レース展望・予想

中距離「古馬3強」の意地見せ重賞連勝へ、グランプリブラッド「旭岳賞」(門別競馬)

2015/09/15

15日(火)の門別競馬メイン第4レースは、内回り1600メートルで新設された古馬重賞「第1回旭岳賞」(H3)。JRA・GI「マイルチャンピオンシップ」ステップ代表馬選定競走=JRA「スワンステークスGII」もしくは「富士ステークスGIII」<いずれも地方馬枠3頭以内>への出走可能性が発生。JBC協会協賛スタリオンシリーズ馬主賞「バゴ賞」です。

マイル・カテゴリーでの新設重賞ということで、今春コスモバルク記念(H3)から一貫して古馬中距離路線をリードしてきた現下「3強」の一角◎5 グランプリブラッド(牡6、田中淳司厩舎)&△3 キタノイットウセイ(牡5、松本隆宏厩舎)と、スプリント路線を転入馬ポアゾンブラックらと共に牽引してきたアウヤンテプイが激突する、非常に興味深い一戦。さらにそこに、上昇一途で春に古馬混合の新設牝馬マイル重賞「ヒダカソウカップ(H3)」を制した3歳牝馬▲4 ルージュロワイヤル(牝3、角川秀樹厩舎)も加わり、7頭立ての少頭数ながら非常に見どころの多い、今後に向けて絶対に見逃せないメンバー構成となりました。

中でも興味を惹くのは、やはり昨年までスプリント王に君臨し続けた◯1 アウヤンテプイ(牡6、原孝明厩舎)の参戦。強敵ポアゾンブラックの転入もあって3歳春以来となるマイルから中距離路線にも矛先を向けてきた形ですが、2走前、この内回り1600メートルのA1特別でレコードタイムを叩き出していて距離面の不安は全くないと言っても問題ないでしょう。あとは他馬との力関係ですが、前走ともにJRA札幌・エルムステークスGIII(ダート1700メートル)に挑んだ中距離路線の王者ウルトラカイザー(10着)に小差次位で続いた実績から、古馬中距離「3強」とほぼ互角と判断して良さそう。ただグランプリブラッドが、そのウルトラカイザーを相手に7月の内回り1600メートル重賞「星雲賞(H3)」で差し切って勝った事実を重視し、意地も見せるとみて◎にとった次第です。

いずれにせよ、長い長い330メートルの直線で、ゴールまで全く目を離せない、激しく熱い追い比べを見せてくれることは間違いないでしょう。

<おすすめの買い目>
馬単(フォーメーション) 5・1→5・1・4・3(6点)
3連単(2軸流しマルチ) 5⇔1⇔4・3(12点)

旭岳賞の出走表はこちら

(文/ひだか応援隊)


※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

レース展望・予想一覧
 

ページ先頭へ↑

地方競馬予想情報

地方競馬ならオッズパーク競馬