ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 梅見月杯

梅見月杯

重賞

第20回 梅見月杯

  • 2019年2月14日(木)
  • 名古屋:第11競走
  • 1,900m
  • 発走時間 16:25
開催場
名古屋競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

梅見月杯 直前予想

先手を取りたい2頭が強力で、道中は厳しい流れになりそう。ならば、近走ひと息でも差し脚を長く使えるタガノゴールドが狙えそうだ。ミラクルシップも堅実に差を詰めるタイプで上位食い込みが十分。マイタイザンは展開次第だが実力的に無視できない存在。ナインオクロックは素質的に互角以上で、競らずに行けるようなら粘り込みが考えられそうだ。ポルタディソーニは展開的に合いそうで流れ込みに要注意。

梅見月杯 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11兵庫マイタイザン牡657.0新井隆杉浦健
22兵庫タガノゴールド牡857.0新子雅下原理
33名古屋リョーシンヒナタ牝655.0塚田隆友森翔
44大井トーセンノワール牡457.0高野毅佐藤友
55名古屋ブランニュー牡757.0宮本仁今井貴
66名古屋ミラクルシップ牡557.0川西毅山田祥
7名古屋エイシンテキサス牡957.0坂口義加藤聡
78名古屋テイエムアニマンテ牡557.0竹之昭丸山真
9兵庫エイシンミコノス牡657.0森澤友大畑雅
810名古屋ナインオクロック牡557.0川西毅戸部尚
11名古屋ポルタディソーニ牝555.0瀬戸悟宮下瞳

梅見月杯 出走馬 短評

マイタイザン 兵庫からの遠征馬。重賞6勝の実績は断然で、現在は8戦連続で3着以内と調子も良好。名古屋では2戦とも3着だが、今回の顔ぶれなら押し切りが狙えそうだ。

タガノゴールド 兵庫からの遠征馬。JRAのダートで5勝を挙げ、兵庫に移った昨秋は姫山菊花賞を制覇。最近2戦は善戦止まりだが、地力的に無視できない存在といえる。

リョーシンヒナタ JRAでは16戦とも勝ち馬から1秒差以上で敗れたが、愛知移籍後の成績は安定。とはいえ、A級ではひと押し不足で、重賞では苦戦必至だろう。

トーセンノワール 大井からの遠征馬。現在の格付はB2で、名古屋グランプリJpnIIで大敗したのは仕方ないところ。今回も遠征競馬だが、ここでも少々厳しそうだ。

ブランニュー 昨年のこのレースでは11番人気ながら僅差4着に食い込んだが、それ以外の重賞では苦戦。勝ち星はA級2組までというのも劣勢で、前崩れの展開でどこまでというところだろう。

ミラクルシップ JRAでは15戦未勝利だったが、愛知移籍後は29戦のうち3着以内が25回。今回は初めての重賞だが、3連勝中の勢いを含めてマークする必要がありそうだ。

エイシンテキサス JRAの短距離戦で3勝し、その後は兵庫と佐賀で計6勝。園田FCスプリントを制した実績もあるが、移籍初戦でこの距離では、様子見までが妥当だろう。

エイシンミコノス 兵庫からの遠征馬。JRA未勝利から移籍して以降は大崩れが少なく、重賞でも善戦。それでも今回は遠征競馬でこの相手では、少々厳しいかもしれない。

ナインオクロック デビューは3歳秋と遅れたが、JRAでの1戦以外はすべて勝利。10連勝の勢いも魅力十分で、初の重賞でもそのスピードには注目だ。

ポルタディソーニ 昨年のこのレースの優勝馬だが、昨夏以降の重賞では善戦までという状況。それでも寒い時期が向くタイプだけに、立ち回りひとつで上位争いに加わってくる可能性がある。

そのほか、テイエムアニマンテが出走する。

梅見月杯 地方競馬専門紙 予想

当地負けなし! ナインオクロック

 カツゲキキトキトの回避で各馬にわかに色めき立ってきた? こと兵庫から来るタガノゴールド、マイタイザン、エイシンミコノスは力が入ろう。しかし、ここは代わって名古屋負けなしのナインオクロックが迎え撃つ。オープン特別を勝って希望挑戦は予定通り。大将の回避はたまたまだろうが、行っても行かなくても格好はつけてくれるはず。同じく前走でオープン特別を勝って臨むミラクルシップを後門の狼に。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 10→2 10→1 10→9 10→6 2→10 1→10 9→10
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

梅見月杯 過去のデータ

梅見月杯を予想しよう!