ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 佐賀競馬場重賞レース一覧
  5. カペラ賞
  6. 2020年予想

カペラ賞

重賞

第8回 カペラ賞

開催場
佐賀競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

カペラ賞 直前予想

アルティマソウルは九州ジュニアチャンピオンで2着だったが、差し脚堅実で距離延長もプラスになりそう。シュリーデービーは距離延長が微妙だが、今回も先行策から押し切る可能性は十分ある。プリマステラは距離延長なら差し脚発揮が見込めそうで、この3頭での勝負が本線だ。あとは少々離れるが、差し脚があるマウイバークマン、先行力があるモーモーブラックを3連勝式の候補として挙げておきたい。

カペラ賞 出走表

枠番 馬番 所属 馬名 性齢 負担重量 調教師 騎手
1 1 佐賀 トラースキック 牡2 55.0 真島元 小松丈
2 2 佐賀 シュリーデービー 牝2 54.0 真島元 鮫島克
3 3 佐賀 モーモーブラック 牝2 54.0 池田忠 山下裕
4 4 佐賀 レディクルシマ 牝2 54.0 平山宏 竹吉徹
5 5 佐賀 マウイバークマン 牝2 54.0 大島静 兒島真
6 6 佐賀 プリマステラ 牝2 54.0 渡辺博 石川慎
7 7 佐賀 ポストモダン 牝2 54.0 山田徹 倉富隆
8 佐賀 アンファスエシャペ 牝2 54.0 真島元 石川倭
8 9 佐賀 ビバリークイーン 牝2 54.0 池田忠 岩橋勇
10 佐賀 アルティマソウル 牡2 55.0 真島元 山口勲

カペラ賞 出走馬 短評

トラースキック 6月の新馬戦を圧勝したが、休養から復帰しての2戦はともに大敗。その現状では、休み明け3戦目での一変までは見込みにくい。

シュリーデービー 5月の新馬戦を圧勝し、2戦目とJRA遠征は大敗したが、その後は前走の九州ジュニアチャンピオンを含めJRA認定戦を3連勝。小柄だけに距離延長は心配だが、ここなら素質上位だろう。

モーモーブラック ここまで9戦して、勝利は2戦目のひとつだけだが、すべて4着以内と成績は安定。前走は差のある4着だったが、先着の3頭はここに出走していない。

マウイバークマン 7月の新馬戦を勝利したが、JRA認定戦では善戦までで、九州ジュニアチャンピオンは後方のまま8着。ただ、距離延長がプラスになる可能性はある。

プリマステラ 北海道で未勝利でも4戦とも4着以内で、佐賀では5戦3勝。3走前のJRA認定戦では大敗を喫したが、差し脚がいきる流れになれば上位食い込みが狙えそうだ。

ポストモダン 北海道では3戦未勝利だったが、佐賀では移籍初戦と2戦目を圧勝。ただ、最近3戦の成績をみると、競らずに逃げられないと好走までは厳しいかもしれない。

アルティマソウル 新馬戦からJRA認定戦を含む3戦3勝で臨んだ九州ジュニアチャンピオンは、好位から差を詰めるも届かず2着。それでも中距離戦なら逆転が可能だ。

そのほか、レディクルシマアンファスエシャペビバリークイーンが出走する。

カペラ賞 地方競馬専門紙 予想

叩き上昇アルティマソウルV筆頭。

ジュニアチャンピオンは佐賀デビュー馬限定戦。ここは移籍馬も出走できるが、アルティマソウル・シュリーデービーの佐賀デビュー馬が人気の中心になる。プリマステラは門別からの移籍馬で連勝の勢いがある。この3頭の優勝争いに絞られる構成。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 10→2 10→6 2→10 6→10 10→3 10→1 10→9 2→6 6→2
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

カペラ賞 過去のデータ

カペラ賞を予想しよう!