ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 金沢競馬場重賞レース一覧
  5. 金沢シンデレラカップ
  6. 2019年予想

金沢シンデレラカップ

重賞

第4回 金沢シンデレラカップ

  • 2019年11月12日(火)
  • 金沢:第9競走
  • 1,500m
  • 発走時間 15:30
  • キャンペーン
開催場
金沢競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

金沢シンデレラカップ 直前予想

ミステリーベルンは前走で大敗を喫したが、金沢コースなら先行粘り込みが期待できそう。佐賀競馬場で5勝しているミスカゴシマにも期待ができる。ドンナフォルテは相手強化だが地元の利を含めて善戦以上が狙えそう。エムティミーナは前走大敗でもスタート五分なら粘り込む可能性が考えられる。先行してしぶといピュアインペリアル、ポピュラーソングにもマークしておきたい。

金沢シンデレラカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11金沢ミライヘノトビラ牝254.0高橋俊池田敦
22北海道ミステリーベルン牝254.0小国博宮崎光
33金沢ハクサンホーリー牝254.0加藤義堀場裕
44北海道スパイスワールド牝254.0角川秀吉原寛
55兵庫エムティミーナ牝254.0保利平山田雄
66金沢エムティエーレ牝254.0佐藤茂栗原大
7船橋ポピュラーソング牝254.0新井清岡村健
78金沢グラムデイジー牝254.0金田一中島龍
9佐賀ミスカゴシマ牝254.0平山宏石川慎
810金沢ドンナフォルテ牝254.0金田一藤田弘
11北海道ピュアインペリアル牝254.0角川秀桑村真

金沢シンデレラカップ 出走馬 短評

ミライヘノトビラ ここまで6戦1勝だが徐々に時計を詰めている状況。しかし2走前の金沢プリンセスカップが勝ち馬から2秒差の3着では、ここでは厳しい感がある。

ミステリーベルン 北海道からの遠征馬。2戦目の5月にJRA認定戦を制し、9月にフローラルカップを含む2勝をマーク。前走は大敗だったが、ここなら巻き返しが狙えそうだ。

スパイスワールド 北海道からの遠征馬。5月初旬のデビュー戦と7月末のオープンを制し、園田プリンセスカップで4着。距離微妙の感はあるが、吉原寛人騎手の騎乗は心強い。

エムティミーナ 兵庫からの遠征馬。デビュー戦を快勝し、続く2戦目のJRA認定戦も逃げ切って連勝。園田プリンセスカップでは差のある敗戦を喫したが、先手主張なら侮れない。

エムティエーレ 北海道では5戦して一般戦での3着が最高着順だったが、金沢移籍後は先行押し切りで連勝。しかしここに入ると、時計的に厳しいかもしれない。

ポピュラーソング 船橋からの遠征馬。大井でのJRA認定戦を含む2勝を挙げ、8戦連続で3着以内に入っていたが、前走の園田プリンセスカップで初の大敗。それでも先行粘り込みには要警戒だ。

ミスカゴシマ 佐賀からの遠征馬。ここまで6戦して敗れたのはJRA遠征だけで、前走の九州ジュニアチャンピオンは大楽勝。今回は輸送が課題だが、通用の可能性は十分ある。

ドンナフォルテ デビュー戦を圧勝し、3戦目にJRA認定戦を勝利。金沢プリンセスカップは差のある2着に敗れたが、ここでも好位差しの形が狙えそうだ。

ピュアインペリアル 北海道からの遠征馬。デビュー戦から善戦止まりだったが、7戦目で初勝利。前走ではJRA認定戦を勝利しており、遠征競馬でも相手なりに走る可能性が考えられる。

そのほか、ハクサンホーリーグラムデイジーが出走する。

金沢シンデレラカップ 地方競馬専門紙 予想

層の厚い南関東の実績ポピュラーソング

先行タイプの馬が揃ったが、中でもポピュラーソングに白羽の矢。自在の立ち回りが魅力のミステリーベルンも2つ目の重賞制覇に虎視眈々。ピュアインペリアル、スパイスワールド、ミスカゴシマも前で流れに乗れば差のない勝負。詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 7→2 2→7 7→11 7→4 7→9
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

金沢シンデレラカップ 過去のデータ

金沢シンデレラカップを予想しよう!