ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 黒ユリ賞

黒ユリ賞

重賞

第43回 黒ユリ賞

  • 2018年2月11日(日)
  • 帯広:第10競走
  • 200m
  • 発走時間 18:10
開催場
帯広競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

黒ユリ賞 直前予想

ミスタカシマは実績断然で、牝馬限定戦なら首位争いが必至。相手は混戦だが、最近の成績が良好のアフロディーテを筆頭に推す。プランセスは状態面がカギだが素質的に首位争いが狙えそう。しぶとさがあるサンシルクラポピーも上位食い込みが考えられる。ウィナーサラはスタミナ面に課題がありそうだが、牝馬限定戦なら善戦以上が可能だろう。

黒ユリ賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11ばんえいジェイフラワー牝3640平田義西謙一
22ばんえいカイセリュウキ牝3640西弘美長澤幸
33ばんえいサンシルクラポピー牝3640鈴木邦村上章
44ばんえいサトクィーン牝3640大友人阿部武
55ばんえいセンリョウバコ牝3640大橋和菊池一
66ばんえいクイーンドリーマー牝3640今井茂西将太
77ばんえいミスタカシマ牝3640槻舘重鈴木恵
8ばんえいプランセス牝3640久田守赤塚健
89ばんえいアフロディーテ牝3640大橋和藤本匠
10ばんえいウィナーサラ牝3640西康幸藤野俊

黒ユリ賞 出走馬 短評

ジェイフラワー ここまで4勝を挙げているが、敗れたときは勝ち馬から10秒以上の差というレースがほとんど。それだけに今回の負担重量増は心配だ。

カイセリュウキ 初勝利を挙げた直後の3戦は大敗したが、立て直した10月以降は上々の成績。しかし馬体重が増えてこないだけに、今回の重量は厳しいだろう。

サンシルクラポピー パワー不足が感じられる成績だが、最近は1回おきに好成績。しかし障害に不安が残るタイプでもあり、オイドンの半妹という血統は魅力でも強調しにくい。

サトクィーン 通算3勝でも9月以降は大崩れが少ない成績。しかし馬体重が減少傾向にあるのは気になるところで、適性的に時計がかかる馬場も微妙かもしれない。

センリョウバコ 通算18戦のうち15戦が5着以内と堅実だが、前走で6着に敗れたのは負担重量増の影響か。小柄でも徐々に成長中だが、今回の重量は心配だ。

クイーンドリーマー デビュー戦は競走中止だったが、2戦目と3戦目を勝利。その後も3勝を挙げているが、時計がかかる展開になると苦戦する傾向になっている。

ミスタカシマ ここまで通算7勝で、ナナカマド賞を制した実績は断然。A1クラスでも勝利しており、最近3戦も牝馬には先着されていない。

プランセス ここまで9戦7連対で、デビュー2戦目と前走が大敗。間隔をあけて出走しているだけに状態面がカギとなるが、素質的には互角以上といえるだろう。

アフロディーテ 12月の3戦は大敗したが、それ以降の3戦は上々。前走はゴールライン上で止まって着順を落としたが、藤本匠騎手へのスイッチも含めて見直せそうだ。

ウィナーサラ デビュー2戦目と初秋に2勝を挙げたが、ナナカマド賞では最下位に敗れ、それ以降もいまひとつ。先行力はあっても最後の粘り不足が課題となっている感がある。

黒ユリ賞 地方競馬専門紙 予想

牝馬限定戦では実力、実績ともに上位で通るミスタカシマ

2歳三冠第1戦目ナナカマド賞を制したミスタカシマは牝馬限定なら実力、実績ともに上位の存在。定量も有利な条件で首位が期待できる。A1クラスで勝ち負けしているプランセスが相手も…詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 7→8 7→4 7→3
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

黒ユリ賞 過去のデータ

黒ユリ賞を予想しよう!