おすすめ注目レース

2018年11月 9日   東海クラウンA1 B級以上・オープンサラ系一般 別定 (笠松競馬)  

笠松競馬   第10レース   もう一丁 ウォーターディル
全国公営競馬専門紙協会 競馬エース 幸村博之

kasamatu06.jpg 初出張も楽々と押し切ったウォーターディル。距離は延びるが、行き切れれば連勝を伸ばす可能性は十分とみている。ただ、今回は外めの枠に入って相手も相手。行けなかった場合は…。2開催前の東海クラウンを勝ったフロリダパンサー、転出前は当地古馬ナンバーワンに君臨していたハタノリヴィール、くろゆり賞好走の距離になったヴェリイブライト、4歳になっても成長を見せるサザンオールスターらも虎視眈々。

 ウォーターディルは笠松でも逃げ切り勝ち。名古屋オープンの連勝はダテでなかった。また同型がいるし1600mだが、行ってしまえば。「跳びも良くなっているように、年を重ねて脚元がしっかりしてきた。今週も一杯に追えたし、以前より動くようになっている。マイル戦までは守備範囲だから、ここも楽しみ」。

 フロリダパンサーは再転入初戦から力通りの走りを披露。距離は守備範囲だし、展開も不問。ゆったりとしたローテにも好感が持てる。「良化途上の初戦で即座に結果を出すのだから、まだまだ衰えてはいませんね。調教の反応も良くなっていますし、今回は納得の仕上げ。ふっくらとした今なら連勝も可能では」。

 ハタノリヴィールはガラリ一変とはいかなかったが、最後脚を伸ばして存在感は示した。この距離ならレース巧者ぶりを発揮できるはず。「押っつけどおしでも最後は伸びてきたし、現状では距離が延びた方が良さそう。動きから見ても状態は前走以上だと思うし、あらためて」。

 ヴェリイブライトは勝ち馬にあの時計で逃げ切られる流れで、あの位置からではあれが精一杯。キトキトを追い詰めた1600mで反撃だ。「この2走は距離に泣いた感じがするし、ベストの1600mで本領発揮といきたいね。ただ、最終日は雨予報も出ている。切れ味勝負だけに、ぜひとも良馬場でやりたい」。

 サザンオールスターは4歳になっても着実に成長を見せ、前走では重賞下の昇竜戦を制した。笠松は新緑賞1着、岐阜金賞6着。問題ない。「中5日で追い切ったけど、納得の動きだったよ。体調はいいと思う。3歳時に重賞を勝ったコースで適性はあると思うし、オープン馬相手でもそこそこやれないかな」。

おすすめ買い目

馬単 8→7 7→8 8→4 4→8 8→3 3→8 8→9 9→8

 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

 

地方競馬ならオッズパーク競馬