ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. ダービーグランプリ

ダービーグランプリ

重賞

第31回 ダービーグランプリ

  • 2018年12月10日(月)
  • 水沢:第11競走
  • 2,000m
  • 発走時間 15:50
開催場
水沢競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

ダービーグランプリ 直前予想

チャイヤプーンは前走が2着惜敗でも後続には大きく差をつけており、コース替わりも含めて改めて期待。コーナスフロリダは前走の反動が心配だが、素質的に互角以上とみるのが妥当だろう。クリノヒビキは長距離輸送が心配だが、赤岡修次騎手に手綱が戻る点を含めて善戦以上が期待できる。あとは少々離れるが、転入2走目の前走を快勝したマグマが連下の穴。堅実に差を詰めてくるムゲンノカノウセイ、エルノヴィオは3連勝式の候補まで。

ダービーグランプリ 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11兵庫コーナスフロリダ牡356.0田中範岡部誠
22岩手エルノヴィオ牡356.0酒井仁山本聡
33岩手コスモキリュウ牡356.0佐藤浩菅原俊
44岩手ダージリンクーラーセン356.0橘友和菅原辰
55船橋アルファーティハ牡356.0山浦武田中力
66岩手ムゲンノカノウセイ牡356.0飯田弘山本政
77兵庫クリノヒビキ牡356.0橋本明赤岡修
88岩手マグマセン356.0板垣吉小林凌
9岩手チャイヤプーン牡356.0千葉幸村上忍

ダービーグランプリ 出走馬 短評

コーナスフロリダ 兵庫からの遠征馬。過去12戦して、4着だった菊水賞以外はすべて3着以内。前走で馬体重が大きく減った点は気になるが、それでも地力で押し切れそうだ。

エルノヴィオ JRAでは6戦とも大敗したが、岩手移籍後は11戦4勝。不来方賞では差のある4着に敗れたが、岩手ダービー2着の実績がある水沢コースなら見直せる。

コスモキリュウ JRAでは芝で5戦して大敗続きだったが、岩手移籍後は12戦とも4着以内でダートでも好走。この距離にも対応できそうだが、力量的に厳しいかもしれない。

ダージリンクーラー JRAで8戦未勝利でも5着以内が5回。とはいえ、岩手移籍後もひと押し不足が続いているという状況では、今回も上位争いまでは厳しそうだ。

アルファーティハ 船橋所属だが移籍初戦。JRAで惨敗続きも、金沢で石川ダービーとサラブレッド大賞典を制覇。前走の岐阜金賞は大敗したが、展開がハマれば侮れない。

ムゲンノカノウセイ ここまで14戦して3着以内が12回と安定しており、最近2戦も後方から差を詰めて上位に入線。今回の相手は強力だが、善戦の可能性は考えられる。

クリノヒビキ 兵庫からの遠征馬。JRAから兵庫移籍後に上昇し、兵庫ダービーで2着に入って、この秋は重賞を2勝。前走は4着でも度外視可能で、改めて注目が必要だ。

マグマ 2歳12月にJRAのダート中距離で勝利を挙げたが、その後は惨敗の連続。岩手初戦も差のある5着だったが、続く前走を勝利して上昇の気配を見せている。

チャイヤプーン 門別で2勝から岩手に入り、その後は岩手ダービーなどを勝利。南関東で戸塚記念を制して臨んだ不来方賞はクビ差2着だったが、引き続き注目できる存在だ。

ダービーグランプリ 地方競馬専門紙 予想

地の利あるチャイヤプーンが一歩リード

本日のメインは、地方全国交流による3歳秋のチャンピオンシップ2018「ダービーグランプリ」(M1、3歳オープン、右回り、ダート2000m)。直前になって注目を集めそうだった羽田盃馬のヤマノファイトが回避し、当初の予定では11月18日に組まれてたレースで開催中止などで本日に日程変更。詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 9→1 9→6 9→5 9→7 1→9 6→9 5→9 7→9
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ダービーグランプリ 過去のデータ

ダービーグランプリを予想しよう!