な捲りを決めるのは2井上だ。すんなりと捲りが決まれば4坂本が続くが5稲川のブロックもあるので手広く。9三谷がすんなり先行なら5稲川、1村上で決まる。

第11R S級西二予
発走時間 15:55 締切予定 15:50
車番 選手名 期別 府県
1 1 村上 義弘 73 京都
2 2 井上 昌己 86 長崎
3 3 河端 朋之 95 岡山
4 4 坂本 亮馬 90 福岡
5 稲川  翔 90 大阪
5 6 澤田 義和 69 兵庫
7 岩津 裕介 87 岡山
6 8 合志 正臣 81 熊本
9 三谷 竜生 101 奈良
誘導 金田健一郎

貫禄の平原康多が抜けだす

6横山に3平原、9神山の関東、2郡司に5松谷の神奈川。7山中に1中村の千葉、4小松崎、8和田の東北で4分戦。ラインがしっかりしているのは断然関東ラインだろう。6横山の迷いのない先行で展開有利にレース運びができる3平原でかたい。ただ4小松崎に先行意欲があれば、2郡司、7山中の捲りが飛んでくる。

第12R S級東二予
発走時間 16:35 締切予定 16:30
車番 選手名 期別 府県
1 1 中村 浩士 79 千葉
2 2 郡司 浩平 99 神奈
3 3 平原 康多 87 埼玉
4 4 小松崎大地 99 福島
5 松谷 秀幸 96 神奈
5 6 横山 尚則 100 茨城
7 山中 秀将 95 千葉
6 8 和田  圭 92 宮城
9 神山雄一郎 61 栃木
誘導 中澤 央治
第68回高松宮記念杯は3日目、東西の王座戦を迎える。昨日の二次予選を振り返る。7レースでは松川の絆先行から山田が番手捲りし、園田が差してワンツーフィニッシュ。深谷、浅井が散った。8レースは渡邉雄太の先行を5番手から新田が力強く捲った。9レースは中井の気迫の先行から稲垣が村上を引き連れて番手捲りで1着2着。10レースは東北と関東が2周前からやり合い、石井がホーム捲りを打ち、和田が差した。2着は直線伸びた武田。11レースはダービー王三谷が河端のかましの3番手から捲った。前回落車骨折した村上義の気迫の2着には本当に頭が下がる思いだ。
今日は16年振りに東西の王者が誕生し、東西上位4着と、5着一人(東西王座戦の上位)の合わせて9名が明日の決勝戦進出を決める。どんな駆け引きがあるのか、とても楽しみだ。

渡邉一成の捲りが決まる

5稲毛に1稲川、4北野の近畿中部。9渡邉一成に3和田の東北。6松川に8合志の熊本、2渡邉雄太に7中村の南関の4分戦。
2渡邉雄太の連日の豪快な先行に対し、5稲毛も地元1稲川が着くだけに積極的に行かざるを得ず、もがき合う可能性がある。そうなると9渡邉一成が持ち前のスピードをいかして捲りが決まる。1稲川も5稲毛が果敢に攻めて横に動かず縦に踏めば9渡邉一成との接戦に持ち込める。穴目は2渡邉雄太がすんなり先行した場合の番手7中村から。

第10R S級特選
発走時間 15:15 締切予定 15:10
車番 選手名 期別 府県
1 1 稲川  翔 90 大阪
2 2 渡邉 雄太 105 静岡
3 3 和田  圭 92 宮城
4 4 北野 武史 78 石川
5 稲毛 健太 97 和歌
5 6 松川 高大 94 熊本
7 中村 浩士 79 千葉
6 8 合志 正臣 81 熊本
9 渡邉 一成 88 福島
誘導 前田 拓也

井上昌己が最後は伸びる。

5車となった近畿が9稲垣、1村上義、4村上博の京都勢と、7三谷、6椎木尾、2金子の中近連携とに別れた。九州は5山田、8井上、3園田で並ぶ。8井上は予選、二次予選で3着、3着だが後方からのスピードは猛練習のたまものだ。5山田が前々に攻めるだけに8井上が番手有利になる。ダービー王7三谷も常に力を出しきる競走をしているので6椎木尾が厳しい(京都勢に対しても)動きができるのであれば中近にもチャンスがある。京都勢は9稲垣の一発にかける。

第11R S級西王座
発走時間 15:55 締切予定 15:50
車番 選手名 期別 府県
1 1 村上 義弘 73 京都
2 2 金子 貴志 75 愛知
3 3 園田  匠 87 福岡
4 4 村上 博幸 86 京都
5 山田 英明 89 佐賀
5 6 椎木尾拓哉 93 和歌
7 三谷 竜生 101 奈良
6 8 井上 昌己 86 長崎
9 稲垣 裕之 86 京都
誘導 金田健一郎

関東絆ラインで平原康多が不動の番手戦

関東が9吉田、2平原、5武田。東北が3新田に6成田。南関は別れて7郡司に8松谷の神奈川。1石井に4和田の千葉の4分戦。自力型の9吉田を除く3新田、7郡司、1石井は捲りタイプなので吉田にとっては有利に先行できる。平原は吉田の先行を捲って来る選手をブロックしながら武田と決める。決勝戦有利に運ぶ為にも2平原が9吉田を残したい気持ちがあれば逃げ残りも。

第12R S級東王座
発走時間 16:35 締切予定 16:30
車番 選手名 期別 府県
1 1 石井 秀治 86 千葉
2 2 平原 康多 87 埼玉
3 3 新田 祐大 90 福島
4 4 和田健太郎 87 千葉
5 武田 豊樹 88 茨城
5 6 成田 和也 88 福島
7 郡司 浩平 99 神奈
6 8 松谷 秀幸 96 神奈
9 吉田 拓矢 107 茨城
誘導 中澤 央治
だんじり祭りで有名な大阪 岸和田市で開催のG1第68回高松宮記念杯は本日決勝戦を迎える。昨日の西王座は私の孫弟子の山田英明が京王閣ダービーに引き続き優出した、内容も素晴らしく優勝戦も攻めの気持ちを忘れなければ優勝もある。2着の村上義弘の気迫あるレースは、前回の全プロ記念で落車し肋骨骨折したと思わせない内容であった。東王座はやはり平原康多だった。前は徹底して先行する吉田拓矢、後ろは何度も連携実績のある武田豊樹にガードされ、確実に東王座戦を物にした。今日の決勝戦は東が5人、西が4人で戦うことになる。その中でも関東ラインが一番強力ではある。でも何か波乱の気配も感じる。

好調、木暮安由を抜擢

7深谷に2浅井、8坂口の中部。9郡司に3松谷、5和田の南関。6横山に1木暮の関東。4椎木尾は単騎を選択。相性が良い6横山の番手を回る1木暮は、昨日の深谷相手に捲り追い込みで1着をとったスピードを見る限り調子は良い。今日は7深谷、9郡司より先行意欲がある6横山を使い、中団取れる9郡司の捲りに合わせて番手捲りで決着するとみる。ただ7深谷が二次予選で2浅井と失敗したレース内容を反省していれば7深谷が先行し2浅井が決める。

第9R S級特秀
発走時間 15:10 締切予定 15:05
車番 選手名 期別 府県
1 1 木暮 安由 92 群馬
2 2 浅井 康太 90 三重
3 3 松谷 秀幸 96 神奈
4 4 椎木尾拓哉 93 和歌
5 和田健太郎 87 千葉
5 6 横山 尚則 100 茨城
7 深谷 知広 96 愛知
6 8 坂口 晃輔 95 三重
9 郡司 浩平 99 神奈
誘導 前田 拓也

最終日は三谷竜生が勝ちに行く

1三谷に5稲川、8村上博の近畿。4竹内に9金子の中部。3石井に6武井の千葉。2渡邉に7園田の混成ラインの4分戦。
どこからも狙える10レースだが総合的に考えれば1三谷だ。1三谷がライン3車であるし、前々に踏める器用な走りが出来る事を考えるとダービー王として最終日を1着で締める。ただ先行パワー抜群の4竹内が楽に先行出来れば9金子の線も出てくるだろう。

第10R S級特秀
発走時間 15:50 締切予定 15:45
車番 選手名 期別 府県
1 1 三谷 竜生 101 奈良
2 2 渡邉 一成 88 福島
3 3 石井 秀治 86 千葉
4 4 竹内 雄作 99 岐阜
5 稲川  翔 90 大阪
5 6 武井 大介 86 千葉
7 園田  匠 87 福岡
6 8 村上 博幸 86 京都
9 金子 貴志 75 愛知
誘導 金田健一郎

関東結束で平原康多中心も波乱もある。

7吉田、3平原、9武田の関東。2新田に6成田の東北。5稲垣に1村上義の近畿。4山田に8井上の九州の4分戦。
特別初優出の7吉田が必ず先手は取るのでまずは堅く3平原、9武田中心にいくが、東王座戦(最大5着権利)みたいにすんなりとはならない。昨日の東王座戦は決勝戦優出があり新田、郡司、石井の仕掛けが遅くなったが今日の決勝戦は1村上義が付く5稲垣が地元の意地で関東ラインに抵抗しそう。そうなると動きが良い4山田やダッシュ抜群の2新田の捲りが飛んでくる展開は含めたい。

第11R S級決勝
発走時間 16:30 締切予定 16:25
車番 選手名 期別 府県
1 1 村上 義弘 73 京都
2 2 新田 祐大 90 福島
3 3 平原 康多 87 埼玉
4 4 山田 英明 89 佐賀
5 稲垣 裕之 86 京都
5 6 成田 和也 88 福島
7 吉田 拓矢 107 茨城
6 8 井上 昌己 86 長崎
9 武田 豊樹 88 茨城
誘導 中澤 央治