ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  1. オッズパークTOP
  2. 地方競馬TOP
  3. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  4. 園田競馬場重賞レース一覧
  5. 六甲盃
  6. 2019年予想

六甲盃

重賞

第56回 六甲盃

  • 2019年3月26日(火)
  • 園田:第11競走
  • 2,400m
  • 発走時間 16:10
開催場
園田競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

六甲盃 直前予想

タガノゴールドは最近の成績がいまひとつだが、地元競馬で長距離戦なら地力を発揮する可能性が高そう。メイショウオオゼキは転入初戦から4連勝の勢い魅力で、今回も先手主張からの押し切りが期待できる。先行してしぶといメイショウヨウコウにもマークが必要。ヨヨギマックは力量的に微妙だが、しぶとさをいかせる展開になれば善戦の余地が出てきそうだ。長距離が合うエイシンホクトセイが連下の穴。エイシンビジョンはタイプ的に距離延長が心配だが、決め手勝負のかたちになれば一発も。

六甲盃 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11兵庫タガノゴールド牡856.0新子雅下原理
22兵庫メイショウヨウコウ牡956.0住吉朝吉村智
33兵庫エイシンビジョン牡656.0平松徳大柿一
44兵庫エイシンミノアカ牝654.0橋本明田中学
55兵庫エイシンホクトセイ牡856.0土屋洋山田雄
6兵庫トニーポケット牡1056.0中塚猛竹村達
67兵庫マイフォルテ牡556.0田中一廣瀬航
8兵庫ヨヨギマック牡856.0田村彰永井孝
79兵庫スナークレッド牡656.0新井隆杉浦健
10兵庫クイントゥープル牝554.0保利良鴨宮祥
811兵庫アリオンダンス牡656.0諏訪貴永島太
12兵庫メイショウオオゼキセン956.0新子雅笹田知

六甲盃 出走馬 短評

タガノゴールド 姫山菊花賞を制したあとは善戦止まりが続いているが、そのうち3戦が遠征競馬では仕方ない面も。今回は地元競馬で長距離戦なら、巻き返す可能性が十分ある。

メイショウヨウコウ このレースでは過去3年とも6着から8着までだが、昨年は6着でも勝ち馬からの差はわずか。ひと押しに欠ける感は否めないが、流れ込みなら可能だろう。

エイシンビジョン JRAのダートで4勝を挙げ、2走前の移籍初戦を逃げ切って勝利。前走は先手主張から失速したが、マイペースで行ければ粘り込みがありそうだ。

エイシンミノアカ JRAの芝とダートで各1勝し、盛岡の1000万下交流戦で3勝目。転入初戦の前走は好位のままでの6着では、ここに入ると少々厳しいかもしれない。

エイシンホクトセイ 2歳時は門別で活躍し、その後は大井で1勝を追加。転厩後の3戦は成績的にいまひとつだが、昨年のこのレース3着馬だけにノーマークにはしにくい。

マイフォルテ JRAでは2戦とも大敗したが、兵庫移籍後の地元競馬では12戦10連対。それでも今回が長期休養明けという条件では、苦戦必至といえそうだ。

ヨヨギマック JRAのダート中距離で5勝を挙げたが、2017年以降は大敗続き。兵庫移籍後の3戦もひと押し不足で、ここでも善戦以上までは考えにくい。

クイントゥープル JRA時は芝のデビュー戦での1勝のみで、昨春の兵庫移籍後は3勝。前走はA1クラスで初めて2着に入ったが、さらに相手強化では厳しそうだ。

アリオンダンス JRAと南関東では各1勝までだったが、兵庫では移籍初戦から4連勝。しかしその後はひと押し不足という状況では、強調しにくい感がある。

メイショウオオゼキ JRAの芝とダートで1勝ずつを挙げ、その後は芝中距離で苦戦続き。しかし兵庫移籍後は4戦とも圧勝と、当地の水が合ったようだ。

そのほか、トニーポケットスナークレッドが出走する。

六甲盃 地方競馬専門紙 予想

エイシンミノアカの一変を期待!

実績最上位タガノゴールド、勢い十分メイショウオオゼキの新子厩舎2頭がかなり人気を集めそうなメンバー構成となった。しかし本命は転入2走目のエイシンミノアカ、上積みと素質に賭けてみる。前述の2頭ももちろん勝ち負け必至で、当然ながら主力として信頼する。同距離経験のあるメイショウヨウコウとエイシンホクトセイ、まだ見限れないエイシンビジョンも展開次第では圏内へ食い込める力あり。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 4→1 4→12 4→2 4→3 4→5 1→4 12→4
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

六甲盃 過去のデータ

六甲盃を予想しよう!