ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 金沢競馬場重賞レース一覧
  5. 兼六園ジュニアカップ
  6. 2019年予想

兼六園ジュニアカップ

重賞

第21回 兼六園ジュニアカップ

  • 2019年10月15日(火)
  • 金沢:第10競走
  • 1,500m
  • 発走時間 16:05
  • キャンペーン
開催場
金沢競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

兼六園ジュニアカップ 直前予想

ハイタッチガールは今回も先手主張からの押し切りが濃厚で、相手探しとみてよさそう。スピードドドドは連戦が続くが好位差しが狙えるとみて相手筆頭に指名する。フジヤマブシは時計的に劣勢だが、ハイペースになれば台頭がありそう。ストロングフーヴスは競らずに先行できれば粘り込む可能性が出てくるだろう。カガノホマレは2戦目だが、素質的に連下の候補として要マーク。

兼六園ジュニアカップ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11金沢チョウマイモン牝254.0金田一藤田弘
22金沢ストロングフーヴス牡255.0金田一畑中信
33金沢フジヤマブシ牡256.0黒木豊平瀬城
44金沢グラムデイジー牝254.0金田一栗原大
55金沢ハイタッチガール牝256.0中川雅青柳正
66金沢カガノホマレ牡255.0菅原欣吉原寛
77金沢スピードドドド牝254.0金田一中島龍
88金沢ダブルポジション牝254.0菅原欣葛山晃
9金沢アウマクア牡255.0金田一米倉知

兼六園ジュニアカップ 出走馬 短評

ストロングフーヴス 北海道ではJRA認定戦で2回とも大敗。金沢では移籍初戦を圧勝し、続く2走前は大敗して前走は圧勝と、無理なく主導権を取れることが好走の条件のようだ。

フジヤマブシ 7月のデビュー戦を快勝して、続く2戦目も勝利。JRA認定戦では2着だったが、前走は差し脚を長く使って3勝目。今回も差し脚をいかしたいところだ。

グラムデイジー デビュー戦を圧勝したが、その後は4回とも善戦まで。堅実に差を詰めてくるタイプではあるが、現状ではひと押し不足が否めない。

ハイタッチガール 北海道で5戦目にJRA認定戦を勝ち、金沢での初戦は2着だったが、続く前走の金沢プリンセスカップを好時計で勝利。そのスピードには今回も注目だ。

カガノホマレ 9月1日の新馬戦を余裕の手応えで制した内容なら、時計はもう少し詰まりそう。今回は一気の相手強化となるが、善戦以上ができる可能性を秘めていそうだ。

スピードドドド デビュー戦は先手を取るも失速したが、その後は徐々に上昇して前走で初勝利。デビューから中1週が続いている点は心配でも、無視しにくい存在といえる。

ダブルポジション 北海道で5戦して5着2回という成績で金沢に移り、移籍初戦の前走を快勝。小柄な馬体で時計的にも物足りないが、流れ込んでくる余地ならあるだろう。

アウマクア デビュー戦を逃げ切ったが、その後は先行して失速するレースの繰り返し。その状況では、ここで一変があるとは考えにくい。

そのほか、チョウマイモンが出走する。

兼六園ジュニアカップ 地方競馬専門紙 予想

安定走法で優勢ハイタッチガールを主力視!!

前走プリンセスカップ制覇の勢いそのままにハイタッチガールの重賞2連勝が最有力。相手筆頭には豪快な決め脚を秘めるフジヤマブシを置くが、デビュー2戦目の有望株カガノホマレも地力は十分通用しそう。流れ次第でグラムデイジー、ストロングフーヴスも連争いに加わってくる。詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 5→3 3→5 5→6 5→4
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

兼六園ジュニアカップ 過去のデータ

兼六園ジュニアカップを予想しよう!