ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 兵庫若駒賞

兵庫若駒賞

重賞

第11回 兵庫若駒賞

  • 2018年10月18日(木)
  • 園田:第11競走
  • 1,400m
  • 発走時間 16:10
開催場
園田競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

兵庫若駒賞 直前予想

フセノピュアはメンバー的に今回も先手が取れそうで、押し切る可能性が高そう。リリコは前走が人気薄での勝利だったが、再度の差し脚発揮に期待ができる。テツは今回も流れに乗れれば上位食い込みが狙えそうで、この三つ巴を本線としたい。アヴニールレーヴは展開的に微妙だが、競らずに行ければ残り目も。ホマレボシセーラ、テンマダイウェーヴは未勝利馬だが、相手なりに走れる可能性に警戒して連下の候補に挙げておく。

兵庫若駒賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11兵庫ジュウワンマックス牡255.0土屋洋田野豊
22兵庫アリアナティー牝254.0保利平大山真
33兵庫テンマダイウェーヴ牡255.0新井隆渡瀬和
44兵庫ムーンコムレード牝254.0柏原誠川原正
55兵庫インペルフェット牡255.0坂本和小山裕
6兵庫シップウジンライ牡255.0長南和永島太
67兵庫ホマレボシセーラ牝254.0保利良杉浦健
8兵庫リリコ牝254.0田中範吉村智
79兵庫アヴニールレーヴ牝254.0坂本和下原理
10兵庫カンビアーレ牝254.0坂本和永井孝
811兵庫テツ牡255.0橋本明田中学
12兵庫フセノピュア牝254.0盛本信岡部誠

兵庫若駒賞 出走馬 短評

アリアナティー デビュー戦を好位差しの形で制し、今回は約2カ月ぶりの実戦。距離延長と相手強化は厳しいが、素質的に通用する可能性は考えられる。

テンマダイウェーヴ ここまで4戦して未勝利だが、3着以内が3回と善戦。しかし全体的に持ち時計不足は否めないところで、ここでは善戦以上までは厳しそうだ。

ムーンコムレード デビュー戦を快勝し、その後は3戦とも3着または4着でも、勝ち馬からは1秒以上の差。その現状では今回も善戦以上は見込みにくい。

インペルフェット デビュー戦と2戦目が2着で3戦目に初勝利。しかしその後は2戦連続6着という状況では、今回も厳しい戦いになりそうだ。

シップウジンライ デビュー戦が3着で2戦目が大敗だったが、4戦目に初勝利。しかしこのメンバーに入ると、力量的に厳しい感が否めない。

ホマレボシセーラ ここまで9戦して未勝利でも、前走の7着を除けばすべて5着以内。堅実に差を詰めてくる脚があるだけに、展開ひとつで上位に食い込む可能性はある。

リリコ 前走の園田プリンセスカップは7番人気での勝利だったが、JRA認定戦での勝利を含めた実績は上位。ここでも好位付けからの差し切りに期待ができそうだ。

アヴニールレーヴ 園田プリンセスカップでは先行策から失速したが、それ以前の4戦は逃げてJRA認定戦を含む3勝をマーク。ただ、今回は同型の存在が気にかかる。

テツ デビュー戦を6馬身差で快勝し、続く2戦目は好位追走から2着。距離延長にも対応できそうで、引き続き警戒しておく必要はあるだろう。

フセノピュア デビュー戦を快勝し、続く前走のJRA認定戦も逃げ切り勝ち。小柄な馬体で上積みという点は微妙だが、それでもスピードで押し切る可能性は十分ある。

そのほか、ジュウワンマックスカンビアーレが出走する。

兵庫若駒賞 地方競馬専門紙 予想

アヴニールレーヴの巻き返しに期待!

メンバーを見渡す限り能力差がハッキリしている印象があり人気上位馬の決着になりそうな一戦だが、その中で本命はアヴニールレーヴ。前走は自分の形を取れなかっただけ、ハナならアッサリ押し切りまで。相手筆頭は前走好時計勝利の先行力十分なフセノピュア、もちろん前走強豪遠征馬を負かして重賞制覇を果たしたリリコも勝ち負け必至。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 9→12 9→8 9→11 9→2 9→7 12→9 8→9
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

兵庫若駒賞 過去のデータ

兵庫若駒賞を予想しよう!