ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. たんぽぽ賞

たんぽぽ賞

重賞

第22回 たんぽぽ賞

  • 2018年2月20日(火)
  • 佐賀:第11競走
  • 1,400m
  • 発走時間 17:00
  • キャンペーン
開催場
佐賀競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

たんぽぽ賞 直前予想

カシノランペイジは馬格十分で、この舞台ならトライアル戦に続いてチャンス大。コウエイユキチャンは当日の気配次第だが、スピード的に押し切る可能性が十分ある。ヒトモジノグルグルは先行力があり、ダート2走目での上積みもありそう。マエムキは未勝利でも再度の流れ込みに警戒したい。そのほかは少々厳しそうだが、佐賀所属馬から差し脚があるシェナキラキラとヒムカノハナを3連勝式の穴として挙げておく。

たんぽぽ賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11佐賀ヒムカノハナ牝354.0川田孝倉富隆
22JRAマエムキ牡356.0作田誠吉田隼
33JRAキリシマアスカ牝354.0石毛彦丸田恭
44佐賀テイエムヒットンダ牝354.0平山宏山下裕
55JRAヤエノラピッド牡356.0二本一鮫島良
6佐賀コウメチャン牝354.0大島静岡村健
67佐賀シェナキラキラ牝354.0古賀光竹吉徹
8JRAコウエイユキチャン牡356.0山内研山口勲
79JRAキリシマアオゾラ牝354.0石毛彦兒島真
10JRAカシノランペイジ牡356.0谷 潔鮫島駿
811JRAヒトモジノグルグル牝354.0牧田和岡田祥
12佐賀オレンジホープ牝354.0手島勝鮫島克

たんぽぽ賞 出走馬 短評

ヒムカノハナ 九州トレーニングセールで取引され、ここまで10戦未勝利。それでも3走前のトライアル戦では2着に食い込んでおり、今回も前崩れの展開になれば台頭が狙える。

マエムキ JRAからの遠征馬。昨夏のデビュー戦から底力不足の競馬が続いてきたが、前走のトライアル戦で2着と初連対。今回も立ち回りひとつで善戦以上が可能だろう。

キリシマアスカ JRAからの遠征馬。昨夏の九州産限定戦で2着に入ったが、それ以降は苦戦続き。兄姉に活躍馬がいる血統だが、ここでは少々厳しそうだ。

シェナキラキラ 佐賀のデビュー戦を制し、ひまわり賞に挑戦したが12着。好走と大敗の差が大きい成績だが、3連勝式の穴として考える手はあるかもしれない。

コウエイユキチャン JRAからの遠征馬。昨夏のデビュー戦を制し、ひまわり賞では2着。今回はおよそ半年ぶりの実戦だが、1月中旬から栗東トレーニングセンターで乗り込んでいる。

キリシマアオゾラ JRAからの遠征馬。ここまでの6戦はすべて勝ち馬から差のある敗戦を喫し、2走前のトライアル戦では先行するも5着。今回も先手を取ってどこまでというところだろう。

カシノランペイジ JRAからの遠征馬。5年前の優勝馬と一昨年の3着馬は半兄で、こちらも2走前のトライアル戦を快勝。今回も先行押し切りが期待できそうだ。

ヒトモジノグルグル JRAからの遠征馬。昨夏は3着2回の成績だったが、休み明け2戦目の前走でトライアル戦を勝利。小柄だけに雨の影響がありそうなのはプラスだろう。

オレンジホープ 7月のデビュー戦を快勝したが、その後は苦戦続きという状況。2走前は不良馬場で勝利を挙げたが時計的には平凡で、力量不足は否めないところだ。

そのほか、テイエムヒットンダ、ヤエノラピッド(JRA)、コウメチャンが出走する。

たんぽぽ賞 地方競馬専門紙 予想

休み明けでもコウエイユキチャンV候補。

3歳九州産のJRA交流戦。小倉新馬Vコウエイユキチャンはひまわり賞2着で高レベル。休み明けになるが仕上がりも順調の様子だし、ここもV候補に。ノカイドウVのヒトモジノグルグルも仕上がり順調の様子だし、このメンバーでも好勝負に。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 8→11 8→10 11→8 8→2 10→8 8→9 11→10 10→11 11→2
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

たんぽぽ賞 過去のデータ

たんぽぽ賞を予想しよう!