おすすめ注目レース

2022年5月18日   田原(たはら)特別A4サラ系一般 定量 (名古屋競馬)  

名古屋競馬   第11レース   復活を宣言 ブンブンマル
"全国公営競馬専門紙協会 競馬エース 尾原友和"

7-3_nagoya.jpg 前回で同鞍を勝ったブンブンマルが不動の中心。3走前は休養明け、2走前は出遅れてスローの展開に泣いただけ。前走が本来の姿だろう。この中間はしまい重点ながらダイナミックな動きを披露するなど仕上げに抜かりはない。3歳重賞で3連破の俊英が復活したとあらば逆らう手はあるまい。焦点は次位争いだが、これもサンデーグラスの線が濃厚とみる。好枠を利してハナを切れば本命馬を慌てさせる場面があってもいいか。あくまで3番手といった趣だが、攻めだけ走ればマイネルヘルツアスも変わり身があって驚けない。高知在籍時には佐賀の重賞勝ち、南関東でC1勝ちの実績がある。転入新馬ナムライダテンも高知の3歳重賞で2、3着があり実績的な見劣りはないが、こちらは直近の成績が目立たない。しっかり追い切って臨戦態勢は整った様子だが半信半疑な面もある。他では2020年にオープン勝ちがあるドリームスイーブル、オープンで3着、2組で2着と条件面で優位感があるヘブンリーデイズあたり。ただし、好調時の馬力には一歩及ばないので3着の穴要員か。

◎(5)ブンブンマル…3走前は久々で動き切れず、2走前は出遅れて前有利の馬場に泣いた。前走が本来の力だろう。1700mあれば不足はないし、直線を伸ばした追い切りもダイナミックな動きで仕上げに抜かりはない。このクラスで足踏みはないはず。

○(1)サンデーグラス…2番手でスローを演出、早め先頭から押し切りを狙ったが、勝ち馬の決め手に屈して2着。すんなりした流れなら簡単に止まらない。オープン入りが期待される逸材だけに、得意の逃げ(5202)が打てれば最後まで抵抗する。

▲(3)マイネルヘルツアス…高知在籍時に佐賀の重賞勝ち。南関東ではC1勝ち。その辺りを考慮すれば初戦の7着がいかにも物足りない。ただ、攻めの動きはいいし、変わって不思議ない脚力はあるはず。船橋遠征の疲れもなく、警戒は怠れない。

△(7)ナムライダテン…高知では3歳重賞で2、3着があるが、一般編入後はC3で1勝しただけ。好位差しの堅実駆けで賞金を重ねてのC1入りだが、成長度としては案外なのかも。追い切りをしっかり消化してきただけに未知の魅力に一票を投じる。

×(8)ドリームスイーブル…かつてはオープン勝ちのある実力馬だが、1年近く勝ち鞍から遠ざかっている。2走前に5着と伸びかかる場面はあったがそこまで。もう往年の走りを望むのは難しいのかも。ただ、広い新コースならまだ可能性はあるか。

×(2)ヘブンリーデイズ…使い込んでいいタイプではないので前走の負け方は気掛かり。前開催を休んで英気を養ったが上積みは正直微妙かも。ただ、オープンで3着、2組なら2着がある実力馬だけにバッサリ切るのはどうか。3着の押さえに用意。 

おすすめ買い目

馬単 5→1 5→3 5→7 5→8 5→2

 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

 

地方競馬ならオッズパーク競馬