おすすめ注目レース

2020年2月 7日   ミスミソウ特別C1 (イ)サラ系一般 定量 (笠松競馬)  

笠松競馬   第10レース   再び連勝軌道へ オルオル
全国公営競馬専門紙協会 競馬エース 幸村博之

kasamatu03.jpg この顔ぶれならここまで(6010)できているオルオルで何とかなりそうだ。顔ぶれは違うが、今回より強い相手に2走前3着にきているし、展開も不問。相手筆頭のコルネットが僚馬だけに競りなんかもないだろう。以下は何とも言えない面々。使いつつの感じがあるパルスレートデルグレネに距離が向きそうなウインリコルドとしたが、このあたりは五分がいい。

 オルオルは6つの勝利数もさることながら、距離、特別の経験があるのも強み。最内枠もレースのうまさでカバーできる。死角は少ない。「馬体維持のためにひと息入れた格好ですが、調教は緩めていません。距離の長短は問いませんし、最後まで集中して走れればここでも」。

 コルネットは安定感が光るし、平均していい脚が使えるので距離も合いそう。3走前には2組だがクラスにもそれなりに対応できている。「中間も併走で気合を注入しましたし、引き続き好調モード。芝ですが2000mで入着が再三。距離は苦にしないと思いますよ」。

 パルスレートは3走前、2走前の勝ち馬はいずれも1月のこのクラスを勝っている。強敵の胸を借りた経験をここで生かしたい。「前走は前でやり合ってくれたし、恵まれたね。前走がきっかけになるといいが、まだアテにしづらい面がある。勝ち組でどうかだね」。

 デルグレネは馬券には届かなかったが3歳時は重賞へ果敢に挑戦。ブランク後はもうひとつ波に乗れないが、前走がきっかけにならぬか。「雰囲気はいいね。距離も許容範囲だが、マークのきつそうなこのメンバーでどうしのげるか。今後の見通しをつける意味でもいい競馬を」。

 ウインリコルドは岩手時に比べると当地では崩れなく走れているのがいい。1600mは相対的に有利に作用しそうだし。「今が充実期で力が備わってきた。これだけ相手が強くなるとどうかだが、1600mは相性のいい距離。見せ場は作るよ」。

おすすめ買い目

馬単 1→3 1→7 1→5 1→4

 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

 

地方競馬ならオッズパーク競馬