おすすめ注目レース

2019年2月 8日   寒椿特別C1 (イ)サラ系一般 定量 (笠松競馬)  

笠松競馬   第10レース   3勝目にリーチ ロイヤルアフェア
全国公営競馬専門紙協会 競馬エース 幸村博之

kasamatu08.jpg 今回も好メンバーがそろったC-1特別。門別最終戦や前走は相手関係もあるが、特別2着からしてトップギアはなかなかやる。ハタノレジーナも2走前がこの馬の力量ではない。3頭出し田口厩舎ではカルチョとみたが…。尾島厩舎のあとの2頭、ウインリベロレッドプリモもベテラン騎乗で気になるところだが、ここでの狙いは佐藤騎手が引き続き乗るロイヤルアフェア。渾身の騎乗で中央復帰を決める!?

 ロイヤルアフェアは辛勝にはなったが相手も相手だし、中身は濃い。2走前は連闘だった。このローテなら3勝目を決められていいと思う。「前走は結構な相手をネジ伏せてくれましたし、ウチの3頭の中で一番はこの馬かもしれません。自分のレースに徹すればこの条件でも」。

 トップギアは2勝の勝ちっぷりもさることながら、2走前の2着がキラリ。この条件にメドをつけているのは強みだ。当然ここも有力に。「無駄使いしないでここまで待ったし、仕上がりは上々。まだ底を見せていないし、ある程度流れてくれればここでもチャンスはありそう」。

 ハタノレジーナは2走前は人気を裏切る形になったが、言うほど負けてはいない。すかさず勝ち上がってきたし、あらためて注目すべきだ。「ハミを替えて臨んだ結果が前走。もう一段ギアがありそうな感じがするよ。ここを目標にしっかり乗り込んできたし、好勝負を期待したい」。

 カルチョは向正面に入ってスーッと上がっていく脚が何とも魅力。仕掛けのタイミングがうまくハマれば特別でもいいところだろう。「脚がたまればそれなりの競馬はできると思うが、勝ち組だと簡単には止まってくれないのでは。マクり一発型だし、枠順も微妙だね」。

 ウインリベロは出脚ひと息で後方からになりがちだが、それをカバーできるだけの脚がある。29秒台の決着なら食い込めても。「相手なりのタイプで掲示板は外していませんが、勝ち味に旺盛な馬ではないですからねえ。これだけ相手が強くなるとどうでしょう」。

 レッドプリモは岩手の2走は見せ場なしだったが、当地では初戦から競馬になり、2走目で結果。水が合ったようだ。中央時は芝だが1桁多数。能力は秘めるだけに特別でも!? 「馬の方は至って順調です。中央実績もかなりだし、ダートに適応できれば伸びしろがありそう。先々につながる競馬を期待したいですね」。

おすすめ買い目

馬単 9→10 9→2 9→1 9→8 9→7 10→9 2→9

 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

 

地方競馬ならオッズパーク競馬