ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 高知競馬場重賞レース一覧
  5. 黒潮マイルチャンピオンシップ
  6. 2019年予想

黒潮マイルチャンピオンシップ

重賞

第15回 黒潮マイルチャンピオンシップ

  • 2019年11月10日(日)
  • 高知:第7競走
  • 1,600m
  • 発走時間 18:00
開催場
高知競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

黒潮マイルチャンピオンシップ 直前予想

ウォーターマーズは条件、距離を問わず安定しておりここでも好勝負が期待できる。アーチザスカイはすんなりハナに行ける展開なら粘り込みが十分。ファドーグは決め手はあるだけに前崩れの展開で要警戒。イッツガナハプンは叩き2走目で前進が期待できる。昨年のこのレースで2着のチャオと実績上位のキャプテンオリオンを連下の穴として挙げておく。

黒潮マイルチャンピオンシップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11高知ヨッテケ牡557.0打越勇妹尾浩
22高知キクノグラード牡1057.0雑賀正佐原秀
33高知サクラエール牡857.0別府真濱尚美
44高知イッツガナハプン牡1057.0田中守郷間勇
55高知ウォーターマーズセン557.0大関吉西川敏
66高知グレナディアーズ牡857.0雑賀正永森大
77高知アーチザスカイ牡557.0松木啓林謙佑
8高知キャプテンオリオン牡657.0田中守赤岡修
89高知ファドーグセン857.0別府真倉兼育
10高知チャオセン857.0工藤真岡村卓

黒潮マイルチャンピオンシップ 出走馬 短評

ヨッテケ JRA未勝利から転入後、今年2月に通算11勝目を挙げて以降は、だるま夕日賞5着を含め善戦までという成績。先行できないと脆い面があるだけに同型次第ではといったところだ。

イッツガナハプン 昨年は珊瑚冠賞など重賞を3勝したが、今年は準重賞を含めて未勝利。休み明けをひと叩きして前進がありそうだが、折り合い面が課題となる。

ウォーターマーズ JRA3勝から今年8月に転入し、珊瑚冠賞2着など6戦連続で3着以内と好走。1600メートルも2走前に勝利していることから首位争いが期待できる。

アーチザスカイ JRA未勝利から転入後は、A級でも堅実に駆けて今年のトレノ賞でも3着。先手を取ることができた近3走は3着以内と安定しており、ここも展開面がカギとなる。

キャプテンオリオン 昨年12月の転入後はC級からクラスを上げ初のオープン戦で快勝すると、二十四万石賞と福永洋一記念で2着と好走。夏休み明けの2戦は体重増もあってか差のある6、4着だけに、当日どれだけ絞れているか。

ファドーグ 4連勝で挑んだ建依別賞では差し脚届かず4着。距離延長の珊瑚冠賞でも3着と善戦止まりで、勢いに翳りがみられる近況。しかし差しタイプだけに距離延長はプラスだろう。

チャオ 昨年はこのレース2着を含め重賞でも善戦傾向を示していたが、今年の成績はいまひとつ。前走は3月以来となる久々の勝利を挙げたが、このメンバーでは少々厳しいだろう。

そのほか、キクノグラードサクラエールグレナディアーズが出走する。

黒潮マイルチャンピオンシップ 地方競馬専門紙 予想

一歩前進を期待して!

距離延長は悪くないファドーグから。立ち回りひとつだ。ウォーターマーズ、アーチザスカイが相手になる。ヨッテケ、サクラエールも調子の良さでは負けていない。 ファドーグに期待したい。近走は勝ち切れなくなっているが、前走にしても上位陣とは僅差。距離延長で機動力が生きる展開になれば前進が期待できる。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 9→5 9→7 9→1 9→3 5→9 7→9
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

黒潮マイルチャンピオンシップ 過去のデータ

黒潮マイルチャンピオンシップを予想しよう!