ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 唐津湾賞

唐津湾賞

重賞

第6回 唐津湾賞

  • 2018年2月11日(日)
  • 佐賀:第11競走
  • 1,400m
  • 発走時間 17:00
  • キャンペーン
開催場
佐賀競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

唐津湾賞 直前予想

やや低調な顔ぶれなら、転入初戦でも実績上位のワットロンクンが中心。テイケイネクサスは格上挑戦でも最近2戦の内容ならば、首位争いが期待できる。コウギョウダグラスはひと押し不足の現状だが、この距離なら今回も大崩れはなさそう。ドンプリムローズは長期休養明けが不安だが、素質があるだけに先行粘り込みに警戒したい。アウヤンテプイは最近2戦がいまひとつだが、転厩3走目での巻き返しに少々。

唐津湾賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11佐賀アウヤンテプイ牡956.0山田徹倉富隆
22佐賀ワットロンクン牡756.0東眞市山口勲
33佐賀コウギョウダグラス牡1156.0大島静村松翔
44佐賀ベルモントナイト牝753.0柳井宏兒島真
55佐賀タガノリバレンス牡955.0九日光小松丈
66佐賀ケンシベリーノ牝953.0頼本盛山下裕
77佐賀ヒショウセン1056.0井樋明田中直
8佐賀テイケイネクサス牡654.0九日光田中純
89佐賀ドンプリムローズ牝5☆ 52.0真島元岡村健
10佐賀サチノシェーバー牡1056.0古賀光竹吉徹

唐津湾賞 出走馬 短評

アウヤンテプイ 門別の短距離戦線で活躍し、佐賀に移って2連勝を挙げたが、その後の2戦は粘りひと息という結果。連勝後に転厩した影響があるのかもしれない。

ワットロンクン 昨年は南関東で2勝を挙げ、門別でも1勝。最近2戦は水沢で連続2着と好走しており、移籍初戦から注目できる存在だ。

コウギョウダグラス 中島記念では大敗したが、佐賀の1400メートルでは12戦して、サマーチャンピオンJpnIII以外では4着以内に入線。今回も連下に押さえる必要があるだろう。

ベルモントナイト 南関東で10勝を挙げたが、佐賀では移籍初戦の2着以外は苦戦多数の成績。現在は8戦連続で勝ち馬から1秒差以上で敗退と、厳しい成績になっている。

タガノリバレンス 佐賀では28戦1勝で、昨年3月の勝利を最後に現在は18戦連続で勝ち馬から1秒以上差で敗れている状況。その内容では強調するのは難しい。

ヒショウ JRAのダート短距離で2勝を挙げ、その後は浦和で2勝、佐賀で2勝を追加。しかし昨年2月以降は大敗多数で、時計的にも限界がある結果が続いている。

テイケイネクサス JRAのダートで1勝を挙げ、兵庫では3勝したが、昨年は20戦して2着1回。しかし佐賀では2戦2勝で、時計的な面からも格上挑戦でも通用しそうだ。

ドンプリムローズ 3歳時は九州ダービー栄城賞を制覇するなど活躍したが、その後は南関東を経て昨春に佐賀に戻ったが善戦まで。今回は約6カ月半ぶりの実戦という点も課題となる。

そのほか、ケンシベリーノサチノシェーバーが出走する。

唐津湾賞 地方競馬専門紙 予想

移籍戦ワットロンクン主役指名。

距離1400m戦。新規馬ワットロンクンが実績と調整内容から◎に。2番手外取れる構成だし展開面の不安もない。アウヤンテプイは前走無理なく待機も…詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 2→1 2→8 2→9 1→2 2→3 1→8 8→1 8→2 9→2
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

唐津湾賞 過去のデータ

唐津湾賞を予想しよう!