おすすめ注目レース

2018年11月14日   第18回 イノセントカップ (門別競馬)  

門別競馬   第12レース   全国レベルの逸材エムオータイショウが重賞V2
対馬 大樹

【結論】
 今年もハイレベルだったホッカイドウ競馬の2歳馬だが、サッポロクラシックCをコースレコードに0秒1差まで迫る1分11秒6の好時計で優勝したエムオータイショウも相当な逸材。実力は間違いなく全国レベル。この相手なら重賞V2有望。焦点は2着争い。エーデルワイス賞で前が詰まりながらも接戦の6着だったレコードチェイサーが当面の相手だが、デビューから2連勝した素質馬キスミーローズも重賞2度目なら前進を期待。ここまで3勝の実績が光るルマーカーブルも地元戦なら要注意。スタート五分ならグリードパルフェもチャンスあり。

【詳細解説】
 エムオータイショウの前走は2歳1200メートルのコースレコードに0秒1及ばなかったが、1分11秒6の好時計で重賞初制覇。スピードの違いを見せつけた。ここまで4戦3勝、2着1回の成績も評価できるし、絶対の自信を持っている1200メートルなら重賞V2有力。

 レコードチェイサーはエーデルワイス賞で0秒6差の6着だったが、馬込みの中で前が詰まらなければ、もっと際どい競馬になっていたはず。重賞でも通用する力は証明したし、牡馬相手でも今のデキなら好勝負に。

 キスミーローズは重賞初挑戦の前走で9着。さすがに相手が強かったが、この経験は今後の糧になるはず。新馬→オープンを連勝した素質馬。1200メートルも重賞も2度目の今回は前進可能。

 ルマーカーブルはオープン特別勝ちの3勝馬。前々走でエムオータイショウに負けたが、それ以外の馬とは力量差はないはず。初モノ尽くしで力を出し切れなかった鎌倉記念は度外視できるし、地元戦で見直す。

 グリードパルフェは新馬勝ちしたように素質上位。ここ2戦はオープン特別と重賞で④③着の成績だが、スタートひと息で力を出し切れなかったのも確か。稽古は動いているし、スタート五分なら出番あり。

おすすめ買い目

馬単 6→5 6→1 6→7 6→2

 

※門別競馬は、ジャパンネット銀行会員・市中銀行会員のみ投票できます。

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

 

地方競馬ならオッズパーク競馬