ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 佐賀競馬場重賞レース一覧
  5. 佐賀ヴィーナスカップ
  6. 2020年予想

佐賀ヴィーナスカップ

重賞

第4回 佐賀ヴィーナスカップ

  • 2020年5月24日(日)
  • 佐賀:第10競走
  • 1,400m
  • 発走時間 18:00
  • キャンペーン
開催場
佐賀競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

佐賀ヴィーナスカップ 直前予想

ハッピーハッピーは大崩れが少ない成績で、牝馬限定戦なら昨年に続く勝利に期待。ジェッシージェニーは実績上位で、休養明け2戦目の上積みを含めて逆転が考えられそうだ。ナンヨーオボロヅキは力量の比較が難しいが、通用十分とみて3番手にマーク。ジャングルキッドは格付的に下でも、先行策が取れれば善戦以上が可能だろう。エレスチャルも立ち回り次第で上位争いに加わりそう。ヴィクトアリーは輸送がカギだが力量的に無視できない存在といえる。

佐賀ヴィーナスカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11佐賀アンバラージュ牝455.0真島元竹吉徹
22佐賀ジャングルキッド牝455.0川田孝倉富隆
33佐賀エリザベスセーラ牝555.0北村欣田中直
44佐賀ベルモントナイト牝955.0柳井宏兒島真
55兵庫スターレーン牝655.0松浦聡廣瀬航
6佐賀ハッピーハッピー牝555.0矢野久田中純
67大井ナンヨーオボロヅキ牝455.0高野毅鮫島克
8兵庫エレスチャル牝555.0尾林二石川慎
79大井ジェッシージェニー牝555.0福永敏真島正
10佐賀ナイトフィーバー牝955.0土井道村松翔
811笠松ヴィクトアリー牝555.0笹野博渡邊竜
12佐賀シャインメルシー牝755.0土井道川島拓

佐賀ヴィーナスカップ 出走馬 短評

ジャングルキッド JRAでは8戦して4着3回、5着2回と善戦止まりだったが、佐賀移籍後は9戦9勝。今回は一気に相手が上がるが、スピードで押し切る可能性はありそうだ。

エリザベスセーラ 前走で2着に入ったが、古馬A1クラスでは未勝利。牝馬限定でも重賞では苦戦必至と言わざるを得ない。

スターレーン 兵庫からの遠征馬。佐賀では3歳時にル・プランタン賞を制し、一昨年のこのレースで3着。最近の成績はいまひとつだが、相手なりに走る可能性は考えられる。

ハッピーハッピー 昨年のこのレースで移籍初戦から11連勝を達成。今年は4戦して未勝利だが、現在は3戦連続2着と上々。佐賀のこの距離で連対率100%の実績もある。

ナンヨーオボロヅキ 大井からの遠征馬。高知所属時の昨年にル・プランタン賞で2着に入り、高知優駿と黒潮菊花賞を制覇。その実績ならば、ここでもチャンスがありそうだ。

エレスチャル 兵庫からの遠征馬。JRAのダート短距離で1勝を挙げ、今年から兵庫に移って6戦3勝。今回も好位差しのかたちがとれれば、善戦以上が狙えるだろう。

ジェッシージェニー 大井からの遠征馬。昨年は読売レディス杯と秋桜賞を勝ち、グランダム・ジャパン古馬シーズンで2位。休養明けの前走は大敗したが、改めて今年も注目だ。

ヴィクトアリー 笠松からの遠征馬。JRAのダートで1勝を挙げ、笠松移籍後は12戦10連対と上々。しかし昨秋の兵庫クイーンカップで7着に敗れた点が気にかかる。

シャインメルシー JRA未勝利から南関東に移って4勝を挙げ、佐賀移籍後は8戦1勝。善戦傾向がある成績だが、ここでは力量的に見劣る感が否めない。

そのほか、アンバラージュ、ベルモントナイト、ナイトフィーバーが出走する。

佐賀ヴィーナスカップ 地方競馬専門紙 予想

実績上位ジェッシージェニーに注目。

昨年の覇者ハッピーハッピーが今年も好調維持で参戦するが、実績上位ジェッシージェニーが実績から注目。スターレーンもこのメンバーなら力上位になる。ヴィクトアリーも外枠良いし、展開的にも好戦可能なところ。エレスチャルの安定した好位策も不気味だし、ジャングルキッドも自分の競馬ができると面白い。ナンヨーオボロヅキも警戒。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 9→6 9→5 9→11 6→9 6→5 5→6 6→11 9→8
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

佐賀ヴィーナスカップ 過去のデータ

佐賀ヴィーナスカップを予想しよう!