ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 黒潮菊花賞

黒潮菊花賞

重賞

第22回 黒潮菊花賞

  • 2018年10月14日(日)
  • 高知:第7競走
  • 1,900m
  • 発走時間 18:10
開催場
高知競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

黒潮菊花賞 直前予想

ヴァリヤンツリは最近2戦が2着だが、この距離なら差し切りが狙えるとみて中心視。ネオプリンセスは小柄だけに距離延長が心配だが、素質的に逃げ切れる可能性がありそうだ。マイネルセボンはスタミナ十分で首位争いに加わりそう。しぶとく差を詰めてくるコウエイスーシェフにも警戒したい。ジャンニーナは順調さに欠けるが、無理なく先行できれば残り目も。まくり脚があるアウトスタンディンも押さえておきたい存在だ。

黒潮菊花賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11高知サンダベンポート牝354.0細川忠上田将
22高知ウイントラゲット牡356.0雑賀正永森大
33高知アウトスタンディン牡356.0中西達嬉勝則
44高知ジャンニーナ牝354.0打越勇宮川実
55高知コウエイスーシェフセン356.0細川忠瀧川寿
66高知ネイティブゴールド牡356.0細川忠西森将
7高知マイネルセボン牡356.0工藤真岡村卓
78高知ヴァリヤンツリ牝354.0中西達西川敏
9高知ネオプリンセス牝354.0打越勇赤岡修
810高知マエムキ牡356.0田中譲郷間勇
11高知スターアイリス牝354.0胡本友佐原秀

黒潮菊花賞 出走馬 短評

サンダベンポート 2歳夏にJRAでデビュー戦を勝利するも、その後は7戦連続で最下位かブービー。しかし高知では2勝を挙げ、高知優駿で最低人気も3着という実績がある。

ウイントラゲット JRAでは4戦とも大敗し、高知移籍後もひと押し不足。距離延長は悪くなさそうだが、力量的に強調しにくい感がある。

アウトスタンディン 2歳時は門別の一般戦で2勝し、高知移籍後は善戦傾向がある成績。前走が高知での初勝利だったが、ここでも上位争いができるかもしれない。

ジャンニーナ JRAでは2戦とも大敗したが、高知移籍後は6戦4勝で連対率が100%。出走取消と競走除外が合計4回となっているが、潜在能力は高そうだ。

コウエイスーシェフ JRAでは2戦とも惨敗したが、今春から高知に移って善戦続き。最近3戦はいまひとつの成績だが、この距離が味方になる可能性はある。

ネイティブゴールド 高知デビューで通算6勝を挙げているが、重賞では3回とも勝ち馬から2秒以上の差で敗退。スタートが決まっても今回のメンバーでは厳しそうだ。

マイネルセボン JRAで3戦未勝利から門別に移って3勝し、王冠賞で3着。高知では2走前の移籍初戦を快勝し、前走は佐賀のロータスクラウン賞で4着と上々だ。

ヴァリヤンツリ デビューから13戦連続で連対し、土佐春花賞は3着だったが黒潮皐月賞を勝利。高知優駿4着以降は善戦止まりだが、この距離なら差し届く可能性が十分ある。

ネオプリンセス 2歳時は7戦7連対で金の鞍賞を制したが、休養明け後の今春は低迷。しかし7月以降は4連勝と持ち直しており、今回も先行しての押し切りが期待できる。

マエムキ JRA時は佐賀の九州産限定交流戦で善戦したが、それ以外では苦戦。高知移籍後もいまひとつで、3走前に初勝利を挙げたという成績では、重賞では荷が重そうだ。

スターアイリス JRA未勝利から高知に移って、土佐春花賞を制して黒潮皐月賞で2着。その後も好走が続いているが、高知優駿での8着と血統面から距離延長に不安が残る。

黒潮菊花賞 地方競馬専門紙 予想

ヴァリヤンツリからが賢明かも

ヴァリヤンツリは安定感抜群。崩れぬ強味で本命に。勿論、ネオプリンセスが相手。以下、アウトスタンディン、マイネルセボン、サンダベンポートの順で。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 8→9 8→3 8→7 8→1 9→8 3→8
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

黒潮菊花賞 過去のデータ

黒潮菊花賞を予想しよう!