みんなの地方競馬 Everybody's chihoukeiba

地方競馬攻略法

コース概要

全長1100mと小ぶりなサイズの競馬場で、直線距離も201mと短いため、直線勝負の追い込み馬には不利。コーナーもきつめで、コーナーを使って追い込むことが難しいため、向こう正面の直線を使って3コーナーまでにいい位置につけようとする騎乗になる。日本で唯一、馬場内にパドックが存在する。

距離別傾向と対策

800m

2コーナーから向正面に入ったあたりがスタート。距離が距離なので逃げや2番手からの1着は多いが、馬番別成績では意外に内枠が良くない。3コーナーまでの距離もあるし、真ん中〜外から包まれない形で先行力を生かす形が理想。

1400m

とにかく使用頻度の高いコースで、1日すべて1400m戦で組まれることもある。4コーナー側の小さいシュートからのスタートで、1コーナーまでの距離はあるが先行争いは激しくなることも多い。行く気になっておいて挟まれ後退したり、1コーナーで外を回らせられると不利になるので、レースプランと、それを遂行すめための脚が必要。

1600m

1400mに次いで使用頻度の高いコース。3コーナー側の長いシュートからスタートして4角〜直線へと入っていく。角度的には水沢1600mよりは急だが、金沢1700mよりは緩やかな入り。それでもフルゲート時の外寄りは不利になるし、1400mもそうだが、イメージほど前残りはきかない。差しに回る馬は変に序盤無理をせず、なるべく離されずに追走して向正面から3〜4コーナーで前に接近する形が良い。あまり構えすぎるとアタマまでは届きづらい。

1800m

向正面の途中からスタートしてコーナーを6つ回るコース。コーナーまでの距離と序盤の流れが1600m以下ほど速くないためか、内枠有利・外枠有利の傾向が出ている。JRA交流がこの距離で組まれることも多いが、その場合は馬番や脚質と関係なく力量上位馬が来てしまうことも多いので、まずはJRA勢どうしの能力比較をベースに予想を組み立てたい。

コース平面図

オッズパーク

コース数値表

●ダートコース数値表
1100m 201m 1.92m 800m、1400m、1600m、1800m

主な重賞競走

4月 オグリキャップ記念

笠松競馬場案内
地方競馬ならオッズパーク