ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト

  1. 競馬TOP
  2. ダートグレード競走&重賞レース予想特設サイト
  3. 重賞レース一覧
  4. くろゆり賞

くろゆり賞

重賞

第47回 くろゆり賞

  • 2018年8月16日(木)
  • 笠松:第9競走
  • 1,600m
  • 発走時間 16:15
開催場
笠松競馬場

地方競馬ならオッズパーク

 

くろゆり賞 直前予想

カツゲキキトキトは前走圧勝で、マイル戦でも問題なしとみるのが妥当。相手は混戦だが、展開的に恵まれそうなダイヤモンドダンスを筆頭に取る。エビスリアンは転入初戦の内容なら重賞でも善戦以上が狙えそう。ブレイヴコールは単騎逃げができるようなら残り目が考えられそうだ。先行してしぶといメモリートニックにも要マーク。

くろゆり賞 出走表

枠番馬番所属馬名性齢負担重量調教師騎手
11兵庫レイズオブザサン牡957.0盛本信吉原寛
22笠松エビスリアン牡557.0花本正筒井勇
33笠松ダイヤモンドダンス牡957.0花本正山下雅
44笠松ヴェリイブライト牡857.0笹野博丸野勝
55兵庫ブレイヴコール牡457.0諏訪貴佐藤友
66名古屋カツゲキキトキト牡557.0錦見勇大畑雅
77笠松クロノスバローズ牡657.0加藤幸高木健
8笠松ハイジャ牡557.0井上孝藤原幹
89名古屋メモリートニック牡457.0塚田隆友森翔
10笠松ヴェリテセン657.0後藤佑向山牧

くろゆり賞 出走馬 短評

レイズオブザサン 兵庫からの遠征馬。JRA時は笠松の未勝利交流戦で1勝し、昇級後も善戦。昨年6月の兵庫転入初戦から4連勝を挙げたが、昨秋以降は未勝利となっている。

エビスリアン JRAのダート短距離で3勝を挙げるも、1000万条件では3戦とも大敗。しかし笠松初戦の前走はA2クラスとはいえ完勝しており、ここでも要注目の存在だ。

ダイヤモンドダンス 南関東で3勝を挙げ、その後はJRAを経て笠松に移って2勝を追加。前走は5着に敗れたが、笠松のマイル戦では3着内率100%となっている。

ヴェリイブライト 昨年のこのレースは7番人気で勝利を挙げたが、その後は前走の2着が最高着順。それでも過去は夏場に好成績を挙げている傾向があるだけに、無視しにくい存在といえる。

ブレイヴコール 兵庫からの遠征馬。昨年は兵庫ダービーを勝ち、その後は1400メートルで2勝をマーク。この距離でも対応できるタイプで、ここでも粘り込みに要警戒だ。

カツゲキキトキト 昨年のこのレースは3カ月半ぶりの実戦が影響したか2着だったが、今年はコンスタントに走るローテーション。他馬と同じ斤量なら重賞連勝が期待できる。

クロノスバローズ JRA未勝利から大井に移って3勝を挙げ、笠松移籍後は大崩れが少ないという成績。とはいえ、ここに入ると力量的に見劣る感は否めない。

ハイジャ 地元では16戦12連対と安定しており、昨年のこのレースも3着に好走。今回は休み明け3戦目だが、脚元に不安を抱えている点は心配材料といえる。

メモリートニック JRAのダート短距離で勝利を挙げたが、昇級後は大敗続き。愛知移籍後は18戦して3着以内が17回と安定しており、今回も逃げ粘りを狙いたいところだ。

ヴェリテ JRAのダート中距離で勝利を挙げ、愛知移籍後は17勝をマーク。笠松のマイル戦では4戦とも4着以内となっているが、ここに入ると少々厳しい感がある。

くろゆり賞 地方競馬専門紙 予想

昨年の雪辱 カツゲキキトキト

昨年はハナ差の2着に敗れているカツゲキキトキトだが、当時は休み明けの一戦だった。順調な今回は素直に相手探し。佐藤騎手、吉原騎手を配してきた兵庫ブレイヴコール、レイズオブザサンをその筆頭としたが、名港盃2着エイシンニシパほどではない。転入初戦を快勝したエビスリアンや、差しに徹するクロノスバローズ、ダイヤモンドダンスあたりが浮上する場面も一考。詳細はこちら

おすすめ買い目
馬単 6→5 6→1 6→2 6→7 6→3
 

※投票の際は、締め切り間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

くろゆり賞 過去のデータ

くろゆり賞を予想しよう!