【プロフィール】橋本悠督(はしもとゆうすけ)1972年5月17日生。関西・名古屋などでFMのDJを経て、競輪の実況アナウンサーへ。実況歴は18年。最近はミッドナイト競輪in小倉を中心に活動中。番組内では「芸術的なデス目予想」といういいのか悪いのかよく分からない評価を視聴者の方から頂いている。
第68回 高松宮記念杯競輪
さぁ、いよいよやってまいりました岸和田競輪での高松宮記念杯競輪!今回は2001年以来16年ぶりに東西別の勝ち上がり方式という、超久々の東西対抗戦になっております!最近、昨日の事もよく思い出せない私にとって16年前の記憶など太古の昔!正直懐かしいというよりも新鮮な気持ちの方が強いですね~。個人的な推測では、同地区の選手が同じレースに集中するので、別線勝負!がもう少し多いのかなぁ、なんて思っていましたが、そうでもなかったですね。中には4人のラインで折り合って、というようなケースも結構あったりして、その辺りは16年前と少し雰囲気が違うような、そんな気がしています。私は4日間中継司会を担当させてもらいますので、なかなか車券を買えるかどうか?微妙なところですが、隙を見てコッソリといけるところは、ドーンと勝負したいなぁ、ともくろんでいます。ちなみに!前半の勝負レースは5Rの稲川選手。ケガも多く、なかなか景気のいいコメントはないのですが、直近の内容、メンバー構成を考えれば、強気に勝負してみたいなぁ、と思っています!とにかく後半は特に面白そうなので、そこまでに軍資金をしっかりと!!たまるかなぁ。難しいかなぁ。無理やろなぁ。あっ!!でも、私、岸和田競輪はめちゃくちゃ相性いいんです!!このバンクは、番手の選手の差し目を軸に別線の3番手を絡めたり、こういうのが結構入ってくれるんですよね~。突っ込むタイプの選手が好きな方にはおススメのバンクだと思いますよ!!その辺り、初日は徹底して「突っ込み勝負」これでいきたいと思っています!

好調、吉澤の後手は考えにくい、ならばチャンスは諸橋か!

地元記念制覇!最高の状態でG1に臨む9吉澤。前走の充実ぶりを考えれば軸は揺るぎない。しかし、調子がいいからこそ、仕掛けが早くなるのでは?という気がする。ならば基本は番手の2諸橋を中心に。しかし、欠場明けの8小埜が神奈川勢と別線になったのがどうも気になる。復帰戦の選手は、いつもより積極的に攻めるケースが多いので、その場合の1海老根の絡みは少し考えておきたいところ。更に高配当を狙うなら、近況伸び冴える4内藤をヒモで。

第10R S級東一予
発走時間 15:15 締切予定 15:10
車番 選手名 期別 府県
1 1 海老根恵太 86 千葉
2 2 諸橋  愛 79 新潟
3 3 菊地 圭尚 89 北海
4 4 内藤 秀久 89 神奈
5 坂本 貴史 94 青森
5 6 安部 貴之 92 宮城
7 和田真久留 99 神奈
6 8 小埜 正義 88 千葉
9 吉澤 純平 101 茨城
誘導 前田 拓也

原田の一発に園田の突っ込み!穴気配漂う白虎賞!

ダービー制覇の5三谷。もちろん注目を集めるとは思うが、近況少しピリッとしないのが気になる。ただ、ライン構成を考えると、仕掛けが遅くなることはないだろう。対して中部勢、ここも7深谷ー4金子ー3浅井、師弟コンビが中心のラインで深谷も早めの勝負とみた。おまけにこのレースは2次予選はフリーパスで2日目の優秀競走がないのもポイント。仕掛けはおのずと早くなる。近畿勢と中部勢が叩き合うならば、超ベタな穴狙いだが6原田の一発!元来、後手に回っても、一気に飛んでくるだけの脚力を持っているし、その展開が原田の得意なパターン!思い切って瀬戸内両者を軸に狙ってみたい。後は、和歌山の落車もあるが翌日の競技大会で直線ズバッと伸びた8園田。ケガは大丈夫!だろう。園田の混戦時の突っ込みは絶対にからめておきたい。

第11R S級白虎賞
発走時間 15:55 締切予定 15:50
車番 選手名 期別 府県
1 1 村上 義弘 73 京都
2 2 岩津 裕介 87 岡山
3 3 浅井 康太 90 三重
4 4 金子 貴志 75 愛知
5 三谷 竜生 101 奈良
5 6 原田研太朗 98 徳島
7 深谷 知広 96 愛知
6 8 園田  匠 87 福岡
9 稲垣 裕之 86 京都
誘導 金田健一郎

関東の層の厚さがやはり魅力。しかし、オール2次予選なら新田のカマシが?

普通に考えるなら4車の関東勢が先制。中団に南関、後方に福島。という流れが予想されるが、最近、前後が色々と変化する1新田&7渡邉。今回は新田が前で、2次予選フリーパス。ならば、後手に回ってからの巻き返しが早くなるのではないか?今後の事を考えても、ここで早めに新田が勝負してくるような気がする。ただ、新田とはいえ8番手から6吉田の先行を早い段階で叩くのは難しい。番手9平原、3番手に2武田、4番手に5木暮。このどこかを通過するときに強烈なブロックを新田は浴びてしまうのでは?しかし、その場合はこのメンバー数少ない追い込みタイプ4中村のコースが空く可能性は一考。基本は関東ラインだが、大穴は中村の突っ込みを。

第12R S級青龍賞
発走時間 16:35 締切予定 16:30
車番 選手名 期別 府県
1 1 新田 祐大 90 福島
2 2 武田 豊樹 88 茨城
3 3 郡司 浩平 99 神奈
4 4 中村 浩士 79 千葉
5 木暮 安由 92 群馬
5 6 吉田 拓矢 107 茨城
7 渡邉 一成 88 福島
6 8 石井 秀治 86 千葉
9 平原 康多 87 埼玉
誘導 中澤 央治
高松宮記念杯競輪、開催初日!高配当もありましたが、比較的ラインでの決着が多かったですね。12レース中7レースがラインのワンツー決着でした。特に前半、ライン車券が集中して、固めの配当が多かったですね。私も地元の稲川選手が登場した5Rはうまくいったのですが…問題はその後ですよ!その後!どうして肝心要の初日メインでこうなるのかなぁ、という結果に終わってしまいました。まず、白虎賞!原田選手の1着と浅井選手の2着はあるのに、3着の稲垣選手が…ない。続いて青龍賞は関東ライン上位独占も、なぜか?なぜか?3着の木暮選手が…ありませんでした。どうしてなんですか?どうして武田選手と平原選手の折り返しから、その後ろにひかえる木暮選手の絡みが抜けるのでしょう?そして、私はどうして3連単の3着がこんなに抜けてしまうのでしょう?今さらその疑問かよ!と突っ込まれるのは分かってます。分かってますが言わせてください!自分でも全く理解できないです。そして、ここまでくると悔しいという気持ちを超越して、呆れモードです。まさに「アキレ100%」といっていいかもしれません。しかし、高松宮記念杯はまだ、はじまったばかり!挽回のチャンスは、まだ、あと、35レースも残っているんです!いやぁ、35回も挽回するチャンスを与えてくれるなんて、神様ほんとにありがとう!きっと、どこかで、きちんと挽回してみせますね。できたら、早めに決めたいなぁ。欲はいいません。できれば、できれば、2日目で高配当を一つ、いや、二つ、いや、三つくらい...お願いします。ほんと、お願いしますね。

好調吉澤が果敢に勝負も、北日本勢の並びがなんとも不気味。

地元記念を制した3吉澤のデキはやはり文句なし!尊敬する9武田を連れて、消極的なレースはないだろう。しかし!純粋なタテ勝負なら1渡邊が前で、となるのが自然な北日本勢の先導役は何と8菅田!この構成なら吉澤対菅田の先陣争いまであるかもしれない。ならばチャンスは南関勢。初日の番手戦ではちょっと調子の良し悪しの判断がつかないところはあるものの、一撃の魅力は十分な5石井、そこに乗る2和田からの車券を中心に考えたい。もし、石井が不発でも、今の和田なら直線突っ込んでくるのでは?

第10R S級東二予
発走時間 15:15 締切予定 15:10
車番 選手名 期別 府県
1 1 渡邉 一成 88 福島
2 2 和田健太郎 87 千葉
3 3 吉澤 純平 101 茨城
4 4 牛山 貴広 92 茨城
5 石井 秀治 86 千葉
5 6 武井 大介 86 千葉
7 山崎 芳仁 88 福島
6 8 菅田 壱道 91 宮城
9 武田 豊樹 88 茨城
誘導 前田 拓也

近畿勢の主導権が濃厚だが、三谷の調子は?

9三谷が前で近畿勢が4人のライン構成。対する3河端はライン2車で2井上は完全な捲りタイプ。ならば近畿勢が比較的スンナリ先手を取るのではないか?とみている。ただ、初日の三谷は稲垣が牽制しタテに踏んでいったにも関わらず原田に捲られてしまった。三谷の先行が果たして掛かるのだろうか?不安はぬぐえない。掛からない先行なら、援護する5稲川もある程度シビアな判断が必要になるが、やはり三谷はダービー王。残そうという気持ちが強くなるよ言うな気がする。一見、構成は有利に見える近畿勢だが、狙いの中心は思い切って3河端から。初日の目の覚めるような捲りのインパクトは強烈で、例え稲川がブロックにいっても止め切れるかどうか?あと、ヒモ穴は、初日俊敏だった4坂本に伸び冴える8合志。

第11R S級西二予
発走時間 15:55 締切予定 15:50
車番 選手名 期別 府県
1 1 村上 義弘 73 京都
2 2 井上 昌己 86 長崎
3 3 河端 朋之 95 岡山
4 4 坂本 亮馬 90 福岡
5 稲川  翔 90 大阪
5 6 澤田 義和 69 兵庫
7 岩津 裕介 87 岡山
6 8 合志 正臣 81 熊本
9 三谷 竜生 101 奈良
誘導 金田健一郎

平原中心だが、筋違いの車券を基本に

6横山が先手を取れても取れなくても、やはり中心は3平原。吉田拓矢が主導権を握れなかった初日のあの展開で、関東上位独占を決めることができたのは、やはり流石の総合力。ただ、後ろの9神山と決められるか?となると話は別。5松谷や1中村など、展開不問で突っ込んできそうな選手の絡みはどうしても捨てがたい。あと、もしかすると4小松崎が先手を取る可能性も否定できないので、その場合の8和田圭の2着受け。ここを押さえて高配当を狙いたい。

第12R S級東二予
発走時間 16:35 締切予定 16:30
車番 選手名 期別 府県
1 1 中村 浩士 79 千葉
2 2 郡司 浩平 99 神奈
3 3 平原 康多 87 埼玉
4 4 小松崎大地 99 福島
5 松谷 秀幸 96 神奈
5 6 横山 尚則 100 茨城
7 山中 秀将 95 千葉
6 8 和田  圭 92 宮城
9 神山雄一郎 61 栃木
誘導 中澤 央治
さぁ!ようやくエンジンがかかって参りました!高松宮記念杯競輪!10R予想でクリーンヒットを頂きまして、少しだけ、少しだけ、テンションも上向いてきたハシモトです。最近は「ハシモトさん、あなたはオケラ、オケラと言われてそれでいいかもしれませんが、外せば外すほど、競輪は儲からないのではないか?というイメージを世間様に与えてしまう...かもしれないということを少しは認識し、節度あるオケラ道を歩んでください!」と、耳の痛い言葉を頂いたばかりだったので、クリーンヒットは本当によかったです。やはり何事においても「節度」は必要なんですね!って....オケラに節度ってなんやねん!!ほんまに!っていうか、節度じゃなく、オケラは正直、脱皮したいです!脱オケラ!では、皆さんも一緒に声を揃えていきましょう「脱!オケラ!」.....はぁ、またくだらない話の展開になってしまいました。申し訳ない。
ほんとそんな私の脱皮などどうでもいいのです、それよりも、2日目のレースですよ!個人的に見ていて印象に強く残ったのは7Rの松川選手と10Rの菅田選手!この2人も、今後を見据えて、何か脱皮しようとしている、そんな感じがしましたね~。両選手共にS級での実績はそれなりにあるので、ラインの前で敢えて玉砕する必要はなかったはずなんです。なのに、勝ち上がりのレースで思い切って主導権を握りました!これは、何か大きな心境の変化があったのか?いずれにしてもこの走りが今後、いい方向に繋がっていくような気がしますね。これが次へのステップへ繋がりそうな松川高大と菅田壱道。今後、しっかり注目していきたいと思います!

地元稲川中心も穴は松川の一発!

二次予選、あと一歩のところで勝ち上がりを逃した1稲川。緊張の糸が切れていないか?心配な部分もあるが、ここは期待も込めて地元できっちり決めてくれる車券をまず基本に考えたい。ただ、楽に主導権を握るのは厳しそうな5稲毛。叩き合いもありそうなので、主導権を握っても稲毛の前残りよりは3番手の4北野や別線の絡みを考えたい。あと、一発の魅力は9渡邊一だが、そこよりも2日目の動きがいい流れを呼び込むかもしれない6松川。積極的に前へ前へ攻める気持ちが初日の様に好展開に繋がっていくところに期待して。大穴車券も狙いたい。

第10R S級特選
発走時間 15:15 締切予定 15:10
車番 選手名 期別 府県
1 1 稲川  翔 90 大阪
2 2 渡邉 雄太 105 静岡
3 3 和田  圭 92 宮城
4 4 北野 武史 78 石川
5 稲毛 健太 97 和歌
5 6 松川 高大 94 熊本
7 中村 浩士 79 千葉
6 8 合志 正臣 81 熊本
9 渡邉 一成 88 福島
誘導 前田 拓也

近畿勢強力だが、二手に分かれたことによって九州に勝機が!

西王座戦!というタイトルがついているものの、選手にとっては西王座の栄冠よりも、確実に決勝へ!という意識が強くなるのではないかというレース。1村上義が番手で前が9稲垣なら積極的に攻めることも考えられるが、今の関係性ならば、稲垣がそんなに早めにいくのかどうか?は疑問。たとえ出切っても村上義の番手発進はまずないだろう。一方の7三谷も後ろが6椎木尾なら自分のレースに徹する。ということは稲垣も三谷も、一度前に立ったら流すだろう。そこを!5山田がカマシていく展開はあり得る。なぜなら勝負は4着権利!5着も可能性はあるという状況が、リスキーな捌きの勝負よりも、山田に積極的な力を与えるかもしれない。レアケースかもしれないが、その展開を期待して、8井上軸のフォーカスで穴勝負を仕掛けてみる。

第11R S級西王座
発走時間 15:55 締切予定 15:50
車番 選手名 期別 府県
1 1 村上 義弘 73 京都
2 2 金子 貴志 75 愛知
3 3 園田  匠 87 福岡
4 4 村上 博幸 86 京都
5 山田 英明 89 佐賀
5 6 椎木尾拓哉 93 和歌
7 三谷 竜生 101 奈良
6 8 井上 昌己 86 長崎
9 稲垣 裕之 86 京都
誘導 金田健一郎

権利取りを考えれば、関東以外は慎重に攻めそう。ならば平原でやむなし

東王座戦も決勝への権利取りは4着、あるいは5着でも可能性がある形。であれば、3新田も、さほど位置にはこだわらないだろうし、南関勢も2手に分かれた中で、仕掛けは少し遅くなるのでは?ならば、9吉田の先制から2平原、5武田が満を持して抜け出してくる本命車券で厚めに勝負したい。あえて、穴目を探すなら、南関が連動していったケース!7郡司が斬った上を1石井がドーンといった場合の4和田と7郡司の折り返しは少しだけ押さえてみたい。

第12R S級東王座
発走時間 16:35 締切予定 16:30
車番 選手名 期別 府県
1 1 石井 秀治 86 千葉
2 2 平原 康多 87 埼玉
3 3 新田 祐大 90 福島
4 4 和田健太郎 87 千葉
5 武田 豊樹 88 茨城
5 6 成田 和也 88 福島
7 郡司 浩平 99 神奈
6 8 松谷 秀幸 96 神奈
9 吉田 拓矢 107 茨城
誘導 中澤 央治
岸和田競輪での高松宮記念杯競輪もいよいよ最終日になりました!今回16年ぶりの東西対抗戦ということで、この事についての賛否は色々あると思いますが、個人的には凄く面白かったですね~。具体的に言うと、地区の特色というか色彩というか、そのあたりが、より如実にあらわれた3日間だったように思います。特に3日目の西王座戦!このレースは近畿別線になって「勝ち上がりの権利取りを考えれば、近畿の同地区同士で、さすがに先陣争いなどないだろう」などと浅はかなことを考えていた私をあざ笑うかのように、三谷を稲垣が力でねじ伏せていくレース!今風に言うと、何の忖度もなかった!ということになりますね。あらためて近畿イズムと言いますか、別線で勝負する以上はそこに「生ぬるい情の世界」は介在しない、競輪選手としての美学を見たような気がしております。こんな勝負が見れたのは、東西対抗のお蔭ですよ。本当に恐れ入りました。一方の東王座戦は、平原、武田の存在感がやはり際立ちましたね。吉田拓矢も決勝にあがって、盤石のシフトが出来上がりそうですね。そして、新田に関しては、やはり冷静ですね~。道中、しっかり勝ち上がりを意識した中での組み立てになったのかなぁ、という気がしております。そういった意味では、個々のタレント性で勝負する、ブラジルサッカーのような、北日本地区の特色が出たのかな、という気もしております。さぁ、王者の関東地区に、一切の妥協を許さない近畿、京都勢!加えて個の力で勝負の北日本勢に、これからどんな色彩を見せてくれるのか楽しみな九州勢!4地区に分かれての決勝戦がやってきます!どこから勝負するのか!迷ってます!大いに、迷ってます!

深谷、浅井を連れて3度目の正直!と思いたいが…

7深谷と2浅井は、今節3度目の連携。初日と2日目は、後ろになってしまって全くいいところがなかっただけに、今回こそは!浅井と決めてくれるのではないか?という気もするが、チャレンジャー6横山の気配が相当良さそうなので、深谷といえども簡単に主導権は握れないのではないか?もし、横山が深谷相手に先手を取るならば、その時の中団はかなりの確率で9郡司率いる南関ラインになるだろう。実績、実力は中部だが、危なっかしくて強気に勝負できない。オッズとの兼ね合いになるが、浅井―深谷が人気になるなら、あえて中部を見送り、関東先制、深谷7番手のケースに期待。狙いは、展開の1木暮と9郡司。気楽に戦えそうな4椎木尾。あとは近況の伸び光る5和田。この4車のボックスで大穴勝負してみたい。

第9R S級特秀
発走時間 15:10 締切予定 15:05
車番 選手名 期別 府県
1 1 木暮 安由 92 群馬
2 2 浅井 康太 90 三重
3 3 松谷 秀幸 96 神奈
4 4 椎木尾拓哉 93 和歌
5 和田健太郎 87 千葉
5 6 横山 尚則 100 茨城
7 深谷 知広 96 愛知
6 8 坂口 晃輔 95 三重
9 郡司 浩平 99 神奈
誘導 前田 拓也

稲川の番手戦も魅力だが、渡邊の一発が決まる展開になるのでは?

このメンバー構成だと、まず4竹内が後ろから押さえて主導権を握る展開になりそう。しかし、1三谷も地元の5稲川を連れている以上、仕掛けが早くなるのでは?勝ち上がり戦ならまだしも、ここは先陣争いになる可能性が高いのではないかと思っている。ならば一発の魅力は3石井か2渡邊か?甲乙つけがたいが、3日目の一撃を見ると、やはり渡邊の方が仕上がっているような気がする。相手はもちろんマークの7園田。それと、状態良さそうな近畿のマーク陣、ヒモ穴なら、今回何となく気配を感じる6武井あたりも絡めてみたい。

第10R S級特秀
発走時間 15:50 締切予定 15:45
車番 選手名 期別 府県
1 1 三谷 竜生 101 奈良
2 2 渡邉 一成 88 福島
3 3 石井 秀治 86 千葉
4 4 竹内 雄作 99 岐阜
5 稲川  翔 90 大阪
5 6 武井 大介 86 千葉
7 園田  匠 87 福岡
6 8 村上 博幸 86 京都
9 金子 貴志 75 愛知
誘導 金田健一郎

キーマンは稲垣!稲垣が吉田を早めに叩きにいくかどうかで勝負が決まる!

東王座戦でも臆することなく強気に攻めた7吉田。この吉田が決勝に乗ったことによって、俄然、3平原に優勝のチャンスが広がった。ただ、関東勢に先手を取らせては勝負にならない!のは誰が見ても一目瞭然。その中で男気を見せるとしたらやはり5稲垣。稲垣が西王座戦同様、早めに叩きにいくレースになるのかどうか?が重要なポイントになるだろう。早めに仕掛けるなら飛んでくるのは2新田の捲り、と言いたいところだが、多分、その時、新田より前にいるのは4山田。新田と九州両者のボックス車券に6成田を絡めた車券を本線に。あくまでも3平原ー9武田の車券は押さえで。

第11R S級決勝
発走時間 16:30 締切予定 16:25
車番 選手名 期別 府県
1 1 村上 義弘 73 京都
2 2 新田 祐大 90 福島
3 3 平原 康多 87 埼玉
4 4 山田 英明 89 佐賀
5 稲垣 裕之 86 京都
5 6 成田 和也 88 福島
7 吉田 拓矢 107 茨城
6 8 井上 昌己 86 長崎
9 武田 豊樹 88 茨城
誘導 中澤 央治