ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 金沢競馬場重賞レース一覧
  5. 中日杯
  6. 2019年予想

中日杯

重賞

第55回 中日杯

  • 2019年12月8日(日)
  • 金沢:第10競走
  • 2,000m
  • 発走時間 16:05
  • キャンペーン
開催場
金沢競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

中日杯 直前予想

ヤマミダンスは最近の成績が良好で、この顔ぶれならば連覇の可能性が高そう。グルームアイランドも地力的に上位で、休み明け3走目の上積みにも期待ができる。ティモシーブルーは前走がいまひとつだったが、地力的に見限れぬ存在。ロンギングルックは相手強化の一戦となるが、流れ込みには要警戒だ。トウショウデュエルは展開次第だが、今回も折り合いひとつで上位まで。穴は先手が取れそうなイーゼル。

中日杯 出走表

枠番 馬番 所属 馬名 性齢 負担重量 調教師 騎手
1 1 金沢 マヤノガルネリ セン4 56.0 田嶋幸 寺地誠
2 2 金沢 ブラックビアド セン8 56.0 中川雅 田野豊
3 3 金沢 ムーンファースト 牡5 56.0 井樋一 沖静男
4 4 金沢 ロンギングルック 牝3 52.0 金田一 吉原寛
5 5 金沢 グルームアイランド 牡8 56.0 高橋俊 青柳正
6 金沢 ティモシーブルー 牡5 56.0 金田一 畑中信
6 7 金沢 メジャーシップ 牡8 56.0 佐藤茂 栗原大
8 金沢 ヤマミダンス 牝5 54.0 中川雅 中島龍
7 9 金沢 イーゼル セン5 56.0 黒木豊 平瀬城
10 金沢 トウショウデュエル 牡7 56.0 佐藤茂 吉田晃
8 11 金沢 フェイマスラブ 牝5 54.0 佐藤茂 葛山晃
12 金沢 マイネルリボーン 牡9 56.0 高橋俊 藤田弘

中日杯 出走馬 短評

マヤノガルネリ JRAと南関東では未勝利で、金沢で今年5月に初勝利。それ以後はまずまずの成績を残しているが、今回の相手は強力だ。

ムーンファースト 3歳時にMRO金賞、4歳時の昨年に金沢スプリングカップを制したが、それ以降は未勝利。今回は休み明けという点からも、強調しにくい感がある。

ロンギングルック 石川ダービーと加賀友禅賞を制し、通算18戦のうち16戦が3着以内と堅実。古馬相手の重賞は初めてになるが、相手なりに走る可能性はありそうだ。

グルームアイランド 4年前のこのレースの優勝馬で、その後も重賞戦線で好走。前走の北國王冠は5着でも、地元所属馬では最先着という結果なら、割り引く必要はないだろう。

ティモシーブルー 白山大賞典JpnIIIではしぶとく5着に入ったが、北國王冠では8着。それでもこの距離ならば、今年の百万石賞を制した実力が見直せる。

ヤマミダンス 昨年のこのレースの優勝馬だが、今年の前半は苦戦。しかし7月以降の5戦はすべて連対と持ち直しており、3連勝中という状況ならば、連覇が期待できそうだ。

イーゼル 門別で7勝、大井と名古屋で各1勝し、金沢では当初の3戦で大敗したが、前走は行き脚一変で勝利。ブリンカー装着馬で、今回も気分が乗ればというところだろう。

トウショウデュエル JRA時に3勝を挙げたが、3着以内はすべて1200メートル以下。しかし移籍初戦の前走は1900メートルで勝利を挙げており、今回も展開ひとつで善戦以上が狙えそうだ。

フェイマスラブ 全体的に善戦傾向がある馬だが、重賞では3回とも牝馬限定戦で5着か6着。今回の相手では、上位争いまでは見込みにくい。

そのほか、ブラックビアドメジャーシップマイネルリボーンが出走する。

中日杯 地方競馬専門紙 予想

連覇狙うヤマミダンスが主役

近走の充実振りからも昨年同レース覇者ヤマミダンスを主力に推すが、地力健在グルームアイランドも虎視眈眈の構え。スムーズに追走すればティモシーブルーの巻き返しも。前でスンナリペースを握れば3歳ロンギングルックも上位圏。メジャーシップも押さえたい。詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 8→5 5→8 8→6 8→4 8→7
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

中日杯 過去のデータ

中日杯を予想しよう!