ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 帯広競馬場重賞レース一覧
  5. ばんえい菊花賞
  6. 2019年予想

ばんえい菊花賞

重賞

第44回 ばんえい菊花賞

  • 2019年11月10日(日)
  • 帯広:第10競走
  • 200m
  • 発走時間 20:10
開催場
帯広競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

ばんえい菊花賞 直前予想

メムロボブサップは重賞3勝と実績断然で、3歳二冠に期待。アオノブラックはここまで重賞では崩れておらず世代限定戦なら上位争いが十分。牝馬ジェイカトレアは地力強化が目立つだけにここでも要警戒。サクラドリーマーは終いの脚は堅実だけに、重量克服なら上位進出のシーンまで。

ばんえい菊花賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11ばんえいジェイエース牡3700山本正鈴木恵
22ばんえいアオノブラック牡3720金田勇西謙一
33ばんえいジェイカトレア牝3680平田義藤野俊
44ばんえいサクラドリーマー牡3700今井茂藤本匠
55ばんえいアポロン牡3690服部義長澤幸
66ばんえいメムロボブサップ牡3730坂本東阿部武
77ばんえいアオノゴッド牡3690金田勇村上章
88ばんえいインビクタ牡3700松井浩島津新

ばんえい菊花賞 出走馬 短評

ジェイエース イレネー記念5着、ばんえい大賞典4着と重賞ではひと押し不足の面があるのは否めないところ。しかし、自分のペースを守って追走できれば上位食い込みが狙える。

アオノブラック ヤングチャンピオンシップ制覇など、重賞では5戦すべて3着以内と安定。前走はオープン馬相手で6着に敗れたが、世代限定戦なら実績上位だけにチャンスは大いにある。

ジェイカトレア 2月の牝馬重賞・黒ユリ賞を制したが、続くイレネー記念は最下位の10着。今季重賞ではばんえい大賞典5着、はまなす賞4着と健闘しており、ハンデ差を生かしたいところだ。

サクラドリーマー 近6走では3勝、3着3回と好調を維持。しかしばんえい大賞典では650キロで後方のまま見せ場なしの内容では、700キロでどこまでやれるか。

メムロボブサップ ナナカマド賞、イレネー記念と2歳シーズン二冠を制し、ばんえい大賞典も勝利。前走はオープン戦で年上馬相手に7着と敗れたが、同世代相手ならトップハンデでも巻き返し必至だ。

インビクタ 今季は15戦して7勝、2着5回の好成績。しかし、ばんえい大賞典が障害で転倒して失格という成績では、重量が増える今回は苦戦を強いられそうだ。

そのほか、アポロンアオノゴッドが出走する。

ばんえい菊花賞 地方競馬専門紙 予想

メムロボブサップの2冠達成に期待

3歳三冠第2弾。一冠目を制したメムロボブサップはここもハンデを背負い厳しい条件となるが、斤量差はばんえい大賞典と同じだし、克服可能。仕上がりにも不安はなく、首位が期待できる。相手は前哨戦の秋桜賞を快勝したアオノブラック。障害巧者インビクタ、地力強化目立つジェイカトレアにも警戒が必要。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 6→2 6→8 6→3 6→4
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ばんえい菊花賞 過去のデータ

ばんえい菊花賞を予想しよう!