ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. 摂津盃

摂津盃

重賞

第50回 摂津盃

  • 2018年8月17日(金)
  • 園田:第11競走
  • 1,700m
  • 発走時間 20:00
開催場
園田競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

摂津盃 直前予想

エイシンニシパは重賞での実績が上位で、今回の顔ぶれなら引き続き主軸視してよさそう。転入初戦から好走続くタガノヴェリテが強敵だ。エイシンミキサーは展開がカギだが、ここでも先行できれば軽量を利しての粘り込みがありそう。同じく最軽量のマイフォルテにも食い込む可能性が考えられる。差し脚があるノブタイザン、エイシンミコノスが連下の穴。ミッレミリアの一変にも警戒しておきたい。

摂津盃 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11兵庫イルティモーネセン554.0小牧毅高松亮
22兵庫ウインゴスペル牡753.0諏訪貴山田雄
33兵庫エイシンミキサー牡553.0渡瀬寛岡部誠
44兵庫エイシンニシパ牡557.0橋本明田中学
55兵庫タガノヴェリテセン656.5新子雅下原理
6兵庫アリオンダンス牡553.0諏訪貴吉原寛
67兵庫マイフォルテ牡453.0田中一川原正
8兵庫ノブタイザン牡556.0新井隆杉浦健
79兵庫ベルサリエーレ牡853.0住吉朝松本幸
10兵庫エイシンミコノス牡555.0森澤友廣瀬航
811兵庫メイショウヨウコウ牡853.0住吉朝吉村智
12兵庫ミッレミリア牡554.0保利良大山真

摂津盃 出走馬 短評

イルティモーネ JRA未勝利から兵庫に移り、徐々に上昇して3走前にA1クラスで初勝利。その後の2戦も善戦している現状なら、ここでも差し脚が届く可能性が考えられる。

ウインゴスペル 好走と大敗の差が大きいタイプで、前走の勝利がA2クラスと、格付け的にも劣勢。過去の勝利はすべて1400メートル以下という点も割引材料といえるだろう。

エイシンミキサー 初勝利は4歳4月だったが、それ以降はすべて5着以内と堅実。中距離での最近2戦も先行力を見せており、ここでも軽量を利しての粘り込みが考えられる。

エイシンニシパ 昨年のこのレース2着馬で、昨年6月以降は12戦連続5着以内で、近5戦は3着以内をキープと好調。この成績なら今回も善戦以上が可能だろう。

タガノヴェリテ JRA未勝利から兵庫に移って3勝を挙げ、JRAに戻って4勝をマーク。JRAのオープンでは苦戦したが、兵庫再転入後の2戦では地力の高さを見せている。

アリオンダンス JRA1勝から南関東へ移籍し、3歳秋に2勝目を挙げるも、その後はひと押し不足の成績。今春の兵庫移籍初戦から一変して4連勝したが、A1に上がった近2戦は苦戦している。

マイフォルテ JRA未勝利から兵庫に移って3連勝し、昨秋以降は5連勝。A1クラスでの近2走は善戦まででも着差はわずかで、今回は軽ハンデが味方になりそうだ。

ノブタイザン 兵庫ダービーを制し、今春は六甲盃を勝利と、差し脚がいきる展開になれば台頭できるタイプ。今回も展開次第ではあるが、常に一発の可能性を秘めている。

ベルサリエーレ JRAのダート中距離で5勝を挙げ、兵庫移籍後も5勝をマーク。しかし今年は善戦止まりの内容続きで、前走の金沢遠征で大幅に体重が減った影響も心配だ。

エイシンミコノス JRA未勝利から兵庫に移って以降は24戦とも5着以内で、そのうち3着以内が22回。今回は初の重賞だが、ここでも相手なりに走れるかもしれない。

ミッレミリア 昨年12月の園田金盃で2着に入ったが、新春賞では9着。約半年ぶりの実戦となった前走は10着だったが、叩き一変の可能性には警戒しておくべきだろう。

そのほか、メイショウヨウコウが出走する。

摂津盃 地方競馬専門紙 予想

激戦模様もエイシンニシパの安定感を信頼!

各馬のハンデは大体想定通りとなっており、極端に有利不利のない良い感じの斤量に。そうなればトップハンデも絶大な安定感を誇るエイシンニシパを軸視、デキの良さも光るし勝ち負け必至だろう。相手筆頭は当然ながらタガノヴェリテ、前走はよもやの敗戦もネジを締め直して巻き返し必至。 詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 4→5 4→1 4→8 4→3 4→7 5→4 1→4
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

摂津盃 過去のデータ

摂津盃を予想しよう!